レポ:ミネラルザワールド横浜2017春

2017/03/26
ミネラルザワールド横浜、昨日行ってきました。
お天気は良かったけど空気は冷たく・・・。冷え症だけど汗っかきの私には助かります(会場内暑すぎる)

今回のお買いものは以下の通り。

20170325_横浜

久々に全数お財布納得価格のものでした。

会場に着いたのはゆっくりめで11時ごろ。
まず、即売会に行けなかったクリスタルワークスさんへ。
コンパクトで綺麗なものが多かった。トルマリン、とっても好みのがありました。
池袋から変わった現在の陳列方法、良いですね~見やすいし石が映えると思いました。
なぜかリーズナブル価格帯のものが思うように出て行かないと首をかしげていましたが、ランクアップのショップとして
認知されてきたのかも。そうするとそのクラスのものなら持っているので・・・という人が多い。
ある意味初心者には近寄りがたい印象なのかもしれないです。
ええ、私にとっては大変うれしい限り。今回もしっかりお買い得価格品ゲットです。
手前の黒くてよくわからなく写ってしまったラズライト。これは大き目結晶がコンパクトにまとまって見栄えがするのに大変リーズナブルでうれしかったです。
帰宅後、実はその前にもラズライトを同店で購入済みだったことが判明;
後悔はないけど、やっぱり写真付データベースって必要よね
あ、アメリカのもやもやスモーキー水晶ポイントも綺麗でした。とても美人というかイケメンというか。
水晶好きとしては欲しかったんですけど、個人的にファントムは嫌いじゃないですが、あの「もやっ」って感じがイマイチなんですよね。シャキッとした多重ファントムだったら買っていたかも。

母岩さんでなんとなく見ていたらやたら可愛いファーデンが目につき、しかも1,000円というお値段で即決。
ほぼ正方形の中心にスッと白い線。もちろん割れているのではなくてちゃんとこの大きさで結晶してます。

次にタケダさんでお目当てはダイヤモンド原石。でも見ているうちにユタのトパーズになりました。
ええ、持ってます、これも持ってるんですけどね、とっても綺麗だったんですよねー。
高くなかったし。竹田さんもたくさんの中からだいぶ吟味しましたといわれる通り綺麗でした。

信一商事さんでは新産だというこまかーい結晶が集まったクリア~白のフローライトに悩んだのですが後回し。

The1さんへ。今回はツーソンに不参加とのことで在庫のみ。でもいつも通り目移りする石がたくさん。
ここでこやまさんと遭遇。なにやらどこかで素敵なアクアマリンを購入されたとか。
いつくか目星つけつつとりあえず一周しに旅立つ。
でも結局また戻ってフランスのスモーキーファーデンを。
ここでクリアでボリュームのあるファーデンと迷ったんですよね。ただスモーキーは持っていなかったのとお財布事情でこちらに。
でも・・・あっちも諦めきれないなぁ。
身につまされる「学費」のお話など。我が家はようやく終わりましたけど・・・頑張って!ほんと頑張れお父さん!です( ノД`)

というわけで、なぜかファーデン祭り?でした。

全体的にツーソンものとしてはタンザナイトがあちこちに目立った気がします(クオリティは色々ですが)
私も買ったユタのトパーズもわりと見かけたかな。

子供連れもたくさん。ショタやロリが興味津々に覗き込んでいるのは可愛いです(^-^)
初日じゃないからか、マニア風の男性よりも鉱物女子(元女子含)が多かった。


フリマに出るために石を見直していて、自分の好みや世の流行の移り変わりに思いを馳せたり。
最近記憶力が目に見えて心配になってきたので、本腰入れて整頓しないといけないなと思いました。
委託だと価格が高めになってしまうし、他人様にお手間かけるのもちょっと。

素人中心の石フリマ、年二回あるといいなぁ。
スポンサーサイト
comment (0) @ ショーレポ

雑記:石フリマのこと

2017/03/22
浅草の石フリマに参加します。
というより、くつ箱さんのスペースをお借りしてこそっと在庫整理させていただきます。

初回ということで、点数少な目(のはず・・・)、さらに本当に初心者向けのささやかなものばかりですのでご容赦。
価格は最近の相場など無視で、あくまで購入額からかなりOFFしているつもりです(高くて20%オフ~半額以下)

