大人になった翠(sui)

2011/03/02
dioptase_kazakhstan_20110302230601.jpg

こんなに小さかった翠が・・・

dioptase_kazakhstan _dai

こんなに大きく育ちました(゚Д゚)
・・・もちろん嘘です(-_-)

2個目のカザフスタンのダイオプテーズ(ダイオプテーゼ?)
結晶がたくさんついていてワタシ的には充分な結晶。
お値段はワタシ的には安くはないですが、世間一般的にはかなりお買い得価格だったと思います。

dioptase_kazakhstan _dai (2)

実際は割と素直な緑だと思いますが写真に撮るとなぜか青っぽくなる。
これでも「加工して」現物に近くしました。
なぜでしょうね?この色を出している成分が光で変化してしまうんでしょうか(調べろよ)
スポンサーサイト
comment (4) @ ダイオプテーズ

翠~sui~

2009/10/06
dioptase_kazakhstan.jpg

カザフスタンのダイオプテーズです。
私だって綺麗な色の石を持っている。
と、オトナ気ない主張をしてみる。

苦手なきれい系の苦手なグリーン結晶。
嫌いというわけではないのですけど、「私じゃなくても誰かがいるから」という感じ?
私にとって精一杯のきれい系はフローライトなんですね・・・
アズライト(そういえば一度も登場していないよ;)も綺麗ですが、透明感のあるものはさすがに手が出ませんし、完全な結晶は大変希少。しかもあまり宝飾には向かないあたりが自分的ツボだったりもします。

基本は「鉱物」「ストーリー性」
そして「ありがと。待っててくれたんだ」そんな気分にさせてくれる石が好き。
うーん。ちょっとマズイ?でも依存症的感覚ではないつもりですが・・・。
うちに来るのは血統書のあるなしじゃなくて「愛嬌あるっしょ?」そんな感じ。

この「翠」もとてもちいさい。生まれもハイソじゃない。一つは欠けてしまってるし。
完全な姿を持った一流モデルを眺めるのはそれなりの場所だからいい。
手が届かないからあこがれる。夢になる。
でもうちにいるのは同じ「はみ出しもの」がいい。
かわいいよ、「翠」
comment (4) @ ダイオプテーズ