FC2ブログ

雑記:10年ひと昔

2019/02/20
サボりまくっている当ブログですが、今月で10周年となりました。

10年。あっという間でしたけど、なんですかねぇ、もっと何かできなかったのか、
「後悔後に立たず」というか「後悔役立たず」というか、そんな気持ちです。

見捨てずに訪問下さった皆様、ブログを通じてリアルでもお付き合いくださった皆様、
感謝してもしきれません。
心からありがとうございます。

出来ればもう少し、もう少しキリのよいところまで年何回かのショーレポ程度になりそうですが、
続けみようかと思います。
何卒よろしくお願いいたします。

記念の一枚には「水晶に始まり水晶に終わる」で行くつもりだったのに、何を思ったかいきなりのフローライト。
昨年12月の池袋で購入した福建省のもの。
まるで綺麗に研磨された巨大ルースがいくつも母岩にのっかったような風情です。
透明度の美しさが写真ではなかなか写らず実物の良さが伝わらないのが悲しい。

フローライト_福建省透明 (1)

フローライト_福建省透明 (2)

フローライト_福建省透明 (6)

ハイレベルな皆様のコレクションを見ては「あれも欲しい」「これもいい」といまだ優柔不断なミーハーのままです。
どう頑張ってももうこれが自分なのだと言い聞かせるしかなさそうですね。
ゆるゆると頑張ります。

ところで触れようか迷いましたが「ブログ名」のこと。
私はプラネタリウムとかアクアリウムのように使われるそういった言葉(表現)になぞって
ミネラル+リウムで「みねらりうむ」と思いついて付けました。
ネットで検索すると「テラリウム」的に鉱物を取り入れたミニジオラマや一つ出版物の書名がヒットしました。
海外でも鉱物系のサイトがありました。
その程度でしたし、○○リウムという使い方はごく一般的な表現であり問題ないと判断しそう名付けました。
が、最近ショップ名として「商標登録出願」されているところがあると知り大変悩みました。
「商標登録」が通れば、最悪使用を差し止め請求や悪質な場合は損害賠償すらできる効力があります。
一時期やたら登録しまくることが問題視されるニュースもありました。
すでに商売として実績を持ち、その名を悪用されるケースが考えられるならばわかりますが、
やたら登録申請が認められてしまうのは「言葉狩り」にも近いのでは?と悲しい気持ちです。
トラブルも嫌なのでブログ名を変えることも考えました。
が、こちらはずぶの素人の辺境ブログ名でひらがな表記。しかも何年も前から使用済み。
リンクしてくださっている皆さんにも変更していただくのも申し訳なく、もうこのままでいくことにしました。
(使われはじめた順でなく登録したもの勝ちってところも何とも釈然としませんね;)

そのショップさんに迷惑かけるつもりもありませんし、「こっちが先なのに」ということも出来ませんが
私としてはそんな特殊な言葉でもなく誰でも思いつく範囲のこと。へりくだる必要もないと判断しました。
単独でフリマに参加する際のサークル名にすることは残念ながら諦めますが、ブログ名としては
今のまま、あと何年が置いておきます。

どうぞこれからもふと思い出したときにご訪問いただけたら幸いです。
「ワタシ的石三昧」を皆さんともっと楽しみたいと思います!
スポンサーサイト



comment (2) @ 日記・雑記

レポ:東京ミネラルショー2018

2018/12/24
石好きの一年締めくくり大イベント、東京ミネラルショー(池袋ショー)のレポです。
体調を崩したせいもあり、もうほんと今更感なんですがご容赦。

まず初日。取り置きや、コレクターさんからの放出品含めこんな感じ。

20181214_池袋-1

20181214_池袋-2

持っていなかったイリノイデントンの蛍やホリさんで買い洩らしたグロッシュラーとクリノクロアのクラスター、
某国核実験場近くが産地という長石などなど盛りだくさんになりました。
ishi no waさんではまんまとツボどころの水晶出されてお買い上げしちゃうし、国産も良いのが手にできたし、
もちろん心残りはありますけど、昨年同様充実した買い物だったと思います。

見るだけの逸品としては何と言ってもtenkawaさんのトルマリン!これはもうほんと凄かった。
無理しても無理(?)なお値段なのでありがたく拝見してきましたが、あのカラーリングで小さいのないのかしら(´・ω・`)
特別展示のトレプカ鉱山の鉱物も見ごたえ十分。しかも買えるとは!そして安い!
なのにそれに気が付いたのは残弾尽きたころで悔やみました。

