ゴスロリにゃんこ

2012/09/09
拍手コメントくださったK様。ありがとうございます。
大変でした、ええもう本当に;もっとも事の発端の裏ボスが他にいましたのでさらにorz


さて。
ウクライナのビビアナイトです。
もうほとんど黒っぽくなっていますが、先端は綺麗に透けています。

最初はこの黒いフリフリビラビラをみて「おお~ゴスロリ~v」と思っていたんですが・・・

ビビアナイト_猫 (1)

ふと後ろ(?)から撮ってみた。

ビビアナイト_猫 (2)

ん?んんん???この雰囲気って・・・なんか・・・。

ビビアナイト_猫 (3)

にゃ~んv



さすがに夜は多少楽になったものの、連日暑いです;
早く涼しく・・・いや寒くなってくれないと和服が着られない。
この秋はどんどん着られるように、ウールや木綿を用意してあったのに、この暑さでは・・・。
ミンサー織の帯がとっても欲しいのだけど、綿なのに、半幅の普段着用なのに、たっ高い!高すぎる。もう普段のものというより工芸品扱いになってしまって、セールでも一万軽く超えます。
琉球といえば、紅型。いいなぁ。紅型の浴衣とか、半幅帯もとっても素敵。
素敵なものは高い。これ世の中のお約束。

和服も帯も何枚かリサイクルショップに持ち込む。
もちろんいくらにもならないけどあげる人も無く、捨てたりリサイクルではさみを入れるのはもっといや。
よくある「着物をリサイクルして洋服に」はどうも・・・あれねぇ・・・ちょっとね。
蛍ぼかしという柄・・染め方がある。不規則に不揃いの輪郭のぼやけた感じの水玉の柄。
これがとても好き。欲しい~

石と同じで買い始めたころは知識も少なく、結局失敗が多い。
人気がある大島は私には今一つだったし、どうしても洋服感覚で選んでしまう地味な色がらの帯は使うことはない。
単体ならとても気に入っていても、いざ、着物に合わせてみるとどれともしっくりいかない帯もある。
「その時、着ていくと決めた着物に合わせてそろえたほうがいいの。無難で万能なんてものはないですよ」
このアドバイスは本当だと思った。
でもそうやって選んだものが、実は他のものにもしっくりいったりするから不思議。
「とりあえず」でなく「必要とされて」購入したものはきっと張り切ってくれるのかも。

人もそうよね。
必要とされて、自分の価値が見いだせる。
もちろんそうなるためには、まず自分から。なのだけど。
スポンサーサイト
comment (2) @ ビビアナイト

座禅草?fromウクライナ

2009/12/23
Vivianite1_20091223173738.jpg


はるばるウクライナからヴィヴィアナイト嬢をお迎えしました。
例の掘り甲斐のある国産ブースだったのですが、なにやら妙な殻かぶってすましている黒っぽくもツヤツヤの結晶。
「んん?何?」日本語のカードと達筆な外国語カードがついてます。しかも値段が違いますけど。
店員さんに聞くと「これは古い値段だから・・・」といいつつも他も購入ってことで値引きしてもらいました。ありがとう。
後ろについているのは貝の化石だそうでとにかくよくわからないけど綺麗だから捕獲♪
本当は立てて撮影すれば綺麗なんですが、この鉱物の特性をTONGARIさんに聞いてもうびくびくもので撮影です;
光を当てないと綺麗に写らないし、でも・・・
うんなんとか透明感わかりますかね。
反対からのお姿です。
vivianite2_20091223173732.jpg

結晶部分の全長は3センチは届かない程度。殻を含めて3.5位?(いやもう撮影した後は怖くて箱の中です;)

アップで
vivianite_up_20091223173725.jpg

鳥の羽根のようでもありますね。もっと透かして見たり撮影したかったけど・・・この透明感がなくなっていくなんて。
深緑~漆黒のツヤツヤはそれはそれで充分美しいのですけど、出来ればもう少し、初々しい姿でいて欲しいです。
ヴィヴィアン嬢は今日も黒い箱の中で眠り姫です。
comment (4) @ ビビアナイト