フローライト・・・スペイン、ヤオガン、ニューメキシコなど
水晶・・・中国のモリオン、ペルーのニードル、ちっちゃいブランドバーグ、パキスタンの「これでもかファーデン!」など
白鉛鉱・・・ツメブ、イランのミニサイズ、ミブラデンのどっしりタイプなど
小さいけど結晶がいくつかついたアナテース母岩付とか、メキシコのちょっと大き目クリアな溶けカルサイト、
その他、半端モノだけど国産鉱物詰め合わせやミニミニ3点セット、タンブルとサザレセット、ルチルてんこ盛り水晶などは
ワンコインにて。
一番高くて3,000円程度(購入時は5,000円近かったはず)ですかね~。ワンコイン~2,000円がほとんどです。

最近、ミネショ行っても高くて買えないとお嘆きの初心者様、この値段ならついでに買ってやらんでもないよというお優しい方、
お子様のお小遣いで購入できるもの揃えました。どうぞよろしくお願いいたします。



来たー!ヾ(o´∀`o)ノ

1490174736320.jpg

蒲田くんに会えるよ!
TVも買ったの。月曜日に届いたの。4K ULTRA HD 対応のレコーダーも一緒なの。
引っ越しの時に家電の買い替えを我慢したので、そろそろ大物の買い替え時期が順番にやってきます。
なので・・・・

横浜のミネショは行くけど・・・

(´;ω;`)

comment (0) @ 日記・雑記

褐鉛鉱:鉄血の花

2017/02/23
モロッコのバナジンです。

これぞ!と思う一品。いくつか持っていたけれど、こういうのが欲しいと思う描いていたそのもの。
見つけたときは嬉しかった。
バナジン (1)

肉厚の花びらがゴン!ゴン!と5~6枚まとまったもの。そして真紅の艶。
まさしく「鉄血の花」

バナジン (2)

Vanadinite 褐鉛鉱(かつえんこう)
Mibladen Mine Morocco



で、「鉄血」といえば、いよいよ最終決戦前夜?となったオルフェンズですが。
あああ。マクギリス、それあまりにもあんまりだろうという。もうここまで来ると哀れにすら思えてきた。
最後(というか最期と書くべきか)のワンチャンありなのかもうこのままなのかなんとも。
ラスボスになるにはちょっとね。
むしろ他のキャラクターたちの心情や行く末をどう読んだらよいものか。
虐げられてきた孤児たちの奮起の物語であるはずなら、もう少し救いがあってもいいんじゃないか?
ラフタもあまりにもひどいよね。
多くの視聴者がそうだったように私もアジーさんと同じ反応で同じように「ああ~あーあああ・・ああぁぁぁ~」しか言えなかった。

以前ダブルオーでひょっとして戦いを捨てる主人公、作物を育て生きていく主人公が現れるかと期待して砕かれたが
今度こそそういうエンドを観たいのだけど。
ミカ、さくらちゃんを手伝って農場やるのが夢だって言ってたよね、アトラもそばにいるよね?
EDの絵。転寝をしているミカを起こすオルガ。そしてその後ろには右腕がなくなったバルバトス。
ねぇ?これはバルバトスが失った代わりにミカの腕(の感覚)が戻ったと考えてはいけないの?

ボロボロから始まってボロボロで突き進んできた孤児たちの行きつく場所は転寝できる平和なところと信じてはダメなの?

クーデリアさん、頑張って。今からがあなたの出番だよね?

マクギリスはTV版カミーユエンドではあるまいな。それでも寄り添うのかアルミリア。
ただのお坊ちゃんだったガエリオが本当に成長したのかも見もの。
そして「体制側の敵役」と解っていてもラスタルが捨てがたい(ええ、中の人補正もありますとも!)
充分黒い大人ではあるけれど、多少はましな統治を担っていけるとしたらこの人くらいなんだけどね。

今期は「鉄血のオルフェンズ」「銀魂」そしてダークホースは「幼女戦記」でした。
「鬼平」は途中まで見てたんだけど、あまりにスタイリッシュすぎるキャラデザインにちょっとついていけなくなりました;
普通にややイケメンおっさんで良かったのに、なぜ;
comment (0) @ 黄橙赤の石

