水晶:水瓶の新月

2017/01/28
大好きなイタリアの水晶です。

アルプス水晶というと、スイス、フランス、イタリアとなりますが、なぜか好きなのはイタリア産まれが多いです。
偶然なのか、なにか違いがあるのか・・・??

くっきりしたエッジ、どこまでも透明、カテドラル風味。
水晶:イタリア (1)

透明ゆえに素人には綺麗に写せないのが悲しい。
水晶:イタリア (2)

高さ3㎝程度でも神々しささえ感じるの。
水晶:イタリア (3)

撮影して気が付きましたが、あらゆる面にレコードキーパーびしびしでした。
水晶:イタリア (4)

その中に濃く美しい緑の矢。
水晶:イタリア (5)

同じようなポイントは他にも持っているのに、さらに強く惹かれる理由は自分でもよく解りません。不思議。

Quartz 水晶(すいしょう)
Miage Glacier Veny Valley Monte Bianco Massif,Italy


今日は新月。旧暦のお正月的な水瓶座の新月。
よくないことは思い切ってぶち壊せ。再構築しよう!
そんな流れのはずだけれど、一歩間違えると怖い。性善説なんて信じていいのかとちょっと虚ろ。

♪いちなんさってまたいちなん  (初代プリキュアはとても面白かったなぁ)
なんとなく正月過ぎて平和に行くかと思えば、そうそう甘いもんじゃなくて、こんな気分の数週間で疲れました。
いや、過去形じゃなくて事は継続中だからな・・・。
だからこその水晶。そういう時はどうしても水晶を求めてしまう。
別になんのパワーじゃなくて、揺るがない聡明さとか、無色透明の存在感とかそういうものにすがりたくなる。

でもたまには「パワー」にもすがりたい。
断ち切ってください。悪いモノから。未来を見通せる安心をください。
スポンサーサイト
comment (0) @ スイス・フランス・イタリア

モンブラン手掘りの石

2015/02/18
フランス側モンブランの水晶。「ブラッククローライト付」とのこと。
某所で同じタイプのもっと大きいものがとても目を惹いていいなぁと思っていました。が、それは私には手が届かないお値段。ところが某憧れ店で感謝感激価格。以前見たものよりかなり小ぶりですが、そのまま小さくしたような姿です。

まず「やや正面」 背面にクローライトが付着。それが透けています。当然写りはうまくいきません;
フランスモンブランクローライト付1

クローライト側。こうしてみると、なんだかさえない姿に見えて残念;
フランスモンブランクローライト付2

実物は本当に綺麗なんですが。
以前手が届かなかったポイントも、実物は素敵なのに、ショップにアップされた写真はちょっと残念でした。そういう石なんですよね。損だなぁ(;ω;)
フランスモンブランクローライト付3

もう少し大きいタイプもあって迷いましたが、お値段だけでなく、こちらの方が気に入って決めてきました。
フランスモンブランクローライト付5

にんまり(*^_^*)綺麗。うれしいv
フランスモンブランクローライト付6

これは現地のお知り合いが採取されたものなんだそうです。
その時の様子なども聞かせていただきました。危険と隣り合わせのなか、丁寧に持ち帰って下さったそう。ありがたいことです。
それを思うと、確かに廉価なのは申し訳ない気も・・・本当にありがとうございます。


いよいよツーソンもののアップが始まっていますね。
どこを見ても例のあの「青いモノが入ったやつ」が乱舞。
大そうなお値段ですが、その中で某ショップが立て続けにかなり安くアップしていて驚き。そして当然ほぼ瞬殺。はっきりアップの時刻を告知しているわけでもないのにすごいなー。
もちろんクオリティはいろいろですが、これだけお求めやすい価格だと「テンバイヤー」の手に落ちていたらちょっと残念と感じてしまうのは誰にも言えない心の声です。
んー・・でもKUMA様のブログ「MineralTrip」でアップされたあの見事な原石を見た後ではどのショップのものも「えーこれでこんなに高いの??」などとパソコンに向かって生意気を申してみる。
ブームが一段落したころ、運が良ければ小さいポイントが手に入ったらいいなと、のんびり待つことにします。そういえば、あの内モンゴルの青いフローライトはいまだに縁がありません。これもそのうち、運が良ければ・・です。

さて、今年のツーソンもので買おうかなと思っているのはオレゴンサンストーン。昨年か一昨年のある即売会で最後に置いてきてしまったのがいまだにちょっと無念。複数個所で見かけたので豊作なんでしょうか。2~3センチ程度のラフが欲しいけれど・・・高いよね;やっぱり。

さぁ、石スキーたちの正月です。楽しみましょう。
comment (0) @ スイス・フランス・イタリア

謹賀新年:その先にあるもの

2015/01/03
あけましておめでとうございます。
相変わらずの自堕落ブログですが、ゆるゆると続けられたらと思っています。
気が向いたときに覗きに来ていただけたら幸いです<(_ _)>

