水晶:静けさの佇まい

2016/07/17
宮崎県の水晶です。

スイスのテッシンハビット並み(当家比)に美しいのですが写らない。
メインだけでなく、周りの小さなポイントもちょっとの角度でキラキラと反射。
無色透明ですが、鉄分の付着からかほんのり色づいているようにも見えます。
隣のチビポイントにもトップにはゴールデンヒ~ラ~

水晶_宮崎県西米良村板谷20160610 (1)

ネットでの購入ですが、その写真でも充分美しく、でも実物は予想の何倍も素晴らしかった。
国産で、こんなお手頃でも上質なものがあるんです。
水晶_宮崎県西米良村板谷20160610 (2)

まっすぐに立ちあがった姿も美しく、そして浮かび上がる虹。
水晶_宮崎県西米良村板谷20160610 (3)

柱面には若干の干渉の後や鉄分の付着などありますが、それもまた趣のうち。
水晶_宮崎県西米良村板谷20160610 (4)

水晶(すいしょう)
宮崎県児湯郡西米良村板谷


国産の水晶は「無音」のイメージ。
どこまでも静寂、なんの邪魔もない、ある種「異空間」のような、そんな瞑想さえ浮かんでくる。
心を安らかにしてくれる。そして気が付くと涙がこぼれてくるような。
スポンサーサイト
comment (0) @ 国産

水晶:トラピッチェなの?

2016/05/06
最近「国産の星」的人気のレモン水晶です。

これは横浜より前に購入したもの。3センチにも満たない小さいものです。
レモン水晶_奈良県20160115 (1)

ピントがあってなくてすみません。
綺麗に澄んだ色あい。両剣(セルフフィールドかな~?)のポイントにさらに小さいポイントが2~3くっついてます。
レモン水晶_奈良県20160115 (2)

大きなダメージもなくて、スタイルはまあまあかなと。
レモン水晶_奈良県20160115 (3)

中の「筋」・・・見えるかな。
レモン水晶_奈良県20160115 (4)

Quartz レモン水晶(れもんすいしょう)
奈良県吉野郡天川村洞川五代松鉱山


このレモン水晶、よく「トラピッチェ」と呼ばれます。
私のイメージのトラピッチェからすると、どうもこれをそう呼ぶのは抵抗があるんですが、そんなもんなんでしょうか。
レモン水晶=トラピッチェでもないし、中央に「筋」があるからトラピッチェでもないのでは?と思うのですけど、最近は「レモン水晶(トラピッチェ)」という表記が当たり前になっている気がします。
あんまりあれこれ煩くいうのは好きではないのですが、逆に自分が持っているこれを「トラピッチェです!」というのは気が引けるのでした。
comment (0) @ 国産

身も心もバッタリorz

2015/10/08
バッタリ鉱山のポイントです。

実は持っていなかった。小粒で廉価だけれど綺麗なものが手に入って嬉しいです。
本当は写真撮り直そうと思っていたのだけど「広告」が出るといやなのであわててアップ;

バッタリ水晶 (1)

バッタリ水晶 (6)

バッタリ水晶 (3)

バッタリ水晶 (2)

なかなかにしてツルツルピカピカ。
ホビーストーンさんのネットショップにて。
こちらのショップ様も今までネットのイメージと外れがありません。ありがたいことです。
放出品を扱われていることが多いのかな?という感じも。売れ線を「それ!」とばかり出してくる訳でもなく、でも意外な掘出し物に出会えるショップ様です(^^)




帰宅後はもう現実逃避に走る。
私的黄金時代であった10年前後前のアニメを見直す。本棚の漫画を読みなおしてはらはらと涙する。
そんなこんなで今年もあと二か月ちょっとですよ。

「DTB~黒の契約者~」と「ゼーガペイン」を見直して泣く。

樹なつみの「OZ」を読み返してさらに泣く。
その無垢さにどうしようもなく泣けてしまう。
comment (0) @ 国産

地名は体を表わす?

