結晶ついてます(´ω`)

2014/08/29
ターコイズの結晶と銀星石の共生です。スペイン産。
全体像はパッとしない石ですが、欲しくても手が届かなかった(そして常に瞬殺)ターコイズの結晶が付いていて驚きの三桁プライス。

ターコイズ結晶6

でもね、こうしてよく見ると、うんうん、綺麗なライトブルーがね・・v
ターコイズ結晶2

銀星石の結晶もね。
ターコイズ結晶3

ターコイズ結晶5 ターコイズ結晶4 ターコイズ結晶1


スポンサーサイト
comment (0) @ 蒼青碧の石

新宿収穫品:青の苦灰石

2014/06/14
コロンビアのドロマイトです。
そう書かなかったらフローライトと思われそう。表面の質感は若干カルサイトっぽいような感じ。色味は、以前アップしたマンガン斧石に似ています。ブルーというかやや淡い藤色というか。
山奥の清水溜まりをてのひらで掬い取った・・・というかトリミングしてみたゆらぎのイメージ(いや、その方がよくわからないよ;)

ブルードロマイト_コロンビア1

コバルトドロマイトは濃いピンクで綺麗ですが、高級結晶標本として紹介されているのはあまり見ません・・・が、いつだったか、某ショップでは綺麗な透明結晶が結構お高い値段だったのを覚えています。「え、?ドロマイトってそんな高い石だったっけ?」と思った記憶が。
ブルードロマイト_コロンビア2

黒バックで撮ってみた。
ブルードロマイト_コロンビア3

うん、こっちの方が、実物の優しい感じに近いかもです。
大きさは2.0x1.0程度。溶けなんですかね?見るからに劈開という感じでもないのですが、ラフが摩耗したようなつるんとした石です。
ブルードロマイト_コロンビア4

多少大きさの違うものが4~5個あったでしょうか。その中でふっと目を惹いたものを選んできました。
共生しているものはあるけれど、ドロマイト単体で購入したのは2個目だと思います。
ちなみにググってみますと、実に色気がない記事ばかり出ます。画像検索すらない(いえ、あるけれど、普通石の名前で検索するは最初の方に画像検索が出てきますよねぇ)
多少綺麗なものでよく見るのはピンクベージュぽい不透明のもの。あーはいはい、これね~ってタイプ。で、それとよく似てると思っていた石がありまして、記事をみていたらお仲間とわかりました「クトナホラ」
なにしろ、化学式だとか、○酸△化物とかの分類なんていまだ全くといっていいほど頭に入ってませんから;どれとどれが仲間かなんてピンときません。困ったもんだ。
買い物予定リストには全く入っていなかったもの。でもそういうものに出会ってしまうのがショーの醍醐味というものです。

さて、世間はワールドカップでお祭り騒ぎ。興味がないと人間じゃないみたいな扱いで悲しいです。
サッカーがではなく、そういう「ノリ」が苦手です。世界的に人気なのは大いに結構です。でもだから「好きなのが当たりまえ」ととらえるのは勘弁してください。
私はどうも、あらゆるジャンルで広く一般的に人気の高いものが苦手なことが多いです。

しつこいですが、マイノリティにも優しい世の中になってほしいです。
comment (0) @ 蒼青碧の石

キノの旅

2013/12/17
「人間キノ」がアリゾナを旅したかどうかは知らないけど。

ペトロフさんのところで入手したアリゾナのキノ石です。
気持ち程度の青が点在したものしかもっていなかったのでうれしいv
数センチの小さい母岩ですが、びっしりと青。

キノ_アリゾナ (1)

そして水晶??透明なきらきら・・・と、調べたらアポフィらしいです。
キノの結晶もしっかりわかります。うれしいv

キノ_アリゾナ (4)

綺麗だ~青ってやっぱり嬉しくなる。
キノ_アリゾナ (3)

はっとするほど目を引いたこの石。決して高いとは思えないお値段でほくほく。
ペトロフさんは前回のペツォッタくんに引き続き、ありがたいお買い物ができました。


10年以上前のジュブナイル小説「キノの旅」
いわば「ライトノベル」がジャンルとして確立したころですかね。黒星紅白さんの挿絵は抜群に可愛らしく、世界観にも独特の雰囲気があって興味を惹かれました。
子供も読めるだろうと思い買ってみたが、思ったよりも風刺めいた低テンションファンタジー(?)であまり勧められなかった。大人が読むには数話でもういいやって感じでしたが;
ああ、もう10年以上ですか。いやはや。