いつものショップさんを回ったもののとにかく体調がダメダメで他の海外ブースなど丁寧に回ることが出来ず、
見てももはや半分以上記憶も飛んでる有様。みなさん体調管理大切に(´;ω;`)

初日のランチはブログ組にツイッターでお知り合いになれた方を加えワイワイ楽しく(でもよく覚えてない;)
夜も念願の飲み会にしたのに途中挫折の上にやっぱりよく覚えてない。
帰りの電車、平日なのでむしろ混んでいて乗り換え後は座れず何時座り込むかと思いました。
とにかく風呂だけ入ってダウン。

なんとか前日よりかは眠れたので2日目もがんばってしまった。

20181215_池袋

普段あまり買わない人気店で2~3選んだ後、UNIVERSEさんで、福建省の大粒蛍!フォロワーさんから凄いのを
見せていただいたあのタイプ!これは欲しい!
小さいけどしっかり形状が観察できるゴールドや、やっぱり大好きイタリア水晶の美品など。
一緒に回ってくれたフォロワーさんの清水ダイブを二つも目撃したり、ランチと夜の石会など2日目もとても自分とは
思えない充実ぶりだったにもかかわらず体調はどうも優れず、もたもたしたり途中抜けしたりでご迷惑おかけしました。

そんなわけでツイッターのみなさんのつぶやきなど見ながら記憶をたぐり寄せてみたりしてますが、
こんなに大切な2日間をふがいなく過ごしてしまって後悔ばかりです。

ショーはお金がなくてもそれなりに楽しめるけど、健康なくして楽しむことはできない。
そしてもほんと無理はできないって、歳を自覚しました。
来年はリベンジ。しっかり体調整えて、財布も計画的に考えて、後悔のないショーを楽しみたいです。


今年もこれで終わりかな。
更新は僅かでしたが訪問下さった皆様に感謝申し上げます。
来年はまた諸事情によりブログ名が変わるかもですが(めんどくさいなー。ちょっと釈然としないしなー)
もう少し続けていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

皆さま良い年末年始をお過ごしください。
comment (0) @ ショーレポ

レポ:秋の新着品ラッシュまとめ

2018/12/16
石オタの最大のお祭り池袋ショー開催中。
そちらのアップの前にサボっていた秋の新着品セールレポをあげておくことにします。


まず、信一商事さんの店舗でもお買いもの。

20181110_信一商事1

店舗はとても見やすくてよいです!ショーだと混雑しますけど、もっとゆったりしたスペースで沢山の石を見られます。
新着ツイート見たらショーの前に店舗へ行けばよいものをフラゲできるという美味しさ。
いや、新着ツイートしたのですからフライングとは言わないですよね。
このときはイタリアシシリーのブルーフローライトが話題に。実は6月ごろ、私、他のネットショップで買ってるんですよね。
なので「新産」の真偽はわかりませんが、手持ちのものより色の濃いクラスタータイプを購入できました。
でもその前に目についたのが内モンゴルのピンク色の水晶。
これも前から欲しいと思っていましたけど出会いが無かったのですが、まさかの理想的なクラスターで嬉し涙でした。
(ネームカードの「ピング水晶」がちょっと微笑ましい(^^)
オパールも写真ではわかりませんがかなりのギラギラでこの値段でいいのかと思うお値打ち品でした。
年々的確に石ヲタのハートキャッチしてくる信一さん、要チェックや!(いきなりのスラダン)

続いて老舗ホリさんの新着ミネラルコレクティング。

20181123_ホリミネ (1)

どうだとばかりの圧倒的な物量。さすがです。
渋どころからキラキラまですべてを網羅。安心安定ですね。
迷いに迷って池袋予算もあるので頑張ってここまで減らしました。
アルプス水晶豊作でしたが、やっぱり選んでみるとイタリア側になる私。一説にはイタリア側の方が「綺麗」なのが出ると
聞いたことがありますが、綺麗だけじゃなくたとえ内包物があっても欠けがあってもイタリア水晶に惹かれてしまうのがナゾです。
ガラスケースの中にしては廉価といえるだろう小さなピンクグロッシュラーと、この大きさなら格安だと思うピンクトパーズ、
そして新着品としてサイトに上がっていたノルウェーのアナテースがまさかあるとは!
透明感はないですが渋い濃紺の端正な結晶と母岩との姿が美しいのです。うれしい。


そしてクリスタルワークスさんの即売会。

20181124_クリスタルワークス (3)

