バイカラートルマリン

2014/06/28
ブラジルのバイカラートルマリン。今回の新宿でのピカ一品☆
なのに、あまりにあまりなタイトルですが、もうね、へんな修飾はいらないかなと。

バイカラートルマリン_ブラジル1

立ち寄った方も多かったと思う壁側のアメリカ店。そのガラスケースの中から。
バイカラートルマリン_ブラジル2

どうせ「観るだけ」と思って眺めていて、これが目につきました。かわいい。綺麗。最初ピンクからカラーレスに見えたのですが、ブルーでしたv
バイカラートルマリン_ブラジル3

写真の都合でちょっと濃い目になってます。もう少し優しい色合い。
バイカラートルマリン_ブラジル4

なのに、安くて驚いた。ええ、もちろん私には思い切った値段ですが、しばし「・・・前に1がついてないかしら…お尻に0が足りなくないかしら・・・」と何度も確認。
バイカラートルマリン_ブラジル5

ケースの中でこの値段じゃとても値引きは無理と思っていたけど、苦笑しつつも安くしていただきました。感涙。しかも、端数なしジャストで充分と思っていたのに「え?ほんと??」の価格。
大きさは約3センチ弱ですが、頭も3つ綺麗にそろって、とても嬉しいお買いもの。
以前はあまり好まなかった「柱モノ」ですが、気が付くと結構な数になってきました。
ただし、とてもきれいでとても好きだけれどある種の「思い入れ」には今一つなんですね。
完成されてしまった感じの姿にはどこか「物語」が希薄です。なんんというか、アレンジメントの切り花と自然の野に咲く花の違いのような。
私にとってはルースの楽しみに近い感じです。
なら、DTの水晶もそんなもんでしょ。といわれると困ってしまうんですけど;

7月はUSKさん、ホリさん、横浜と続きますね・・・嬉しいようなつらいような。
今年後半の即売会や池袋に備えるためにもホリさんのセール一択かなと思っています・・・が、それも危ないか。

これからのテーマは「あとで手放さない石選び」
要は「ついで買い」すんなよ#ってことなんですが、どうしても趣味の変化があるのである程度は仕方ない。
そして、そのためには例の「データベース」と整理整頓が大事なんですが・・・。
体調あれこれがあったことは事実ながら頓挫していることが多すぎる。そういえば襦袢袖も作ってない;夏のうちに作らないとせっかく買った蛍ぼかしの結城紬が着られない~
昨シーズンは思うように着物が着られなかったから、今年の秋からは小規模即売会に着物来て出かけたいです。
そうそう、新宿ショーで和服の方を何人が見かけた。あの会場、あの天候でチャレンジャーだなー(~_~;)
疲れると姿勢が悪くなってしまい、和服にはとても恰好悪いので、とても無理ですね。娘のご朱印集めの付き合いも、神社仏閣なら和服も良いじゃないのと思うけれど、疲れて猫背でよたよた歩くのはよろしくない。やっぱりすっと背筋伸ばしてすっきりと歩きたいものです。もとから猫背なので余計気を付けないと。


増税の不安、年金の不安、自衛権の不安、治安の不安、改めて、戦後から今まではなんだかんだで穏やかといっていい時代だったのかもしれないと思います。
あまり主義主張のことは書きたくないですが、戦争しやすくして何がいいことあるんでしょう?

そして、あまり触れる人がいないですけど、認めてしまった後、当然のように倍増されるであろうその費用はどこからでるんですか?誰が負担するんですか?きっと10%どころじゃなくなりますよね。

単純に、ごく単純に考えてください。
「戦争」して良いことってなんですか?
スポンサーサイト
comment (2) @ トルマリン

きもきれ?

2012/05/30
パライバトルマリン (3)

ブラジルのパライバトルマリンです。けっこう・・・なんか・・・

パライバトルマリン (2)

綺麗なんだか、むしろ気持ち悪いといわれそうな微妙な線;

パライバトルマリン (4) パライバトルマリン (1)

まぁワタシ的にも「ガテントルマリン」と命名したい。
といいますか、これ見たとき思ったのはこれです
「うわっ;ロジャー・ディーン??」

懐かしきイラストレーター・・なんて言ったら失礼?アーティスト。
YESをはじめとするプログレッシブロックのジャケットでおなじみのあの絵。
雰囲気といい色使いといい、そんな感じなんですが。
ええ、もちろん画集持ってましたけどね。いろいろ引っ越しが重なるたびに泣く泣く手放してしまいました。
アニメージュの創刊号も持っていたなんてとても言えないので書いてみる(書くなよ)

comment (0) @ トルマリン

小さくてきれいなもの

2011/12/25
ブラジルミナスジェライスのトルマリンです。
グラム1700円とは私にとって高級品。でもね、なにせ大きさが大きさなので二つ合わせてそんなものです。
一応クラックなどが少なくて頭がちゃんとついてるものを選んでみました。

