レポ:秋葉原ミネラルマルシェ

2017/09/03
秋葉原ミネラルマルシェに行ってきました。
本来行くつもりはなかったのですが、コレクターの方から石を売っていただけるとになりその引取りかねてとなりました。

はい。今年前半の話題の品といえば「かぐや姫」と、この福建省のフローライト。

フローライト_福建省2
フローライト_福建省1

エッジには少々崩れがあります。一流コレクターさんにはちょっと物足りない気持ちはわかります。
でも色、透明感、母岩の微細な水晶の様子など人気が出るのはわかります。美しい。いい藍色です。
なかなかショーでも初日でないと売れてしまっているし、ネットでは結構なお値段ですし。
目利きの方から譲っていただけたのは嬉しかった。ありがとうございました。
って、言っていたらですね、信一さん、少なくとも今日私が見ただけで8個くらいは持ってるんですが!
初期のころのボールっぽいの2~3、最近の四角い結晶のはもっと。しかも大きさもお値段も手ごろ!
標本自体のバランスや母岩の違いで好みが分かれそうなものもありますが、シャープで綺麗な結晶でした。
で・・・買っちゃったじゃないですか!!!いきなり一日に2個!先月の残業代本日で消えました。


業者は室内、アマチュアは完全野外。昨年はそうじゃなかったらしいです。また、いろいろ都合はあったようですが
この季節にテントすらない完全野外はちょっと・・・。案の定土曜は雨で昼からしかできず、
今日はカンカン照りの後、ちょっと曇ったら強い風。アクリルケースの内側は湿気で曇ったり水滴が付いたものも。
これはちょっと次回は考えてほしいです。家庭の不用品フリマではないのだし。
でも並んでいるものは興味深く良いものが多かったと思います。
主に国産が目立ちましたが、福島県のフローライトと水晶の共生はバラエティもあり綺麗でした。
かぐや姫は大奥のごとく並んでいましたよ(^_^;)オークションの半額で手に入ります(質の差はいろいろです)
お馴染みの業者さんもここから買っていました。
ということはこの石に他で出会うときは確実に高くなっているんだなと。

あと個人で外国産の綺麗な標本を出していた青年のところでブルーのジルコン(カンボジア)と母岩付ルビー(タンザニア)
ここは何気に質の高いの多かったと思います。

屋内の業者ブースではタケダさんがいた!!ヾ(・∀・)ノ
欲しいなと思っていた感じのスペインがお値打ち価格であったので確保。
あと初めて見る業者さん(タケダさんっぽいラインナップとケース入り販売)のところでロジャリーのランクアップと
優しい感じのフランス蛍が廉価だったので入手。
そのあとちょっと話題になっていたカンボジアの水晶を見ました。特別綺麗とか特徴あるわけではないですが、
お国柄原石のまま出回るのはほぼなく、直接現地の方々から集めて仕入れたらしいです。
そういった「レア感」がなかったら均一セールレベルにも思いましたが、せっかくなので綺麗めを選んで買ってきました。
あとツイッターでわりと話題になったり購入している人が多いショップさんも観ましたが、個人的にはイマイチでした。
パキスタンのブルーグリーンのラフっぽい蛍、何年も前に1000円くらいで買った気がしますが手放した。
色は綺麗なんですけど、ラフでさらに表面が若干粗いのが残念。色は本当に良いのですけど(黒い森のみたいな感じ)
あとはルース、ビーズアクセ系が半分以上でしょうか。
ショーで回るレギュラーのショップ以外は個人の放出品が楽しかったです。

何人かがつぶやいていた「ねこや」ってどこだったんだろう?

ビスマスは作ってみたかったけど狭いところでいつも人がいて、お子さんも多かったよう。
お金も無くなったので今回はパス。

なんだかんだでとんでもなく散財したので、新宿は行かないです。
って、同じ日にクリスタルワークスさんとishi no waさんの即売会あるんだった・・・あああ。
横浜のミネラルマルシェ(あんな場所代高そうなところで大丈夫なの??)は、今回の感じならパスです。


土曜にはガンダムオリジン見て、ああもうほんと戦争なんてこんな迷惑ないだろ!と思って帰ってきたのに
今日は某国がジークジオン!ですか。
戦争になってひどいことになるならせめて今のうちに石くらい買ってもいいよね?
大好きなものに囲まれて死んだらいいよね?<ちがう

そうそう、NHKスペシャルも充分怖かった。もともとタワマンには疑問があったが、どうするんです?これ。
でも後半の、それに備えるべく戦っているプロジェクトXが面白かった。こういうのもっとやってください!