また色味がない!クリアと白と藍色という通常運転でした。
私ごときが買空くショップを「評する」なんて烏滸がましいにもほどがありますが、なんというか、そこには「選んできました」という
気概みたいなものが感じられます。
よさ気なものをとりあえず大量に入れて選別して値をつけ裁くのは商売として当然。
でも「セレクトショップ」と言われる通り、多くの中から吟味して買い付けされていることが素人にも感じられるわけです。
同じ産地の似たような石はいくらでもありますが、でも「あ~違うわ、綺麗だわ」と思えるのです。
フランスの透明蛍は昨年の池袋で悩みましたが買わなくて良かった。個別写真でないとわかりませんが、
透明度、結晶の端正さ、全体のバランス、美しいです。
スペインのクリア蛍はこのときご一緒していた石友さんのリリース品、ありがたや。
見事な「アクリルベース系フローライト」(笑)です。もうこれで他はいらない。
プレッツェルみたいなカルサイト、淡く美しい泉のようなブルーの福建省とスペインは水晶との
バランスや溶けかかった結晶の妙がずっと眺めてて飽きないサムネイル。
右下のスペインは水晶に砂のようなものがかぶっていて、ちょっとつついたら取れそう。歯ブラシでクリーニングしましたら
砂は綺麗に除かれて微細水晶がキラキラと顔を出しました(´∀`*)


本当はもっと他の買わなかった石についてや、石友さんフォロワーさんとの語らいなども書きたかった。
都度更新しないとダメですね;
さて、これからおとといと昨日の池袋レポも書かないと。

どうもお粗末様でした<(_ _)>
comment (2) @ ショーレポ

レポ:東京国際ミネラル秋のフェア2018

2018/09/30
こんにちは。今後もショーレポは細々と続けたいと思う今日この頃。
年が明けたらブログも10年になるんだなぁ(あまりに黒歴史なので以前の記事は仕舞い込んでいます)

さて、新宿ショー。以前はジェム中心でしたが、昨年?あたりからショーの名称も変更されました。
とはいえ、原石は6月よりは少な目のようです。全体の出展数も少な目なんでしょうか。会場はゆったり感じられました。
初日は断念して2日目。いつもは並ばない先着プレも石友さんと一緒だったので頑張って早起き。
おしゃべりしてれば時間はあっという間です(´∀`*)

今回のお買いもの。

20180929_新宿ショー

名古屋の放出会でフローライトの美結晶堪能したため今後はそういうのより全体のバランスの良い標本を探そうなんて
舌の根も乾かぬうちにやっぱり手に取ってしまうフローライト。しかも3個とも同系色じゃないの!

さて。
せっかくかなり列の前にいたのでマクネイルさんへGO!
そこでフローライトいくつかを物色して購入候補としてインプット。そして抜群に可愛いトルマリンを見つけて
かなり迷った挙句、とりあえず一周と思って、でも戻ったときにはありませんでした(´Д`)
イリノイのとても綺麗なフローライト、もちろん10万超えですが、なんだか安く思える恐ろしさ(もちろん見るだけ)
白と濃紺が美しいツメブのアズライトも安くて悩みましたが
「欲しいのはハリハリタイプでしょう?こういうのは持ってるでしょう?」と自分を押さえる。
あ、これも後で行った時無くなってました。

マクネイルさんから移動して久しぶり出展のThe1さんへ。キラキラの美しい標本がまぶしいです。
ざっと見ても手の届く範囲で5~6個欲しいものが見つかってしまう。
購入したのはもさもさハリハリタイプのエリスライトと小さいけど水晶に乗っかった結構ジェミーなユークレース。
小っちゃくて可愛い輝安鉱とか、エロンゴの緑蛍とかオハイオのバイカラー蛍とかとにかく可愛い。
ジェミーなエメラルドがぐっさり刺さったぴかぴかパイライトが忘れられない(´;ω;`)
残っていたら次回ダイブしそうです(でもダイブできるような値段じゃなかった気もするんですけど)
ここでもイリノイの清水~スカイツリーダイブレベルがさらに眩しさアップ。
店長様、なかなか売上貢献できず申し訳ないですが、ぜひこれからも出展してください!
あ、サムネイルケースを販売してくださってたのが嬉しい。たまたま夏に大量買いした後でしたが、
あのエリスライト、その場でケースも買って入れてもらったらよかったなと後で思いました。

