水晶:水瓶の新月

2017/01/28
大好きなイタリアの水晶です。

アルプス水晶というと、スイス、フランス、イタリアとなりますが、なぜか好きなのはイタリア産まれが多いです。
偶然なのか、なにか違いがあるのか。

くっきりしたエッジ、どこまでも透明、カテドラル風味。
水晶:イタリア (1)

透明ゆえに素人には綺麗に写せないのが悲しい。
水晶:イタリア (2)

高さ3㎝程度でも神々しささえ感じるの。
水晶:イタリア (3)

撮影して気が付きましたが、あらゆる面にレコードキーパーびしびしでした。
水晶:イタリア (4)

その中に濃く美しい緑の矢。
水晶:イタリア (5)

同じようなポイントは他にも持っているのに、さらに強く惹かれる理由は自分でもよく解りません。不思議。

Quartz 水晶(すいしょう)
Miage Glacier Veny Valley Monte Bianco Massif,Italy


今日は新月。旧暦のお正月的な水瓶座の新月。
よくないことは思い切ってぶち壊せ。再構築しよう!
そんな流れのはずだけれど、一歩間違えると怖い。性善説なんて信じていいのかとちょっと虚ろ。

♪いちなんさってまたいちなん  (初代プリキュアはとても面白かったなぁ)
なんとなく正月過ぎて平和に行くかと思えば、そうそう甘いもんじゃなくて、こんな気分の数週間で疲れました。
いや、過去形じゃなくて事は継続中だからな・・・。
だからこその水晶。そういう時はどうしても水晶を求めてしまう。
別になんのパワーじゃなくて、揺るがない聡明さとか、無色透明の存在感とかそういうものにすがりたくなる。

でもたまには「パワー」にもすがりたい。
断ち切ってください。悪いモノから。未来を見通せる安心をください。
スポンサーサイト
comment (0) @ スイス・フランス・イタリア