池袋での一目ぼれ水晶です。イタリアのもの。55㎜くらい。
無色透明のピッカピカポイント・・・と思ったのですが、白バックにするとほんのりスモーキーかも。
まっすぐ天を示す姿。美しいです。

イタリア_水晶ポイント (6)
どこから見ても正面といいたい
イタリア_水晶ポイント (1)
「手に取る人は多いですが、初日は売れないと思いますよ~大丈夫ですよ」と店長様。確かに初日にダッシュのマニア向けでは無いのかもしれませんね。でもむちゃくちゃ私好みですよv
イタリア_水晶ポイント (4)
一度は「じゃ、一周してきますね」とその場を離れたものの、やはり頭から離れず。
心配になって初日に買ってしまいました。
イタリア_水晶ポイント (2)
綺麗
イタリア_水晶ポイント (3)
ピカピカ水晶といえば、アーカンソーとかトマスゴンサガとかありますが、私はイタリアが一番の印象です。不思議なものでそれぞれの産地でそのピカピカぶりにも個性がありますよね。
なんとなくイタリアファッションに通じるようなエレガントさも感じます。
イタリア_水晶ポイント (7)

購入はクリスタルワークスさんにて。いつもお世話になっています<(_ _)>最近は購入量も減ってしまってしょぼん;
どんどんレベルアップお値段アップになってしまっているのが残念ですが、それでも必ず「これっ!」という一品に出会えます。この水晶も優しいお値段。ありがとうございます。


さて、年末年始雑記。
娘と恵比寿へ。
恵比寿ガーデンプレイスの三越でずっと買い直したかった丼と湯呑を買う。
30日は今年も築地へ。昨年は痛恨の捻挫をした情けない思い出が。
相変わらず込み合ってます。昨年よりすごいかも。観光客の比率が増えている気がします。「場内」は本来プロの方のお仕事場。一般の人も入っていいけど観光用ではありません。なのでバイクも車も縦横無尽。
海鮮丼は去年の店の方が美味しかったかも。お刺身と昨年買って美味しかった伊達巻を買って築地本願寺によってきました。どう見ても洋風の教会風建物の中に荘厳なお寺装飾というのも面白い。宗教文化美術というのは本当に良いです。
元日はいつもの芝増上寺へ。場所もいいのにいつもそんなに混雑していないのが不思議。
ここでまさかの雪!都内で元日に雪!しかも初詣中ってこれ年甲斐もなくテンションあがります。
そのあとはそういえばまだ行ってなかったと思いついて池上本門寺へ。こんなに大きなお寺とは知らなんだ。ここでもまるで吹雪のよう!おおおお。お寺に雪ってなんて似合うんだろう。テンションマックスのおばさん。
帰り道、うちのすぐ近くにある小さい神社にもよってきました。願うのは世の平和。この国が間違った方向へ行かないように。「運」が努力に見合うものでありますように。
昨日今日はもちろん駅伝。毎年本当にいろいろなドラマの連続です。

・・・そしてもう月曜からは仕事なんだな;

戦わず、いなしていく強さを持ちたいと思う新年でした。
comment (0) @ スイス・フランス・イタリア

一応テッシンハビット

2014/07/20
横浜でテッシンハビット2号。アップするとなんだかピンボケに見えるんだけど??
「テッシンハビット」のイメージではもっとスッとしたレーザー形状が理想ですが、水晶の老舗専門店でラベルにもしっかりそう書いてあるので問題ないですよね。
これはそれほど大きくないのにテリテリツヤツヤ。わりと無造作に置いてあって「え?綺麗なんだけど・・・」と目を惹きました。
淡く色づいた感じ。横についているポイントも一瞬欠けてるのかと思いますが、実は違うんですよ。内部のクラックや内包物、色づいているけれどちゃんと結晶してます。

テッシンハビット1

とはいえ、メインのポイント一本だったら、逆にもっと高級感が出たのかもしれません。
テッシンハビット3

おかげで「風景派」(自己満足派ともいうー)にとってはありがたく廉価で購入できました(^^)
テッシンハビット2

これと一緒にもう一つ「テッシンハビット」っぽい透明ポイントも購入しましたが、それよりこっちの方が安かった不思議。そちらもスイス産ですが細かい産地の違いなのか、カードには「テッシンハビット」の記載はありませんでした。
でも値段の安いこちらの方がクオリティは高そうに思いました。

そう、これが、ある目利きのお二方も気にされていたという水晶(^^ゞ
ひょっとしてその女性のブログではないか?と思われるところで、逆に悩んで一周したらなくなっていた個性派水晶を発見!(キーズさんと出店していたところのあれです!)
ひょっとしてツボが似てますか???
いえ、それは失礼です。私にとってあこがれる素敵石がやっぱりその方の手に!という感じです。
なんて、全然違う方かもしれない・・・。今度どこかでお会いできたら思い切ってお聞きしてみます。よろしくお願いいたします<(_ _)>