すぐお隣の母岩さん。コンパクトなスペースでしたが見やすかったです。
ミニチュアサイズのアクリルケースを並べていた仕切り付きの黒いトレーいいなぁ。
ここでもいくつか迷ってあたりをつけていったん離脱するも、戻ってツメブのスミソナイトを。
一瞬スランスのピンクフローライト?って見間違うような可愛いとんがり結晶です。

今まであまり見なかった感じの深い緑(でも透明感抜群)のアポフィが気になってサムネイルを探しました。
あったんですけど、うーん、この値段かぁ~と。

テンカワさんやタケダさんホリさん信一さんなどいつもの原石系をぐるぐる。
この日は早め退散予定だったのでまたマクネイルさんへ戻ってトリマリンがなかったショックをフローライトで癒しました。
欲しかった薄い色のエルムウッド4個とやや濃い目だけど整った四角でゾーニングの綺麗な単結晶5個で悩む悩む。
一番高いのを除外して、一番優等生の濃いめは「いや、私、薄いのが欲しかったでしょ?」と言い聞かせて除外。
結局一番最初に目についたクラスタータイプと、濃い縁取りが手放せなくて2個。
お会計しているその時!あれー?アイルランド?しかもこの大きさ、このお値段、この艶、透明感で???
「こここれ足します!」悔いはない。

印象としては流行を反映してか、オレサンとかタンザナイトとか目立ったかな。
タケダさんのお隣アミーさん?のアイオライトが凄かった。
これぞまさにタンザナイトカラーでしょ!ってクオリティが沢山。ラフカットばかりなので研磨に回っちゃうんでしょうね。
ホリさんの国産コーナーが話題でした。渋いラインナップ。

ツイッタランドではみなさん本当にどこからそれを?と思うモノや楽しみ方の着目点が素晴らしくて、
自分の視野の狭さには毎回凹むばかりです;
でもしょうがないんだな、どうしても自分の好きなものになっちゃうんだなと半ばあきらめた今回でした。

お昼はあだちさん、くつ箱さんと戦利品広げてワイワイ。
フォロワー様方にも幾人かお会いできました。やっぱり楽しい(´∀`*)
改めて少しコレクション整理も進めないとと思いますが、どうしたもんかな。
小規模放出会、お手伝いならできる限り頑張りますが、主催どなたか名乗り上げてくださらないか~!
(求心力ゼロなので言いだしっぺになれない)

石は楽しい。楽しいです。

comment (0) @ ショーレポ

レポ:名古屋放出会行ってきた!

2018/09/17
名古屋で行われましたコレクター放出会に行ってきました。
なにしろ、いつも「その交通費で石が買えるだろっ!」が信条だったためなかなか首都圏から出ることは
無かったのですが、ショップとは違うなにか、流行や売れ筋とは違う、誰かが一度惚れ込んだ逸品に心惹かれて
(そして石クラスタ憧れの聖地名古屋ハンズに行きたい!)
娘を半ば強引に引きずり出し、名古屋観光がてら出掛けてきました。

程よい広さの部屋に35名の事前参加登録制ということもあり、とてもゆったりと楽しくみることが出来ました。
沢山のショップをめぐるのと違い、お会計は最後のホリセール式なのでこれはとてもいいです。
フリマやミネショだと売る側も梱包や会計に焦ってしまうのでこういう形もありだなと思いました。
TLで良く拝見するフォロワーさんがほとんどなのでお会いできる楽しみもあります。

さて、それで買ったものは以下の通り(淡いグリーンの蛍はハンズさんで買ったものです)