週末は「清州会議」を見てきました。三谷、私は好きですよ。クドカンよりも。
そして「特典目当て」で子どもに半ば強制的につき合わされた「まどかマギカ」の映画。
あああ・・やっぱり私は好きにはなれない作品でした。
いろいろ解釈もあるでしょうが、やっぱりほむらちゃんが哀れですな。本編よりさらに不憫でなりません。
意欲的に作られた演出には一見の価値はあるのでしょうが、ややこけおどし的とも・・・。
どうも私はこういった「ほらどうだすごいだろう」というスタッフのドヤ顔が透けて見えるタイプの作品は好きになれんのです(今期の「キルラキル」とかね;)←あ、あくまで私はそう感じてしまうだけですのでご容赦。
ラストからすると、またもう一作できそうです。
ほむらちゃんはまどかを救いたい(というか普通の幸せな人生を送らせたい。そして出来うるなら自分もそばにいたい)が何よりの願いであるわけで、自己犠牲も問わないながらもそれではまどかの「幸せ」を確認できないから絶対未練たらたらまた干渉しないでいられないだろうし、「理」の中で救われても、ほむらにとってはなんだか騙された感から抜けられない。それではインキュベーターからまどかを救ったことにはならないのだ(ほむら的に)
だからどうしたってインキュベーターを倒すまで消えるわけにいかんのよ。たぶんそんなこと無理なんだろうけど、何らかの決着がつかないと成仏もできないだろう。
そのために「悪魔」となったほむらはいつかまた「本当の」まどかが自分の前に現れるのを待つ。むしろそのために「悪魔」となって待っているんだろう。今度こそ、まどかを幸せにするために。それまではかりそめの世界でかりそめのまどかを抱きしめながら。
それは「愛」のなせる業なんだそうだが、哀れで仕方ない。未成熟な年頃の精いっぱいの覚悟。それをファンタジーとして描くのはいいけれど、うーん。これを見て「共感」できる年齢にはあまりにも遠すぎる。ごめんなさい。
よくできた作品でしょうが、アカデミーに押すタイプのものとは言えないよね(本編でなく続編なのだし)
それにしても映画館、音量調節がおかしい;でかすぎで割れてますよ、音が。
清州会議を見た映画館は椅子が最悪でした。有楽町だってのに。勾配のほとんどない映画館はもう行きたくない;
comment (4) @ 蒼青碧の石

でびりんv

2013/07/17
ギリシャのデビリンです。
某ショップでアップされたのを見てから「欲しいな~」と思っていた石。でもお高いの(ノ_;)
今回何とか許容範囲プラス20%オフですから逃す手はない。同じ値段のものとちょっと高い(でも結晶の数が多い)ので悩みましたが、母岩が一番コンパクトながら結晶も悪くないと思い決定。

デビリン_ギリシャ (1)

左右の結晶アップ。とはいってもこれ以上無理。残念。

デビリン_ギリシャ (5)

やっぱりこのはりはり具合が好き~v
デビリン_ギリシャ (6)

ところでこの石の正体って・・・??
カードには「デビリングループ」としか。そうか沸石とかそういうんじゃないんだ。
数学と化学と体育は人生の敵なので、今更化学式見たところでわからん。
検索しても、いまいち「へぇそうなんだ」と思える記事が出てこない。結晶のバリエーションを見てみようと画像検索してもそれほどヒットしない。
ギリシャというと緑の水晶やアメジストを思い出しますが、それ以外のイメージが今一つ。あまり出ないのか、採掘されていないのか良くわかりませんが。
でもあれだけ古くから石の建築や彫刻品もあるのだし、火山もあって鉱物資源がないってことは考えにくいけど。
デビリンの結晶が10個密集している数センチ程度の標本はないかなぁ~v高くて買えそうにないか;
comment (0) @ 蒼青碧の石

しるばーすたー☆

2013/05/03
アーカンソーのワーベライトです。
お初です。
これは横浜でおいてきてしまったけど、ショップに問い合わせたところまだありますということで注文しました。

自分の中では「ガテンでも綺麗系ともいえない中途半端な石」というイメージしかなく。
ところが、ショーでこれを見たときに素直に綺麗と思いました。
お値段も優しすぎる1000円也。

ワーベライト_アーカンソー2

裏にはワーベライトらしい?放射状の様子。
ワーベライト_アーカンソー1

ツヤツヤの深い緑。私にとっては充分の美麗結晶。
ワーベライト_アーカンソー3

ワーベライトの和称は「銀星石」
どんなに綺麗な石かと思うとこれが出てくるわけで、しかもイマイチの結晶写真だったりしますと結構なガッカリ感があったりします。
なにしろ銀色の☆ですから。シルバースターですから。
んー・・なんでこの名前がついたんでしょうねぇ??

もう一つ、無知底なしのお恥ずかしい質問ですが、アーカンソーの綴りを見るたび「なんでこれが「あーかんそー」なんだろう?「あーかんさす」ではないのか??ネイティブ発音からすると「あーかんそー」ってことですかね?

GWです。
私のGWは毎年決まった年中行事「半期の小掃除」
お天気がいいと、どうしても洗濯したくてうずうずします。今日もなかば無理無理洗濯物を集めて回してしまう変なおばさん。
明日は掃除の続きと、こたつ布団を洗います。晴れた空と乾いた洗濯物は幸せですvvv
comment (2) @ 蒼青碧の石