普段、日曜にショーなど行かないので疲れました。
くつ箱さん、お会いできてよかった。またよろしくお願いしますねーヽ(^o^)丿

おやすみなさい。

スポンサーサイト
comment (0) @ ショーレポ

燐葉石:入口になる石

2017/08/13
話題の石、フォスフォフィライトです。
色味からしていくら希少でも大金払って買うほど好みではなかった石です。
そんな書き方で始まっちゃうのでブログでこっそりアップです。

フォスフォフィライト_ボリビア1

phosphophyllite  燐葉石(りんようせき)
Unificada Mine, Cerro Rico, Potosi, Potosi Department, Bolivia.


案の定の母岩付で結晶のグレードは高くありません。
それでも透明度はそこそこあって綺麗です。
いわゆる中国産のミントグリーンのフローライトっぽい感じかと思うと実際見ると違う印象なのがわかります。
だいぶ前にクリスタルワークスさんがアップした時は「えーなんでこれがこんなに高いの?」と反応した素人ですが、
あの時購入された方は勝ち組でしたね(^_^;)
結晶面がしっかりしてある程度の厚みがあったらかなりニュアンスのある美しい石なんだろうと思います。
天は二物を与えず・・・ですかね?

「希少」で「人気」あることと「好み」かどうかは別物だし、そこに別方向からの話題でさらにプレミアがつくのが
いいのか悪いのか、それは判断できませんが、このことが入口になって良い意味で鉱物好きが
増えてくれたら嬉しいことです。
その一連の話題の石たちのなかで、持ってなくて欲しい!と思うのはレッドベリル。
ショーへ行けば必ず探しますが妥協できる価格と品質の折り合いは難しいです。
ダイヤモンドの各色展開は諦めるしかないね(´ー`)

で。その漫画の方ですが、残念ながら私はあまり好みとはいえそうにない。
なので秋からのアニメ組で静観します。


夏休みといえば、二年ぶりに横浜のピカチュウ見に行ってきた。
まったく、いい年のおばさんが、それも本来超インドアでイベント好きじゃない私がね。
可愛いですよ、ほんと、ピカチュウ。
そして時期も相まって、平和であることのありがたみをますます実感します。

ツイッターでは書かない、反応しないことにしていますが、
某国の子供の喧嘩みたいな言い合いには何とも言えない気分です。
自分が何もできない立場で言うことは控えたいですが、現与党も野党も都民ファーストも
もうほんとに「自分ファースト」でしかないのね。
今の時代は自己主張できる人が勝ち。声の大きい人が勝ち。そこに乗れる人が勝ち。
決断力や実行力とは違うなにか怖いものに思えてなりません。

右も左も突き詰めれば一緒です。
どっちも一般市民の立場なんて知らんぷりです。搾取する側とされる側、それだけ。
平和ボケでいられることに感謝。

今や、女性は95歳までを視野に入れて蓄えろと。
国からの保障がない、若い人も減っておんぶにだっこは無理。自然災害も多い。
そしたらせめて自分の蓄えはしておこうと思うのは至極当然。
その貯蓄まで悪者にされてはどうすればいいの?
少なくとも人生終えるまでの住まい(家賃)の心配がなければ皆もっと使うと思いますよ。
あとは寿命を延ばす医療ではなく、自然にまっとうできる医療に本腰入れてほしいです。
comment (0) @ 日記・雑記

レポ:ミネラルザワールド横浜2017夏

2017/07/23
ミネラルザワールド横浜行ってきました。
初日行きたかったけど、結局有休取る余裕なく残業突入。いや、これも石代のためと思えば(/_;)

購入したのはこんな感じ(と、例のTシャツv)

20170722_横浜

白っぽいバックにすると水晶が映えませんがどちらもとても綺麗です。
確実に猛烈に単価が上がってますね。以前の自分なら考えられない。あのころの相場が懐かしい。
でも頑張って選んできました(ショップ様のご厚意にも本当に感謝です)

今回はケチといわれようとも500円券が欲しくて30分前には到着。
思ったより並んでいませんでしたが暑いところに立っているのはつらかった。(5分前には開場)
今回はケチに徹底して、いつもは持って行かないハガキも持参(ショップ様から届いたハガキなので応援アピールにもなればと)
それがまた500円券当たってくれて嬉しい。くじ運ない人なのでこういうの凄く嬉しい。

まずはネットショップ一時閉店中のクリスタルワークスさんにお邪魔してご挨拶。
小ぶりで良いフランス蛍が多数入りましたということで物色。
個人的には水晶に小さいブルーのアパタイトが沢山ついたものに心惹かれました。
でもせっかくなのでブルーのフローライトの一番安いのに形の良いのをキープ。
そこにmomo先生がいらしたのでご教示いただきOKでました!
実はイエローで抜群に綺麗なのすごく迷ったのですが、あまりにも欠片状態だったので保留。
深いブルーのとても素敵なのもありましたが流石に買えるレベルではなかった。
トリカラーも良いのがあって許せるなら4個くらい買ってましたよ。トルマリンもすごく好みのものありましたし。