20180915_名古屋放出会_東急ハンズ2

20180915_名古屋放出会_東急ハンズ1

有名石クラスタさんの放出ものばかりとあってレベルもお値段も流石ですが、よくよく考えればかなりのお値打ち品もあり
私個人はともかく、総合的にはお買い得感があったと思います。
並んでいる石を丹念に掘っていくのも楽しいし、皆さんのキープ品を横から除くのがまた楽しくて(´∀`*)
詳しくはツイッタランドで沢山流れていますので見ていただくとして、今回なんですかねー;さらにらしくないというか
母岩付が一個もないという。
人様の美結晶が気になって仕方ないミーハーおばさんはついついこんなラインナップとなりました。
そしていつもながら自信が持てずに優柔不断していましたが娘がNYのをすごく押してきたことで決定。
あとは会場に特別ゲストとして某ハンズのSさんがお越しになっていて選んだものにご意見いただけるという幸運が!
産地としての質やお値段との兼ね合いなどオールクリアで4点に決めました。
上段から
・ダルネゴルスクのそろばん水晶。大き目で子持ち。中央にレモン水晶のような芯が見えます。
私は乳白の単結晶ばかり探していましたがむしろこういうタイプが珍しいとのことでした。
・なぜかネームカードにはヤオガンと書かれていたNY蛍。どう見てもNYなのにヤオガンでもこういうのかあるのかと
キープしていたのですが「これはNYで間違いないです。僕が保証しますよ」と言っていただき、カードも戴けることに。
嬉しすぎます。会場ではほぼクリアの良くあるタイプに見えますが「気持ち青っぽくないか?ゾーニング見えるような・・」と
期待してました。帰宅して明けてみると淡いブルー!ゾーニングも見えました!
しかもこの大きさでクラック無し。母岩の入り込みも無し。幅20mm厚み15mm。これならこの価格悔いなし。
・La Barreの濃いブルー。これだけ濃ければ飛び降りましょう。隣りのNYよりちょっと大き目です。
・Cambokeels Mine。淡い紫というか小豆のコアにクリアの寒天が被ったよう。とても綺麗で吸い寄せられました。
お初産地でしたし割安と思ったのですが不安に。でも産地の代表的な風情で質とお値段OKと助言いただきました。
カラチェンはないですが、蛍光はしてると思います。

ロドクロ、数も多くてタイプも様々。私には届くお値段ではありませんでした。残念。
ユークレースも同様。
トルマリンやベリルはあまり注意してみてなかったです;
国産のよい水晶があったのだけど泣く泣く。
一見地味なレア系も多数、ドデカ標本や、人気作家さんのオブジェもあり。
丹念に見ると数千円の可愛い標本も。
岩塩!すんごい綺麗な立方体の!欲しかったけど、我が家の環境では心配でやめました。
先にそこそこキープしてしまいこれ以上増やすわけ行かないため見逃したものも多いと思います。

母岩付はやや大き目のものが多かったこともありこんなセレクトに。
上をみたらきりがない「美結晶」
なんだかわりとお腹いっぱいになったので、そろそろまた「風景系」で美しいミニチュア~サムネイルと心に決めて
探して行こうかと思います。

ええ、バレバレですよ、値段が娘に(=_=)

すでに顔見知りの仲良しさん同士の方も多いようで、あちこちで楽しそうに盛り上がっています。
最後までいられたらいろんなお話聞けたかな。
でも「程よく会話する」が苦手な私としては心残りくらいで良かったかもしれません。
少しずつ、またお会いできる機会が出来たら嬉しいと思っています。

でも、一個でこれ総額と一緒かそれ以上のもの複数買われた方だって!頑張ったんだい!これでも!

そのあと熱田神宮を回り、病み上がりでもあったためちょっと疲れて早めにホテルに行くことにしたので、
じゃその前にハンズね(´∀`*)
はい、当然のことながらみなさんに再会。ざっとみても欲しいもの4~5個ありましたけど、本日庫出しの
ヤオガン蛍の中からミントグリーンのあまり見ないタイプをチョイスしてきました。
古い産出のものらしく最近少ないとか。一見ラフっぽく見えますが、底面以外ほとんど結晶してます。
欠けのように見えるところも細かく細かく階段状。綺麗。

名古屋の街。駅から外へ出た時、私も娘も「んーなんだか新宿っぽい??」って思いました。
中部地方の中心的ターミナル駅。20代のころ一度来たことがあるのと、伊勢へ行くとき乗り換えただけですが、
広々として快適そうな駅と街並みだと思いました。
京都のように観光客だらけでもないですし良いですね。
そして思うのはいつも同じ「東京ってやっぱり人多すぎるよね」

2日目は名古屋城へ、完成した本丸御殿良かったです。天守閣見られなかったのは残念。
前日は雨で気温は低めながらとにかく湿気が凄くて疲れましたが、この日は青空も。
俄然気温も高くなり、お城周辺をもっと回る予定でしたが、涼しいところへ行きたくて水族館へ。
都内の施設の混雑に比べればゆっくり見られました。
帰りはいつも出かけるときより早めの新幹線だったので、遅めの昼食で終了。
残念ながら行きも帰りも「富士山」は厚い雲のむこうでした(=_=)

主催とお手伝いスタッフの皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。
お話してくださったみなさん感謝です。
今回お会いできなかった方々ともいつかお話してみたい。

というわけで、私はもう今月末の新宿は一銭も使えません。
秋のショップ即売会も行けるんだろうか。

あー会社いきたくなーい(締めの言葉がこれか)
comment (0) @ ショーレポ