インドコランダム

2011/06/17
インド産コランダム。赤いのでルビーっと。

ruby_india.jpg

樽型の小さいもので、均一のお皿から。にしてはなかなか綺麗でないのv

ruby_india (2)

ちょこんと「コブ」ができてるあたりはご愛嬌。このまま育っていたらにょっきりと二段になったんだろうか。折れた様子はない綺麗な結晶です。

最近石を買ってない。
高くないですか?最近石のお値段がっ。

春先くらいから感じていたんですけど、世の中円高とかなんとか言ってる気がするんですが、どこにその恩恵が?
それどころか「ええ?このクオリティならもっと安く買えたはず」と思うことが多い気がするんですが。
金欠病の勘違いなんだろうか。
ただ、いくつものショップ観ていても、以前より売れてないとも思うんです。先日のショーではだいぶ盛況だったようですがネットではそんな感じがありません。
強気お値段のせい?それとも逆に売れない→数少ない中で元を取るの負のスパイラルなんだろうか。

梅雨らしい日が続きますねー。
その割に部屋干しの洗濯物は結構乾く。これ不思議。さすが木造家屋は天然のエアーコンディショナー。カビも少ないし結露もしません。寒いのが玉にきずだけれど湿気が少ないのはありがたいです。
スポンサーサイト
comment (0) @ コランダム

焼き芋コランダム!

2010/06/06
Myanmar_corundum (4)

わーい\(^O^)/
やっと手にした焼き芋コランダムです。綺麗なブルーグレーと白系。
正確にはショーでの捕獲品ではありませんが、そこで受け渡ししていただいたし、らばさんからのリクエストで(^^)

おおきさは2センチ強ですね。立派だと思います。
そして形状も色も透明度も満足です。だって1,500円と700円ですよ?
Myanmar_corundum (5)

・・・・。ジュゴン???
透明感がうまく出たかなーと思い一応採用。
あとはサムネイルで並べておきます。

Myanmar_corundum.jpg Myanmar_corundum (2) Myanmar_corundum (3)

ただし、ショーでは本当に見かけませんでした。高くてでっかいの一つだけです。たしか12月の池袋ではお皿にたくさん盛られて売っていた気がしたのに。たまたまそのショップさんがいなかったからなのか、あまり需要がないのか、ここに来るまでに売れてしまったのか、ミャンマーですから治安にも左右されるのでしょうね。
樽型のコランダムならいくつか見ましたし、赤系はやっぱり人気があるのか、あの平たいタイプはたくさん出ていました。
本当はスタールビーのルースも欲しかったんです。でも満足できる大きさでは一万円!第二会場のブースではもう少し安かったのですけど、ルースならまた別の機会もあるだろうと諦めてきました。
樽型のコランダム2個入って500円というお買い得パックもありました。ちゃんと結晶のアタマは綺麗に出ていて、多少の濁りや傷はあっても色もも悪くない。さてどっちかいただいていこうかと5~6分は悩んでいたんですが・・・
「決まんないんでしょ。女の人はそうなると決まらないから他見てくれば」と邪魔くさそう。「そうですね~ほんと決まらないわ~」と二袋おじさんに渡すとさっさと取り上げて元の場所では無く手の届かない所へポイと。
なにそれ#と思いました。私が万引きしていくとでも思ったんですかね?気分悪っ#
「500円だし両方とも・・」言いかけた矢先の出来事で本当にいやな感じでした。
comment (4) @ コランダム

ロシアンコランダム

2010/03/19
russia_corundum.jpg

ロシアのコランダムです。
こんな美人さんがあんなにお安いのにさらにバーゲンで残っていたなんて、神様ありがとうv
別方向
russia_corundum (3)

綺麗に蛍光もいたします。あ、写真とればよかった;

russia_corundum (2)

綺麗な柱状ですね~。母岩とのコントラストも好きです。
ロシアというと「変」がまずきてしまうので「こんな普通に綺麗な標本もあるんだわ~」と思ってしまうのは鉱物好きの悪いクセ(^^ゞ

赤~ピンクのコランダムは割と観ますが、青は少ないですね・・。
なので観るとつい手が伸びます。
ミャンマーのコランダム魂・・・塊、T店以外でもゲット。なかなか結晶が大きめで美しいです。
明日撮影できたら先にアップしようかな。

さて、エイリアン2をDVDで鑑賞。大好きな映画です。
いやがる子供にも無理矢理見せる(結局最後まで喜んでみる奴)
ふと漏らした言葉「でもさぁ・・・主人公の気持ちもわかるけど、エイリアンの卵を焼くのはやってほしくなかったな」
うーん、まぁね。その辺は当時も賛否両論ありましたね。
でもあれは「母性」という本能VS本能の物語であって、そこにはもうなりふり構わない「気」のみの世界。
道理なんか吹っ飛んじゃってるわけですね。そういう風に解釈すべきでは?と感じます。
そこにベトナムがらみや人種差別的発想を絡めてしまうともはや娯楽作品として成り立たなくなってしまう。
キャメロンはインタビューで多少それに触れていますが、主人公とクイーンエイリアンの死闘はあくまで母性VS母性なんですよ。
もちろん冷静に考えれば卵に攻撃してるより逃げる方が先決です。でもそれが出来ない衝動。自然の摂理にも近い「本能」の戦いなんですよ(自然界には残酷と思えるこういった戦いがたくさんありますよね)
ハインラインの某小説に関してはもう少し明確なある種の意図を持って書かれていると言われます。まぁあの人はミスターアメリカだからねぇ;
comment (0) @ コランダム

なにぃ?コランダムだと?!

2010/03/15
ガネーシュヒマールのコランダム。

ganesh_corundum.jpg

赤青混在、つまりルビー部分とサファイヤ部分が同居しているんだそうな。
ガネーシュでコランダムが出るということ自体何となく意外。
ネットで見たとき、タイトルのごとく思わず叫び貸したともっ(刹ちゃん声で)

いやもちろんガネーシュヒマールだっていろんな鉱物が産出していると思いますがどうしても水晶!のイメージがありますもんねぇ。

ganesh_corundum (2)

青い部分が角度の問題で映るのが難しく残念。
でも、この「鉱物」っぽさが大変ツボの逸品です。
ようやく春の訪れでヒマラヤ地方でも買い付けが始まったようです。
夏前にはどんな石がやってきてくれるのかとても楽しみv

焼き芋型青いコランダム、プリ~ズ~(T_T)
comment (2) @ コランダム

コランダムっ!(通じないって;)

2010/03/04
ruby-zoisite (3)

タンザニアのコランダム。というかルビーインゾイサイドって奴ですね。
コランダムに興味を持ったのも最近で、まして「なんなの、これ?」」という程度の興味しか無く今まで全くスルーしていた石の一つです。
もっと黄緑との斑っぽいタンブルとか見ると個人的には「・・・・」という感想しか出てこない。
でも綺麗なものを選ぶとうーん・・・やっぱり違うのねぇ(写真の腕に関しては問わないでください;)

ruby-zoisite.jpg

まして自然光だと写りが本当に綺麗になる。
人工のライティングは石本来の色の表現とは違うと思いますね。蛍光を見るときや、ある種撮影での効果として当然ありですが、石を楽しむときにわざわざ必ず強烈なライティングが必須らしい人も中にはいるようですが。私はそんなもの邪道だと思います。

裏だって綺麗
ruby-zoisite (2)

黒に見えるけど、深い深い緑。ゾイサイドという鉱物についてはそんなわけで全く勉強してません;
一つ手にして気になると、つい他の産地も欲しくなる。こまったものだー;
comment (2) @ コランダム