新宿収穫報告:沸石

2014/06/09
メソライト&スティルバイトです。手書きのカードには「Denmark」ほんと??それはお初かも。
購入したのは池袋でも一応毎回覗いているドイツのショップ。以前、とんでもなく安いグインデルがあったところ(だと思う。たぶん)
ケース内からちょっと目線を下に移すと大きな箱の中にいくつもケースに入ったものが。なにげにみていたらこれ!うっわー、これこれこれ!!!

メソライト_スティルバイト1

だいぶ前に某ショップさんにこれの豪華版が手の届かないお値段で出ていたのを今でも覚えています。それの超ミニ庶民版。ええ、つまりめちゃくちゃ私向きってことですから(´∀`)
メソライト_スティルバイト2

こうしてみると、バキバキに折れてしまった跡が悲しい;でも全部そろってたら私には買えないもんね;針の途中にスティルバイトが刺さっているのも、かの高嶺の花標本と一緒です。
メソライト_スティルバイト3

綺麗だー。好きだー。うれしいー。アクリルケースにしっかり固定されていたので持ち歩きも安心でした。そのかわりはずすこともできません。とにかく最初に写真撮ったらもうやたら動かすまいと・・・。粗忽ものなのでいつボッキリやってしまうかハラハラです。
メソライト_スティルバイト4

三千円台なんだから・・・と思いつつダメ元でお願い。端数取ってくれちゃいました;値切っておいて本当にいいのかと冷や汗。おじさんありがとう(T_T)

今後は(前からだけど)びんぼーコレクターによる、びんぼーコレクターのための「私はいかに安く手に入れたかレポ」に徹していきます!
そして今回「買わずに帰ってきちゃったレポ」
マックネイルさんのフローライト入り水晶DTポイント。これ、ほんと欲しかった。フローライト入りは持ってないのでいつか手に!と思っていて、しかも大好きなDTポイント。しかも買えない値段じゃありません。なのに決断できませんでした。地味石だったので、たぶん気が付かない人が多いと思うけど、もう・・・売れちゃったかな。次は池袋まであえないからもうダメだろうなぁ。
ケブラリーザ。一つ持ってるけど、ちょっと風情の違うモノを買おうと物色。後でもう一度みようと思って、そのまま忘れてきてしまった。思えば同額で買った「アレ」よりこっちを優先すべきだったかとちょっと後悔。
ホリさんの四角い結晶のオルミアイト。カリフラワーみたいなのは持ってるけれど、この形も欲しいと思い、お値段も安かったので候補にいれつつそのまま。それとバイカラーのフローライト。
カバンサイトと書かれていたペンタゴンちゃん。母岩の隙間に見事に伸びた青く長くまっすぐな結晶は綺麗だった。今思うと買うべきだったかも。
ホリさんの向かいの小物をいろいろ置いていたショップで溶けマリンと溶けクンツアイトとても綺麗でした。三桁~数千円。
国産では乙女のなかなか綺麗なポイントや、どこだったかな・・・コロンビアレムリアン並みに美しい小ぶりのポイントもありました。あと沸石でいいのが。みんな1,000~2,000円程度。
以上合計約25,000円くらいですね。そんなものですが買えない悲しさ。

それから、そもそも高くて買えないけど心残りなのは
USKさんのエッチングスモーキー、きれいなチビファーデン(これはこやまさんが買われたそうです)小粒の無色透明フローライト、母岩付スイスの淡い色のスモーキー。
クラウドさんの例のダイヤはともかくも、パキーンと透明の内モンゴルフローライト、ピンクトパーズ、ブルーの階段状フローライト、濃い色合いのアクアマリン・・・
アメリカのkristalleのそれとこれとあれと・・・
こちらを合計したら少なく見積もっても「0」を増やしたくらいにはなる模様。

