知らなかった石

2012/09/02
妙なお天気です。
夜中から頭激痛でようやく薄らいできました。
むくみも酷いし最近こんなんなので参ってますが、いろいろ薬を服用しているとさらに痛み止めを飲むのってためらってしまう・・・。

愚痴もそのくらいで。

ショップ様よりサービスでいただいた石。

ホータンギョク (1)

ホータンギョク (2)

とても素朴な感じ。川流れっぽい。ライトを当てると
ホータンギョク (5)

へぇ、きれい。透けるんだ~v
お手紙カードには「中国ウイグル自治区 和田玉」
ホータンギョクと読むらしい。・・・知らない・・・。
色とか重さとかからするとカーネリアンのようにも見えるけど。
とりあえずウィキってみる。
はうっ!
そうなんですか。そんな高級品だったんですか!産出する地名からの命名のようですが、翡翠の一種なんですね。
専門店のサイトを覗いてみて驚愕。たしかにこういう基本彫刻されてしまう石なので今までネットショップでも見かけなかったんだなと理解。
当然グレードはたくさんあってこれは彫刻品には向かないものなのでしょうけれど、でも貴重なものをいただいてしまった。うれしいv
タンブルは好きですから。第一印象も本当にころんとかわいくて「素朴なお守り石」そんな感じです。

農家で育った明るく働き者で器量よしのあの娘は、実は赤ん坊の時戦火を逃れてここに託された王女様だったのです。
そんな感じ(^_^;)
スポンサーサイト
comment (0) @ 翡翠

どんな休日でしたか

2010/02/20
IMG_1349.jpg

これは以前アップしたことのある糸魚川の翡翠です。
糸魚川石の入っているもの。アップし損ねた一枚です。

この一週間はさえなくて(人生冴えたこと無いですけどね;)
最近だるさで思うように動かない心身を無理になんとか動かそうとした策も失敗したので
今日はそれでも動かなくてはと美容院行って、ある石ショップへいって、ネパール雑貨の店にいって・・・。
子供は私が出掛けるまで起きてこないし、帰宅した頃から昼寝したままだし(もう夜だよ;)
洗濯物は全部かたづけたし、早めにお風呂に入って・・・そして休日は終わっていく。

よく晴れた週末、みなさん気持ちよく過ごされますように。
comment (2) @ 翡翠

白大島

2009/10/07
hisui_itoigawa.jpg

糸魚川の翡翠です。
ありがちですが、最初は「糸魚川」の河原で取れるのかと思っていました;;;
やはり私は白が好き。そしてラベンダー。
ぶっかき風の石は白にほんのり蒼の層が入っています。翡翠というと磨かれたモノやタンブルが多いのでこんなぶっかきがあるなんて!と一目惚れ。
そして翡翠が「透明度の高い方が高価」ということも割の最近知りました。てか、ほぼ透明もあるそうで;見たこと無い。
ではお約束の「透かしてみよう~」
hisui_up.jpg

うっすらと蒼いラインがおわかりでしょうか?
白と蒼は永遠に惹かれる色です。(服の青は安っぽくなることがありますが;)
手前の小さいタンブルは白にうっすら翠が入ります。可愛いタンブルですv
大きなタンブルは近所で購入したモノ。白基調にややラベンダーと無理すればいえなくもない?という色合いです。ところどころに光沢感のある粒(?)が。綺麗ですね~
そして肌触り。何ともいえない柔らかいようなもったりというような不思議感覚。
アクセサリーや磨きだとツヤツヤでさらにコーティングのせいなのかでわからなくなってしまいますが、こんなさわり心地とは知らなかった!

翡翠。白。そうあえて言うなら白大島紬をまとった妙齢のべっぴんさん。
個人的には結城紬の方が好きなんですけどね(^^ゞ
あ。
hisui_beads.jpg

えっへん(*^-^*)ちゃんとこーんなブレスだってもってるんだもーん。とっても普通v
でも綺麗でしょう?手前のは淡いラベンダーの粒があります。
若草の粒は一度ばらして自分用に小さな水晶、子供用にこの写真のローズクォーツとのコンビに作り直しました。合わないような気がした翠と桃。実は結構なじんでくれくれるのですね。
ユナカイトなんかもそんな感じですね。

和服は意外な色あわせがとても新鮮だったりします。そして洋服だったらととてもじゃないけどと思う色味でもかなりの年齢まで着られたりもします。
薄桃や浅黄、水色なども60過ぎたって大丈夫。
天然石にはそんな和服を思わせるような色模様が時折あったりします。
ああ、品の良いベージュ系の結城紬、紅型の小紋と帯。欲しいなぁvvv
comment (4) @ 翡翠