そこから信一さんへ今回の目的を物色に。
あれ?なんかずいぶん見やすいディスプレイになったような。いつも通りフローライト充実。
目的の例の青は初日完売(そうだよね(T_T)もう一つの目的はあったけれどちょっとイメージが合わず保留。
The1さんへ。春においてきたけどやっぱりお取り置きしてもらったのを引き取りに。
厚みのあるグインデル風味のファーデンでとても綺麗なんです。見ていると幸せな気分。やっぱり私、水晶の人って思う。
来年からのショー出店は考え中というお話でしたが、それはさびしい・・・。
そういえばタケダさんがいませんでした。目的のもの見るはずだったので本当に残念。

momoさんからIshi no waさんが例のTシャツを本当に作ってくれたとの情報でGO!
わー!嬉しすぎる。次はぜひ色違いを!白黒反転と店長さんが池袋で着ていらした色がいいなぁ~
着てみたらジャストサイズだったので次はもう少し大き目が欲しいのです。ぜひぜひぜひ(熱望)
石はピカピカパイライトがすごくかわいくて、でも姿で選んだのはなぜか一つだけ艶消しゴールド。
それはそれで良し!可愛い。実に可愛いです。

ふと飯田橋で話題になった「かぐや姫」のこと思い出して探してみる。
もう状態の良いのはないだろうと思っていたのですが、悪くないのがあったので下仁田の好みのポイントと購入。
かぐや姫はオークションにも結構出ているらしいですが、石の世界にもテンバイヤーが増えたんですね(=_=)

あとはぐるぐるとまわって母岩さんで気になるものがいくつか。
買わなかったけど、ツイッターで戦利品アップされてるの発見。うん、良いですよね、あれ。
店名は覚えてないのですが、パナスケイラの蛍を廉価で並べている中からちょっと風変わりなのを悩みましたが保留。
会場の奥の方で新規参加?のブースがわりと掘出し物系期待できそうでした。
ルーマニアとアラスカの蛍とかちょっと惹かれましたがもう財布はそういう状態だったので、最後に信一さんで白いつぶつぶフローライトを500円券使って連れて帰ろうと立ち寄りました。

「シャンバオのこのタイプで小さ目のってないですか?」と聞いてみた。
無いといわれて残念~といって白いつぶつぶ蛍買って帰るはずだったのに「ちょとまててー。はいこれ、あとこれ」
「え?あるの?(・_・;)」えっと、あの、お値段は・・・(ちょっと冷や汗)・・・え。某所よりお買い得?しかもあんまり見ない色。
ちょっとみは結構ディープで地味。光にかざすと

シャンバオかくかく団子

しかも結晶だけでこのサイズ。
落ち着け。冷静になれ。浮かれて買ってはいけない。でも店頭に出ていた他の同タイプと比べるとはるかに良い。なのに値段は同じくらい。えええええええ(@_@)
「あの・・・ちょっとお金おろしてきます(はぁ?何言ってんのワタシ)」と自己ツッコミしつつ、つぶつぶ蛍まで包んでもらってるし。

暑さと自分の行動にめまいを起こしつつ会場を後に。
これから会場に向かう祥さんに遭遇!いつもご夫婦仲良く参加で素敵(*^。^*) 良いもの買いましたか??


今回廻ってみていての感想。
私が持っている石なんて「好き」優先のクオリティ超初心者のものばかりと思っていたんですが、わりとそうでもないのかなと。
ランクアップ狙うととんでもない値段になってしまうので、納得いくものを確保する前に安易にフリマに出してしまうと後悔すると思いました。


さて、クリスタルワークスさん(ネットは8月くらいには再開予定とか)とIshi no waさんが共同で即売会開催との情報。
楽しみですねー。
9/30~三日間、新橋の会場だそうです。
新宿は行かないのでこちらに行こう。

あ、ホリさんのセール、行きたいけど・・・けど・・・。

ながなが失礼しました。
comment (0) @ ショーレポ

蛍石:フローター?