新宿ショーは海外のショップがたくさんくるからというのかみなさんのご意見。
たしかにそうなんですが、英語もできず、予算もない私は、積極的に海外ショップには近づけない。ちょっと覗くとなにやら解説してくれるのですが、ごめんなさい、文章でいわれるとわかりませんっ肝心な単語だけをいくつかポイント絞って言ってください!的な。情けないです。
中にはとっても丁寧にゆっくり指さしながら教えてくれる方もいます。うれしい。なのに買わないとものすごく申し訳なくて落ち込みます。なので本当に買うつもりでないと近づけない(こうみえて意外に気が小さいんですよっ)
国内外とわずショップの方は慣れっこなのでしょうけど、ほんとにいつもいつもいろいろお話してくださるのに買えなくて申し訳ないです<(_ _)>

と、言い訳で終わってしまったりする。
スポンサーサイト
comment (0) @ 沸石

沸石ミニコラボ

2014/02/12
ソーダ沸石と方沸石のコラボです。
小さなサムネイルボックスに収まった、可愛いはりはりv

ナトロライト_オーストラリア1

うーん。やっぱり肉眼の方がずっと綺麗。
もっとほわんとしたピンクのウサギの尻尾。
ナトロライト_オーストラリア2

サムネイルサイズかわいいな。
コレクション始めたころは5センチ立方体サイズが一番好きだったのに、置き場所の問題覗いてもだんだん小さなものを好むようになってきました。
無色透明の水晶クラスタやポイントはちょっと大き目が見栄えしますけど。
テッシンハビットが欲しくなって探していますがなかなかないですね(ええ、お値段関係なければ見つかりますが)
ところが、先日引き出しをごぞごぞ探っていたら、あったんです。一個。
購入した時は「わ~い!スイスの水晶~vvv」としか思ってなかったので、今更ネームカード見てびっくり。でもそんな高かった覚えはなし。まぁなんですか、5センチ程度で表面には雲母?だかがキラキラとまぶされているような感じ。美しきテッシンハビットのイメージではないのでしょう。中は綺麗なんですけど。
今年、一つ手にできるかな。


オリンピック。
お願いです。あんまりメダルメダルいうのはやめましょうよ。
そもそも本当にそのレベルかどうかも分からないのに「代表=メダル」みたいなプレッシャーはあまりに酷です。その人の性格によってはもちろん励みにもなるでしょうが、今回特にまだ10代の選手も多い。これからなんですよ。ここで妙なプレッシャーやトラウマで小さくなってしまったら可哀想です。
ことさら屋外のスポーツは気候などにも左右されて当然。本人の努力ではどうにもならないことだってあります。
確かにだいぶ前の大会で、やたら「楽しめたからいい」という開き直り的発言を連発していたことはあまりいい感じはしませんでしたが、それでもプロではないのですし、重圧だけでいい結果など出ないです。好きなことを好きだといえること。ワクワクしながら臨めなかったら次へつながらないです。それは苦難を乗り越えることとは別問題です。
世界の上位三人に入らないと意味がないですか?
それがむしろメダルと遠ざけるとわかっていても無理をしないといけないですか?

「ダメ元で挑戦」が美徳とされる日本。なのに、出るならメダルの重圧をかけるおかしな状況。

モーグルの上村さんが「メダルに届かなかった悲劇」ではなく「これだけの間、第一人者として頑張った」こと、「順位を上げてきたという快挙」こそ、語られるべきと思うのです。

せっかくの晴れ舞台です。のびのびと挑戦を。
そして失敗も含めて「こんなに楽しいよ!やりがいがあるよ!次は君の番だよ!」というメッセージを世界に!
comment (0) @ 沸石

座禅草

2013/07/02
インドの剥沸石(はくふっせき・・でいいんですよね;;)です。エピスティルバイトですか。
何度も書いてますが、日本語名に振り仮名がないケースがあまりにも多い。
日本語読めないのか!といわれそうですが、そうはいっても結構悩むんですよ、これが。ショップのみなさん、研究家のみなさん、なるべく日本語の読みも書いてください(T_T)

剥沸石_インド1

パッと見て「座禅草」を思い出したんですが、実際の座禅草を見ると全然違うなぁ(=_=)

剥沸石_インド3

以前はさほど興味のなかった沸石。今はラヴv
じらじらと反射する水晶も綺麗です。

剥沸石_インド2

なんとなく思うんですけど、アポフィライトってどうも沸石っぽいイメージなんですが。沸石とよく共生してますよね。でもアポフィ自体が沸石に似てるよなぁ~って、これまたあまりにも素人感想でしたか(^^ゞ


おまけ。
ヤマモモ

なんの石???

