蛍石:つるるんかんてん

2017/04/19
中国湖南省のフローライトです。
最近よく見る無色透明のあれです。

Xianghualing_フローライト3

うーん、無色透明で地が黒という写真泣かせ。
Xianghualing_フローライト4

クラスター自体のスタイルも良くて、結晶もとても綺麗なんですが・・・。
Xianghualing_フローライト1

ふたつのショップの数個で迷っていましたが、フローライトマイスターmomoさんのお墨付きで決定。
Xianghualing_フローライト2

どなただったかのブログでも読んだ気がしますが、この中心のファントム?ゾーニング?なんでしょうね??
Xianghualing_フローライト5

Fluorite 蛍石(ほたるいし)
Xianghualing Mine,Hunan Provunce,China


お休み宣言したわけでもないのに広告が出そうなほど時間が経ってました。
いろいろと、いろいろいろと・・・。

石フリマが少しずつ近くなって、今まではわりと軽い気持ちでいたんですけど「大丈夫なのか?自分」
むかし、いわゆる家庭の不用品持ち寄って青空フリマに参加したことが一度だけありました。
近所の駅前広場でしたが、結構売れましたね。ほぼ完売だったと思います。
一番売れたのは子供服でした。汚れがほとんどないもの、シンプルなもの、ブランド名があるものなどに限ったこともあって
値切られることもなくどんどん売れました。
コムサのアイボリーのカーディガンとかジャンパースカートでも1000円程度で並べたのでお得感はあったかもです。
そのころでもすでに素人ではなく「商売」で来ている集団もいて、そういうのありなのか??と思ったものです。
プロはプロとして別ブースにしてくれないのかなと。太刀打ちできない感がどうしてもあるんですよね。
「フリマ」という楽しみ方とは少し違う気がして。心が狭いといわれればそうなんですが。
中には安く買って行って、自分のところで高い値段を付けて出していたというパターンも。
いや~それはねぇ、せめて別の時に出してくださいよ;同じフリマでそれはないよねと思うのも心が狭いですか;
「あんまり安く出すとそういう人のカモになるだけだよ」
忠告してくれた友人の言葉に悩む。
でもねぇ、儲けたくて出すわけではない。でも気に入ってコレクションの一つに加えてくれるのではなく、最初から転売目的の
物色だとしたら確かにちょっと残念かもしれません。
自分だって売るんだから同じでしょうといわれると・・・ウウウ(´・ω・`)
その代り、購入時より高く出したりしませんから許してください。

半分売れたらかなりの万々歳という謙虚な気持ちで臨みます。
くつ箱さんみたいに素敵ディスプレイもできない、ほんっと、女子力皆無の出品です。すみません~っ
スポンサーサイト
comment (2) @ フローライト

蛍石:藍の洞窟

2017/01/07
イリノイのフローライトです。
肉眼だともう少し全体的に藍色っぽい印象。

フローライト_ミネルヴァ1

なかなか整った三角錐でどの面も綺麗。表面はマットなので透明感にはややかけるも上品な雰囲気で我が家では高品質。
フローライト_ミネルヴァ1 (2)

パープルの中に青のゾーニング。深い深い藍の洞窟の中に浸る。
フローライト_ミネルヴァ1 (3)

Fluorite 蛍石(ほたるいし)
Minerva No.1 Mine,Ozark-Mahoning Group,Cave-in-Rock Sub-District,Illinois-Kentucky Fluorspar District,
Hardin Co., Illinous,USA


池袋では結構イリノイのフローライト見ましたが、大きさ(4㎝のプレートに乗っています)と質を考えたらかなりお買い得価格だったと思います。
フローライトにこだわって収集しているつもりはないのですが、周囲に影響されやすいのでつい。
でもこだわる人が多いのは頷けます。ここまで色、形、大きさのバリエーションが豊富な石って類を見ないのでは?
柘榴族は色が豊富ですが大きな結晶はないですし、カルサイトは形状に関しては自由奔放過ぎますしね。
いろんな意味で鑑賞するのにバランスがいい石なんだなと。
クラウドさんにあった、まるで水晶のポイントのような形のフローライトも面白かったですね(干渉によって形成されたものでしたか?)

最近、娘がtwitterで石の写真をみながら「これ綺麗~」なんて言ってくるんですが、改めて人の好みとは面白いものだなと感じました。
娘の性格や好みからしてなぜそれ?と思うようなものに反応したりスルーしたり。
十人十色の審美眼で世界に一つとして同じものが無い石を選ぶ。
「出会い」とか「運命」とか、ほんと、まさにそんな感覚なんだなと思ったりしました。
comment (0) @ フローライト

蛍石:空と海の揺らぎ

2016/09/24
フランスのフローライトです。
池袋でThe1さんにて。

ブルーだけれど複雑な色合い。頂点のパープルゾーニング、ブルーのグラデーション、ひょっとしたら中央はイエロー?
フローライト_フランス20151204 (1)

黒バックで。イエローかなと思ったのは母岩の写り込みのようでした。ちょっと残念。
クラックも多いので優等生標本とは言い難いかもしれませんが「味」の品。
フローライト_フランス20151204 (2)

角度によってはイエローが入っているようにも見えちゃいます;;
フローライト_フランス20151204 (3)

海のブルーとクラックに反射する光が波のよう。もしくは空と雲と差し込む陽のような。
フローライト_フランス20151204 (4)

大好きなフローライト特有の「ゆらぎ」
フローライト_フランス20151204 (5)