2017/07/17
イリノイのトリカラー。ひょっとしてフローターかな?と思うもの。


イリノイトリカラー (4)

見た目はとても地味で購入もだいぶ迷いました。
光にかざすと綺麗なのと、イリノイでこれくらいのサイズでこの値段ならが決め手。
とはいえ、その後も少々後悔の念が残っているのが正直なところ。
イリノイトリカラー (5)

で、裏を返すとですね。これ、見たところ全体に結晶してるんですよね。フローターなんだろうか。
イリノイトリカラー (6)

来年の石フリマに出すつもりでいたんですがどうしようかなと悩み中。
他にも欠けや剥離に見えて実は違うモノがあって、でもそこまで見てくれる人も少ないだろうし、
「見た目重視」なのは仕方がないところです。

Fluorite
Minerva#1 Mine Canve-in-Rock Illinois USA



うっかり放置して広告が出てしまったので更新。

ツイッターの愚痴です。
お気軽で、字数制限があるからかえってダラダラ書かなくていい(つい長くなる癖)
その代りこちらが望まないところまで強制的にばらまかれる怖さがなじめないところ。
ブログは見に行かない限り(来ない限り)わからないのが逆によさでもあったり。
「いいね」を押したものまで他の人にお知らせしてくれなくていいんだけど!
逆に人がいいねしたものを全部知りたいとは思ってないのだけどとも思う(ああ、「ふぁぼ」っていうんでしたっけ)
それじゃツイッターの意味がないといわれればそうなんだけど、これはもう感覚の違いか。
フォローしたいと思ってもこれ以上流れてくるものが増えたら全然追っていけない。
「リストに分けてミュートしとけばいいんだよ」と娘がいうのだが、フォローしておいてミュートにするっていうのも
なんだか違和感・・・・があったのですが、ふと理解した。
そうかあ、必要なファイルはフォルダに保存してデスクトップに出しっぱなししないと思えばいいのか?
その「リスト」を「トレンド」の上に表示できるようになれば便利なのに。

総じてツイッターって「雑」だと思いました。
そもそも最初に登録したスマホのアドレスにはいつまでたってもメールが来ない。
仕方ないのでパソコンのアドレスに替えたり、通知が来たり来なかったり同じのが何度も着たり、いきなりだいぶ前のが着たりもする。
一度読み込んだツイートが別画面から戻ったらまた未表示で「新着が一件あります」のメッセージ。これを三回くらい繰り返したり。
フォロワーさんとほかの人(自分とは全く縁のない人)の会話まで全部流されてもなぁ。
さらにその会話が全くつながってないことがあって、誰への返事なの?と不思議だったけど、鍵コメの人への返事なんですかね?
でも鍵にしている人への返事を表示しちゃっていいの?とか。私の感違い?
リツイートを表示しないがあるなら「いいね」も表示しないとか、もう少しカスタマイズできればいいのに。
って、娘にこぼすと「じゃ、やめれば?」と冷たく呆れた顔されますが。

個人を特定しかねないことは書かないよう気を付けていても相手が書いたりリプしたらそれも全部飛んで行って、さらにどこでリツイートされてその先に誰がいるかわからないって怖い。
それらすべてを「いちいち気にしない」のが鉄則ということなんだろう。
でも勝手にまとめに使われたりもあるわけでそうしたら元を消したところで永遠に残ってしまう。
それもいつかは流れて忘れ去られていくのだから気にしないということか。

人生「気にしない」のが楽しく過ごす極意のようです。
comment (0) @ フローライト

黄玉:心地よさの色

2017/06/10
ユタのトパーズです。
春の横浜で購入。母岩に干渉されていることが多いユタ産なので、綺麗なの見ると手に取ってしまう。

トパーズ_ユタ_20170325-1

ポイントが二つついています。可愛い。
トパーズ_ユタ_20170325-2

Topaz 黄玉(おうぎょく)
Thomas Range, Juab County, Utah, USA

トパーズはパキスタンの薄めシェリー色が一番好きです。
ユタのはちょっと赤みがありますが、コニャック色も綺麗です。
多分、生活の中で一番落ち着く色味なのかな。薄いベージュとか、木の色。
服でもインテリアや雑貨でも、だいたいこういう色が集まってしまいます。

じゃ、ボクも。も?

蒲田くん
可愛いよ、蒲田くん。
ああ、今日は1人のうちにまたシン・ゴジラ見直そうかと思っていたけど時間切れ。


今日は石好きさんが集まってお茶会が開催されているとか。
そういうところに気軽に参加できるようになりたい。

石と一緒にブログ記事も大幅に整頓しようと昨年のブログ名変更前のものを隠してあります。
カテゴリが並んでいるわりに「0」ばかりなのはそのせいです。
読み直すと黒歴史オンパレードでよく今まで放っておいたなと赤面。冷や汗もお湯になりそうなほど赤面。
フリマに出した石もあったのでそういうのは削除しようと思います。

そういうことが出来るブログはやっぱり便利。
ツイッターは消す以外手直しできないと後で知って血の気が引きました。
リツイートがたくさん流れてくると溺れそうで追い切れないし。使いこなせる気がしない。
今は違う名前になってますが面倒なのでそのうち統一しよう。
comment (0) @ トパーズ