ヤマモモの実です。かわいいvv



今週はフランスのショーからの買い付け品が出るでしょうか。どうなんだろうなー。何があるのかなー。
あの産地の水晶はあるだろうか。
あの結晶はどうだろうか。
わくわくしますねー。



そして、今月から「夏アニメ」
新たに見ようと思うのは数本。この春は三本あったメカものも、継続1本に。

ガルガンティアはラストでチェインバー・杉田がいいとこ全部もってったな(笑)
マジェプリは今後も楽しみです。キャラの造形に「・・・・・」な部分はあるんだけど、むしろこういうのが大人向けにさえ思える最近のアニメ事情。
今期安心して見られそうな新番組は「銀の匙」「物語シリーズ二期」「有頂天家族」かな。
現れよ!ダークホース~!!
comment (2) @ 沸石

ちくちく

2012/11/12
本日はアメリカ・オレゴンからのメソライトです。赤レンガのお持ち帰り品。
先日、それは見事なメソライトを見たばかりなんですが、まあそれはそれとして私は庶民的なこちらを愛でることにいたします(^^ゞ

メソライト_オレゴン (1)

サムネイルサイズ。お値段もとてもサムネイルサイズ。
なんとか細い針が写ってくれた。いい子だー。

メソライト_オレゴン (2)

母岩(いやこれもメソライトか;)にパラパラと見える粒は単なる土や埃なのか、違う鉱物なのかナゾ。
一瞬ただの白いギザギザ沸石に見えるのだけど、目を凝らすと綺麗な針がたくさんでした。
ケースからだして撮影するときに、針に触れた。
「わわっ折れた??」あわてたけど大丈夫。そんなに強く押したわけではないけれど、ぽきっとはいかずちゃんと湾曲した。弾力があるんだ~となんだか感心(^_^;)

色の薄いものが続いたな。
鮮やかなものも出さないと。

タケダさんのところで中国のフローライトが大量に出ていますねー。
最近この産地のはあちこちで見ます。きれいだけど高い(当家比)妙に高い(あくまで当家比)ものすごくいい標本がずば抜けて高いのではなくどれもこれも比較的平均して高い。これはつらいorz
2~3、お手頃と思われるお値段でかわいいのがあったけど、いいなと思うと一万超とは・・・。
ブーランジェ入りのフローライト、赤レンガの時に某店ですっごく欲しくてしばらく見てました。
単品なら買ったのだけど同じ中国でも産地違いのものと三個の抱き合わせ販売。それはちょっとな;
一つだけ欲しかった。残念。

ある程度いろんな石が手に入って「今回のショーはこれを探す!これを手に入れる!」という意気込みでもなくなった。
そういう意気込みは値段の、質の良いものへのシフトになってしまう。それこそ理想的な方向なんだと、目指す方向なんだと思っていたけれど、うーん、本当にそうなのかなとも感じてしまって。

・・・なんだか自分でも何言いたいのかわかりません;
ようは迷走してテーマが見つからない。見つかっても追いつかないってだけのことでした。
comment (0) @ 沸石

ひれひれしっぽ

2012/08/04
原石より、磨きもの中心のショップだったのですが、ふと目に入った。
ドゥルージーの上にちょんと乗っかった輝沸石。扇状にひらっと。
魚のひれや尻尾のようにきらきらひらひら。

輝沸石_インド  (3)

上手い角度で撮れないのですが、見た目のバランスがとてもきれいで可愛い。
他はドゥルージーだけで、沸石の乗っかってるのはこれ一つ(残りだったのかな)

輝沸石_インド  (4)

透けるわ反射するわ、ピントが;

輝沸石_インド  (2)

沸石はあまり興味のある石ではなかったのですが、以前アップしたある沸石を手にした時からいくつか購入しました。凝りだすとこれも止まらないかも(^_^;)
あ、そうそう、この姿。シドニーの有名なあの建物をちょっと思い出したりしました。
comment (2) @ 沸石