トリマリンちっちゃっ_ブラジル (3)

まずピンク。
トリマリンちっちゃっ_ブラジル (5) トリマリンちっちゃっ_ブラジル (2)
王道かと。
グラム売りのお皿ですからクオリティを求めても仕方ないですが、表面の傷はありますが、割とクラックなどもなく素直に綺麗な濃いピンクで何気グラデーションが綺麗です。約1.5センチほど。

もう一個
トリマリンちっちゃっ_ブラジル (4) トリマリンちっちゃっ_ブラジル (6)

もう一つはバイカラーにしようと探していました。あんまり緑の強いのやわかりやすいバイカラーは今更感。ふと目についたのがこれ。グレーグリーン?という感じとピンクがうっすら縦にバイカラー。
綺麗なのかイマイチなのか微妙な気もしましたが、いかんせんいくら「綺麗なもの」とはいえ、どうしてもワタクシのガテン魂はこういうのに惹かれるので。

お買い上げ後のこの充実感(苦笑)
なんだか一人前の気分「ほら、私だってちゃんと誰が見ても綺麗なものが買えるのよっ!!!」
それってどういう充実感なんだか・・・。


三連休も終わりですね。
昨日はやはり疲れてしまい、洗濯や簡単な片づけを終えるとダウン;
夕方から録画と配信を見てまたダウン;情けない。
年末ネッ友さんからのお誘いのためにこれからネットでお店探し。

ヲタの話で恐縮ですが。
銀魂の「レン○ウ編」は傑作でしたー!!
世の中ではある種の問題にはなっていましたが、その部分もワタシ的には「それほど騒ぐものなのか?」という程度だったんですが修正後だったからなんだろうか。
あの程度なら「有名税」なんでは?というかそもそも一番問題だったのがなんなのか知らないのだけど。
そして本題はそんな部分とは全く関係なかった。
これ、30代後半以降でないと解らないから!面白さが。
夏冬の「茂茂」も相当なものだったけど、一応シモネタは好まない私ですが、銀魂ではかなり許してしまっているってどうよ(でも、その問題部分より定食屋のオヤジの葬式話の方が道徳的に問題あるような気がするんですけどね;)
今期では神楽ちゃんネタはいつも可愛らしく、ブルー霊子の野島○司ネタ(これも若い人わかんないってっ!!!)には大爆笑でした。あ、さっちゃんのメガネ話も笑ったわー。

さて、これから年末モードt。一年はあっという間。
comment (0) @ トルマリン

プルートゥ

2010/03/25
パキスタンのトルマリンクラスターです。

pluto_pakistan2.jpg

浦沢版「プルートゥ」ではなく、本家「史上最強のロボット」(でよかったか?)
あのプルートウを思い出し命名です。

これは「在庫処分」のお皿の一つ。でもみごとに目が合いました。
500円です。
トップのあたりは欠けているわけではないのです。

別角度

pluto_pakistan1.jpg

アップなど
pluto_pakistan3.jpg
pluto_pakistan4.jpg

なぜプルートウと思ったか・・・まぁ黒い鋼鉄のカラダとあの二本の角ですかね。
浦沢版は途中までしか読んでいないので、最後に出てきたというプルートゥの姿は知りません。
本家手塚のプルートウはアトムの宿敵でありながら、確かウランちゃんとの交流を通して自我にめざめ苦悩して最期を迎えた気がします。
未だにアトムのなかで人気の高い話ですね。
私は白黒アトムを幼心でリアルタイムで観て依頼のオタクですが、なぜか神様手塚に関してはブラックジャックくらいしかあまり好みません。
浦沢さんは最近は読んでないですね。「YAWARA!」と「MasterKeaton」は大変好きです。
Monsterになるとちょっとね;つらくて読み切れませんでしたが・・。

ああそれにしてもトルマリンにはあまり興味ないとかいいつつも、黒は結構持っていたりする。
まっすぐのびた頭がきれいに結晶した黒トルマリンも大好き。いつか放射状に伸びたクラスターも欲しいと思っていましたが、まさかこんな綺麗な逸品に出会えようとは。
ほぼ全面結晶したお気に入りクラスターです(高さは3.5センチくらいかな)
comment (2) @ トルマリン

墓標のごとく

2009/11/20
indicolite_bohyou.jpg

ブラジル・トルマリン。インディゴライトです。
なんだか墓標かなにかのよう。
廃墟だとか、石碑だとか、どうしても好きですねぇ;

「柱モノ初心者」の私にしては思い切ったお買い物でした。
でもなにしろ大好きなこのブルー。
indicolite_brazil.jpg

こんなんが全景でございます。もう少し透明感が出るように写すべきでしたね;
でも綺麗な色・・。実際はもう少し渋いです。
根本には小さい結晶が沢山ついています。
indicolite_brazil2.jpg

全長約4センチの別世界。
なにも説明なんていらないな。そんな気分になる一品です。

comment (2) @ トルマリン