ほんと自分はミーハーなもので、憧れのブロガー様にすぐ影響されたり、同じものを狙ってたなんて聞くと嬉しくなって仕方ないという「中身お子様」ですみません(^^ゞ


私は未だにあまり「2ちゃん」が好きではないので、進んで見に行くことはないのですが、時折検索結果で迷い込むことがあります。
鉱物収集を始めたころにも迷い込み、その時はなにか情報収集をと思って読んでいたのですが、なにぶん、ネットスラングの短文の連続の上、上から目線や誹謗中傷に近いものが多くげんなりして引き返し、「鉱物好きの人たちでもこんななのか・・・」と、以来さらに避けるようになっていました。
先日もある鉱物好きのスレッドにたどり着きました。
似たようなスレッドはたくさんあるのでしょうし、何年もたっているのでちょっと読んでいたのですが、嘘のように穏やかでおどろいた。
多くが純粋に「石好きー!」の書き込みで楽しそうでした。
思わず頷く意見も多くて、そうだよね、やっぱりそう思うよねと。
「マニア同士で気軽に物々交換やフリマできる場が欲しい」
「転売にまつわる云々」
「新宿の会場、何とかならないの?」
「鉱物の値段の基準って・・・」
「語り合う石友が欲しい。家族の理解がない」
いやもうほんと、思います思います。
私など、いまだに素人から成長がなく、ディープな鉱物談義には全くついていけないのですが、聞いているだけで充分楽しい。さらに、もっとライトに石談義できたらいうことないですよねぇ。
人間関係はとても不得意で、気の利いた会話ができず基本「ぼっち」という楽に逃げてしまう私ですが、好きなことを語る友人はありがたいものだとしみじみ思うのでした。
comment (4) @ スイス・フランス・イタリア

スイス溶けスモーキー

2014/07/13
USKさんで購入したスイスの溶けスモーキーです。
昨日は写真がなかったので・・・。

スイス_エッチングスモーキー2

高さ4センチ程度。実際の色はもっと薄くてこんなに赤みもないです;
わりと綺麗に柱の形が残っています。そしてさらにこの溶け具合。ツボですv
スイス_エッチングスモーキー1

後ろもごっそりと持って行かれています。けれど欠けてはいない。
スイス_エッチングスモーキー3

綺麗かといわれれば正直そうは言わないと思う。好きじゃなきゃ買わないタイプ。しかもあまり高額とは思われないかも。
スイス_エッチングスモーキー6

店主様いわく、スイスでこういう姿のものはあまり見ないということです。
スイス_エッチングスモーキー4

とてもお気に入りです。



今日はホリさん行かなかった・・・いけなかったよっ(>_<)
昼から娘を追い出して一人でたまった夏アニメの録画を見る。
今期進んで視聴するのは
残響のテロル
アルドノア・ゼロ
東京喰種
そしてとても楽しみにしていた戦国BASARAなんですが・・・うううーん・・・
作っているところが変わっちゃったしなぁ;どうもノリが違うんだよなぁ;うーん・・・

「残響のテロル」は久々のノイタミナ枠らしい感じ。さて、このまま名作となるかこけおどしで終わるか。
なにしろ音楽が菅野よう子ですから。もうOP、EDも抜群です(OPは女性ボーカルの方が似合う気がしましたが)
「アルドノア・ゼロ」今期のロボもの一択。あの虚淵さんなのでキャラの造形は可愛いが最初から気分的にえげつない展開もあり(なんかちょっとノイタミナ黒歴史のある作品を思い出してしまうのがいやですね)
この内容に「二足歩行ロボット兵器」が有効とも思えないけど、それを言っちゃおしまいなので;OPはどう聞いてもアップテンポのまどマギEDという感じです。
「東京喰種」原作未読。ぱらぱら見たけど作画が好みでなかった。ので、アニメだけで。このくらいのグロは仕方ないというか気にしないようにするが、主人公がいつまでもうじうじ泣き叫ぶだけだったり、化け物の派閥バトルに終始するなら切ります。

リヴァイ兵長の表紙でバカ売れしている女性誌「FRAU」例にもれず娘も買ったわけですが、独自の小説大賞と漫画大賞の特集でした。
読んでいて唖然。取り上げられていた女性向け漫画のほとんどを作者すら知らない。
自他ともに認めるヲタクだったはずなんだが。
自分の本棚眺めてもね、少ないですね。一般的に女性向けといわれる漫画は。要は恋愛が主体となっている漫画が苦手なんで。他の要素の中に恋愛展開があるのは自然の流れでしょうが、恋愛の成就や別離が最終目的の話はどうしても夢中になれないのです。
おのれの女子力の低さが情けないところです。

「海街diary」の新刊が出ました。安定の良い話です。実写映画化とか。配役がね・・・「それじゃない感」が半端ないです。
もっとさりげない女優さんでNHKのドラマにしてほしかったです。
こういうお話なら恋愛要素もまったく違和感ないのですけどね~

そして短い週末は終わってしまう。来週は3連休だ。頑張れ、ワタシorz
comment (0) @ スイス・フランス・イタリア