雑記:事前にお知らせ

2017/02/16
こんばんは。

今週末はクリスタルワークスさんの即売会です。
が。今回は残念ながら所用で不参加となりまして。

こんな辺境なのに、レポを読みに来てくださる方がいらっしゃるので、先にお知らせをあげておきます。




いじめにしてもあの電通の事件でも、外野では好きなように言います。
「なんで辞めなかった?親は何してたの?」
じゃ、事前に危険を察知して親が働きかけたらなんていうんです?
「いい歳になってまだ親が・・・モンペ・・・」
「すぐ文句言って辞める弱い連中」

関係ない人は何とでも言えますよね。
当事者でなければ知らん顔ですよね。
頭のおかしい人間から逃げることがなぜ弱いことになるんです?
いえ、弱いんですよ。だから逃げるしかないでしょう?
理不尽な状況、おかしな人間を変えようとしない環境ならそこから逃げて自分を守って悪いですか?
もう少し我慢って、何かあるまでそのままでいろと?
あってからでは遅いのですよ?
そうならないための予防ですよ?

代わりなんていくらでもいるでしょう?
でも自分自身も、大切に想う人も代わりなんていませんよ。
少なくとも社会的に適応能力を持った最低限常識とルールは守れる人間が、
おかしな人間のもとで我慢を強いられるなんて冗談ではない。


世の中には「すべき我慢」と「無駄な我慢」があるはずです。

わがままはよくないことです。が、理不尽は人の心を殺します。

「苦労は買ってでもしろ」
こんな言葉があります。私自身ずっとそういわれ、否定の言葉の中で育ってきました。
だから言います。
「無駄な苦労」の代償は卑屈に壊れた心だけです。



少々文章を修正しました。
拍手押してくださった方、ありがとうございます。
comment (0) @ 日記・雑記

方解石:「誰も知らない」

2017/02/10
ルーマニアのカルサイトです。
最初見たときはヘマタイトの「アイアンローズ」かと思って手に取りました。
その色はブーランジェ鉱のインクルとのこと。

カルサイト_ルーマニア3

砂漠の薔薇っぽいですよね。
カルサイト_ルーマニア2

つやのある漆黒の薔薇。コサージュみたい。
カルサイト_ルーマニア1

Calcite 方解石(ほうかいせき)
Herja Mine Baia Mare,Romania


前回の水晶には拍手コメントでうれしいお言葉をいただき感激。
人は人、自分は自分といいつつも、自分の好きなものに同意を戴けたときは素直に嬉しい。
特に私はあまり多数派とは言えないみたいなので「観ていてくださる方はいるんだなぁ」としみじみ・・・
ありがとうございました。


このカルサイト。
どうしても頭に浮かぶはシンゴジラ。
遅れて購入したサントラを何度もリフレイン。
私はエヴァを真面目には観ていないので、例の「でんっでんっでんっっでんっドンドン♪」もゴジラの曲として楽しめてます。
映画の終曲や「在来線無人爆弾」で使われた昔の楽曲も心躍ります。
意外にもエンドロールの最後の曲がとても好きだったりします(暗くて派手な曲が好きなんですよ!)
とはいえ、やはり、秀逸なのは「Who will know」であることは多くの人が認めるでしょう。

曲の解釈としては普通に考えればあの大惨事で命を落としたたくさんの一般人の、決して物語の表には出ない悲劇。
その死の瞬間を誰に知られることもなく、その苦しみが浄化されることはないかもしれない。
「誰が知るだろうか」
ならばむしろ私は「誰も知らない」とこのタイトルを訳したい。

けれどあるブログでゴジラ視点の解釈が語られていて「人ならざるもの」に感情移入するものとして涙するしかなかった。
海の底で誰にも知られず平和に生きていたかったよねゴジラ。
こんなところに追い立てられて攻撃されて苦しくて・・・そんな風になりたくなかったよね。
そんなゴジラの心情など「誰が知るだろう」

誰も知らない

誰も知ることなく物語は終わったのだ。


「君の名は。」や「この世界の片隅に」とはベクトルの違う、「誰も知らない」悲しい物語。
そっちに惹かれてしまう哀れな人間です。

comment (0) @ カルサイト