紫の君

2012/11/27
タンザニアのマンガン斧石です。

マンガン斧石_タンザニア (2)
マンガン斧石_タンザニア (1)


綺麗なんですーっ。
最初もう少し背の高い結晶が目に飛び込み、しかも大好きな斧石と知ってその時点で購入決定。
こんな綺麗な色の斧石があるなんて(いえ、ごく普通のブラウンも大好物です)
いくつか見ているうちに、数百円のお値段の差でこちらをみつけ(こっちのほうが安いです)悩む。というのは、値段は悩むほどの差ではなかったので「良い石」を手に入れたい。もう一方のほうが多少大きくて結晶の姿は綺麗かも。こちらはちょっとずんぐりむっくり系。
でもよく見ると、こちらのほうが「結晶」としてはよさそうに見えたんですね。もう一方は「ああ、ここ欠けちゃってる」が明白。
でもなにしろ小さいし、素人判断はいけないと、これまたレジのお兄さんに突撃。わたわたとして要領の得ない説明で申し訳なかったのだけど、お兄さんは丁寧に見てくれました。で、結果こっちに軍配。
数百円の値段の差を聞いたところ、なにやらネームカードの袋をだしている。カードの裏から出てきたのはなんと成分分析表。
それを見比べて「ああ、マンガンの含有量の差です」・・・・(゜_゜;)はい?そういうことがお値段の違いになるとは。
いやまったくもって、当方そういったことは気にしませんので、いかに自分にとって持ってて幸せかが重要ですんで(いやその含有量が問題になる人だっているんだな。きっと)
そんなことで、より結晶の整った安いほうの石が手に入ったのでした。
でも、置いてきた石のほうが絵的には綺麗な姿だったと思います。どこかに嫁入りしただろうか。

天気が良かったので自然光で撮ってみました。
でも肉眼ではもう少し優しい、なんとなく和風の薄紫の趣なのでした。
スポンサーサイト
comment (2) @ 斧石

ガテン系2

2009/09/14
axinite_japan.jpg

尾平鉱山の斧石です。
かかかかかっくいーっ!!!!!ほれぼれの格好良さです。
なのにちょっとピンボケ(T_T)

別角度から

axinite_japan2.jpg

やっぱり惚れますvvvvv
鉄斧石というし、こんな風貌なので金属系なのかと思ったら鉱物系ですか?
マンガン斧石というのも聞きます。
私の持っているのはそう紹介されていた標本に近いです。
斧石(アキシナイト)で検索してみるともっと透明感のある石のようですが・・・。
閃亜鉛鉱の不透明版とクライオフェンの違いみたいな物なんでしょうか?

ギラギラと輝く鉄のごとく。
一番長いところをまっすぐ計って4センチくらいの立派な標本です。
これでたしか1000円しなかったんです。神様ありがとう。
comment (2) @ 斧石