Fluorite 蛍石
Clersanges Mine Saint-Pal-de-Senouire,La Chaise-Dieu,
Haute-Loire,Auvergne,France



あーサボりました。
でも鍵コメでうれしいお言葉いただいたりしちゃって今日は頑張っておだてに乗りました(^^)ノ

平日は張り切って写真撮ろうなんて気持ちに全くなれず。
一応石ブログのつもりなのであまりヲタ話で更新が続くのも気が進まずで遠ざかってしまいました。
帰宅後は最低限のことやってバタンキュー、そのしわ寄せが土日に来るので疲れた夏。
三連休は久々にダラダラ三昧しました。
もうね、シンゴジラ観てから心は持っていかれっぱなし。可愛いよ、蒲田くん、可愛いよ!
在来線がー!戦車がー!巨災対がー!
もう一回観たい!公式設定本も絶対買うから!税込1万は高いけど、でも1万じゃフローライト綺麗なの買えないから!
もちろんBDだって買いますよ!!
そして10周年記念ゼーガペインのBDBOXがついに一般発売で感涙。
通してみるのは5回目かな。観るたびの発見。涙。感心(感動というより感心!)

「君の名は。」は、新海の過去作には正直・・・以下自粛・・・なので評判いいですけどレンタルでいいかな。
「聲の形」はごめんなさい。個人的に嫌です。
共感できない内容を「京アニ風味」で感動ものに変換されてもね。テーマが同じでもオリジナルにすればよかったのに。
京アニ作品はよくできてます。よくできているし可愛いとも思いますが私にはあまりにあざとくて。
まさに「ふ・・・不愉快ですっ」といいたくなること多数。これは好みの問題なので勘弁です。
なんていいますか、宮崎監督引退後、ポストジブリを作りたくて必死の映画界。細田の次は新海、京アニそして次は?
細田も新海も「広く浅く一般的」な作風ではないはずなのにね。それを求めちゃうのは・・・。
んーでもクドカンとか三谷と思えばいいのかな。一般にも受ける個性派という枠。

そして驚きの「銀魂」実写化。
その豪華すぎる俳優陣になんとも。是非はともかく、そこまでそろえるなら何も銀魂でなくてもっと、オリジナルとか小説とか。
「アニメーションならでは」と「実写ならでは」の棲み分けをしましょうよ。
このままじゃ、どちらもなくなって「オールCG」になってしまいますよ、ほんと。
そろそろ「村上海賊の娘」とか映像化しそうじゃないですか??
ああ、神山版「精霊の守人」ファンとしては実写はしてほしくなかったです。小説ファンにはアニメも邪魔だったかもしれませんね;

さて、眼科行ってこなくちゃ。

秋晴れギブミー。
comment (0) @ フローライト

蛍石:薄紅のつぼみ

2016/05/18
パキスタンのピンクフローライトです。
昨年末の池袋でちょっと話題に。

本当にフランスかスイス?と間違えそうなピンク。
母岩付とずいぶん迷いました。たぶん自分的には母岩付の方だったと思うのですが、フローライトの達人様のおすすめもあってこちらに。

ピンクフローライト_パキスタン201512 (1)

あら、写真の隅に影が入ってしまった;
ピンクフローライト_パキスタン201512 (2)

似たような写真ばかり並んでしまいますが、面取りがちょっと変わっているのが解りますか?
ピンクフローライト_パキスタン201512 (3)

素直な薄紅の可愛らしいつぼみです。
ピンクフローライト_パキスタン201512 (4)

Fluorite 蛍石(ほたるいし)
Chumar Bakhore Nagr Pakistan


15日に浅草で開催された石フリマの話題がいっぱい。来年は行きたいです。
そしてみなさんすっかりブログよりTwitterなんですね。更新ないなーと思うブロガーさんたちもTwitterはまめに更新されていたり。
気が付くと思いっきり残され島状態(´・_・`)
ショーレポもリアルタイムでどんどん情報が流れていてすごいなと思います。
いろんな方の石が気軽に拝見できる楽しさはありますが、アカウント取るのはまだ尻ごみです。
今やパソコンとネットを利用していても「アナログ感」漂う私なのでした。
comment (10) @ フローライト

蛍石:小さきものの主張

2016/04/28
オハイオのフローライトです。

以前、どこかで見てほしいと思っていた透明の寒天にパープルのコアが入っているタイプ(あまり適切でない表現)
結晶は1センチ角にも満たない程度。
フローライト_オハイオ_201602151

でもとても綺麗。とても好き。
フローライト_オハイオ_201602152

表面の結晶具合。
フローライト_オハイオ_201602153

色の境目がくっきりしているように見えて、ちょっと角度を変えるとふわっ・・・というか、もやっ・・・というか。
フローライト_オハイオ_201602154

Fluorite 蛍石(ほたるいし)
Stoneco,Auglaize quarry,Junction,Paulding Co.,Ohio,USA



打ちひしがれた気分に癒しを求め「夏目友人帳」を一巻から読み返してみたりする。
ところが。
作者の出身・お住まいは熊本なんですね。
ご自身は無事のようで安心しましたが、この作品のゆったりとした緑豊かな舞台があの被害にあったと思うとつらくて仕方ありません。
あの愛すべき妖(あやかし)たちは、子狐は、夏目や藤原さん夫妻はみな無事なんだろうか。
田沼くんは?田沼くん!田沼くん~!!(おちつけ)
秋からの5期目アニメ化に向け、1期からのセレクション再放送中ですが、ここ数日、頭の中にはエンディングの「夏夕空」がリフレインしています。
comment (0) @ フローライト