2015/02/02
山梨県黒平のスモーキー。国産だから「煙水晶」と書くべき??
産地の通り、平らで小さいポイントです。
「くろべら」と読むんですね;地名は難しい。
山梨県黒平_スモーキー (3)

先端は綺麗に残っています。鉄分のような黒い付着物あり。でも結晶面はどこもピカピカです。
山梨県黒平_スモーキー (2)

小さくて綺麗でかわいい。まるでルースみたいv
山梨県黒平_スモーキー (1)

ばっちりの透明度です。
山梨県黒平_スモーキー (4)

国産だとちょっと欠けてたり、高くても手が出てしまったりする(これは優しいお値段でしたv)
もちろん手が届くお値段に限りますが、それでも、ブラジルやロシア、スイスよりも優先しちゃうかも。
今も欲しいな・・と思うものがあるんですが・・・ねぇ・・なにしろ時期が時期。
ツーソンが始まって、みなさんわくわく。ショップさんがそのお披露目をしてくれるまではちょっと様子見買い控え我慢の時期です。そうやってまだほかの人が動かないうちに手にしてしまうほうが良いのかな。どうしようかな。
なんてぐずぐずしていると無くなってしまうのはよくある話。

ツーソンは珍しく雨だとか。砂漠地帯なのに洪水のようって;;;治水が整っていないからなんでしょうか。単純に砂漠にしみこんでくれるわけにはいかないんですね(=_=)

ツーソン報告楽しみに待ちましょう。
comment (0) @ 国産

日本式双晶野口さん

2014/07/09
奈留島の日本式双晶。二個目。
こちらは見た通りグレードとしては今一つ。とはいえ、野口さん1人なら納得でしょう。
奈留島_日本双晶 (3)

厚みもそこそこしっかりとして、高さは約2センチほど。気持ちすりガラス。
奈留島_日本双晶 (1)

横ちょについているのも、ひょっとして双晶だったのかなぁ??と思わせます。
奈留島_日本双晶 (2)

一個目のもっと綺麗な日本式双晶はリンネの庭さんで購入したのでした。
もう復活はないのでしょうか・・・行けば必ずお気に入りに会えたショップでした。残念すぎます(T_T)


蟲師のあたらしいサントラを購入。
今までのサントラのアレンジも多いけれど、もうほんと、これがあれば生きていけそうなくらい好き。

新しく購入した漫画は「日本のライトノベルがハリウッド映画に!」と話題の一作「All You Need Is Kill」
向こうでの映画タイトルは「Edge Of Tomorrow」なんだとか。
原作小説は未読なのでそれで判断するのはちょっとよろしくないですが、小畑さんの画力目的で購入。
ある意味「今風」、だけど海外SFでは使い古された話。というと悪口みたいだけど、そういうわけでもないけど、新鮮さはそれほどなし。むしろどこか懐かしいです。ああ、なんかこういう感じ、あったよねって。
とはいえ・・・そうねぇ・・・まぁどうしても小畑さんの画力あってというところでしょうか。
いかにもハリウッドが好きそうな題材ですね(ただし、設定がであって、微妙な揺れ具合はたぶん無視されるんでしょうね)今風「スターシップトルーパーズ」といったところでしょう(これに関しては原作小説のみで映画は観てないですが)
パシフィック・リムもそうですけど、基本ハリウッドは「少年少女」を戦わせない。ハリー・ポッターは基本ジュヴナイル小説でありファンタジーであり、えげつないシーンはないのでああなりましたが、この作品の内容では少年ではできないでしょう。
・・・と、ちょっと映画の情報を検索したら、はぁ?主人公がトム・クルーズ?ヒロインも案の定たくましい。
主人公もヒロインも一応成人ですが、とはいえ日本特有の幼さが残り、戦場の純情悲恋も描かれますが、さすが安定のハリウッド。筋骨隆々のオトナの男女による英雄物語になっていそうです。
漫画では多少端折っているんだと思いますが、主人公とヒロイン以外がほぼどうでもいい扱いなので全体的に浅い。まさにあらすじを読んでる感じ。これでは「ああ、ラノベだわねぇ」ということになりかねないですね;
にしても・・・小畑さんの絵は本当に綺麗です。リタの可愛らしさは格別。なのに、やっぱり掘り下げが少ないので結局感情移入するまもなく終わってしまいます。
原作を読んでないのでわかりませんけれど、せめて単行本5巻程度でしっかり書いてくれたらもっと読みごたえあっただろうなと思います。

そういえば、明確にはどうなのかは知らないのですが、大好きなYESの楽曲「スターシップトルーパーズ」はハインラインの原作小説をイメージして作られてると・・・思うんですけどねぇ。
comment (2) @ 国産