バルバトス、大地に立つ

2015/10/12
久々のガテン。
ブルガリアの十八番、ガレナ・パイライト・閃亜鉛鉱の共生です。
購入したのはだいぶ前の池袋か新宿か・・・。記憶が・・・。

ブルガリア_ガレナ他 (1)

ええ、やっぱり綺麗ですね、いいですね、萌えますねっ
角度によって、パイライトに光が反射して「ヴォゥウンン」ってザクのモノアイのようぅぅぅ~(´∀`)
ブルガリア_ガレナ他 (2)

大地に立たせたかったが転がった;
ブルガリア_ガレナ他 (3)


このところ石ブログじゃなく、石の写真付ヲタブログですみません;以下またヲタ話になるので興味の無い方はスルーしてくださいね;


キービジュアルで期待していた「機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ」
おじさんおばさんにとっては「お!ボトムズ?ダグラム?」みたいなドキワク感。
とはいえ、設定からしてもうつらいことこの上なし。皆さん似たような感想(いや、おそれというか)をお持ちですが、ねぇ?2話まで見た感じではどうしてもオルガ敵対ルートや、EDが涙で見られないルートのフラグしか見えてきません。

それとは別に「非正規雇用の過酷労働」というこれ以上ない「現実的」な始まりって・・・。
「OO」での宗教を語った少年兵も対外ですが、さらに暗く重いものを感じます。特定特殊なものでなく、もはや程度の差はあれ先進国にもある問題。しかも、今後の現実世界が、むしろ本当にこういう極端なことになりかねないんじゃないかという恐ろしさすら感じます。子供を酷使したら未来がないってもっと単純なことに気づこうよ;

とりあえずそういうことはおいておくとして。

伊藤悠さんのキャラクター原案の味をもう少し活かしてほしかったなと。主人公やビスケットくんは伊藤さんの色が見えますが、敵将校などはなんかもう普通にいろんなところで見るアニメキャラになってしまってちょっとつまらない。
さらにこの世界観から派手な宇宙戦へ持って行ってしまうのが今の段階では違和感ありありです。
「ガンダム」と冠を付ける以上「大気圏突入」は、もはや「義務」と言えるイベントですけど~。
今までは自然発生(進化)としてのニュータイプに対し、人工的強化人間兵とのあれやこれやがテーマになっていたわけですが、今度は逆にはじめからナノマシンを強制的に埋め込まれての操縦能力という悲惨さ。
そのからの天然ニュータイプへのながれにするのかどうなのか。
個人的にはニュータイプ表現はあまり好きじゃないのでそんなに超越した特殊能力どうこうじゃなくやってほしいです。でも・・・それが「強制的に埋め込まれたナノマシン」では・・・あまりにも・・・

この世で一番恐ろしいのはやはり人間であるという結論か。

2クールX2構成とも聞いた気がしますが、ここはじっくりしっかりドラマを作ってほしいところ。
メカは量産機はとてもらしくてよいのですけど、今後出てくるであろう「櫻井」や「松風」の機体が派手派手なんでしょうかね;
「火星」とか「無表情な主人公」「余計なことしてくれたお姫様」「貴族趣味の敵」など某アルノドアとかぶる要素もありますが、企画自体は「AGE」より前だったとか。うーん、不運かな。



語りだすとムカついて大長文になるので三行に留めますが・・・。
某アルドノア。近年まれにみる不愉快なアニメだった。その気持ち悪さは「フラクタル」や「旧作鋼の錬金術師」に次ぐかもしれない。
スレインの末路たるや、もういくらなんでもそれはないだろうという陰湿さ。それが本当に姫が託した「スレインを助けて」やった結果なのか?こんなむごい扱いは「死」どころではない屈辱であってなんの助けでもない。正しく戦犯として裁かれた方が情けがあったはずだ。「事実」はもう証明しようがない状況で汚名返上は無理にしても、姫を守るが故の(結果間違ってしまったが)行動に徹した彼を「姫暗殺容疑」として死んだことにされ一生投獄。すべて「ボタンの掛け違いの末路」だったのに。あれではスレインがあまりにも哀れでならない。ねぇ?姫様、理解しています?これで、スレインは救われたんですか??彼が最も望んだことと正反対の汚名を着せられ死んだものとして何者でもないまま本当の死まで牢獄にいるんですよ?
・・・ぐぬうう・・やはり三行では無理だったorz

「血界戦線」最終回。
えっと。そういうのを求めていたんじゃないんだが。
そんなかわいいロマンチックなものじゃなくて、もっとがっつり「クラウスとゆかいな仲間たち」のどっかんバトルを観たかったんだが。
あまりアニメアンチはしたくないのだけど、これは普通に原作通り進めてくれた方が良かったんじゃないかと、最終回の1/3あたりでどうでもよくなってしまいました。
スポンサーサイト
comment (4) @ ガテン系(趣味の命名・金属系)

蟲の化石

2015/05/24
いただきもののカザフスタン産自然銀です。


「どうです?姿そのままの蟲の化石ですよ」
といったら、化野先生は喜んでくれるかしらv

自然銀_カザフスタン1

何せ小さいので大きく取ると周囲の埃が;;;
でも壊れたら嫌なのであまり動かしたくないし。
自然銀_カザフスタン2
自然銀_カザフスタン3

ついわかりやすいモノばかり購入してしまうので、こういう渋い系は後回し。なのでご厚意によりいただいたりすると本当にうれしいvありがとうございます。

「蟲師」特別編「鈴の雫」を観ました。
本来は普通にTVシリーズとして放送してくれたらなぁと思わなくもないですが、作者やスタッフに感謝をこめてお布施鑑賞。
作品が作品ですから比較的席も空いていましたが、意外にも男性が多い。私は20代後半~40代の女性がほとんどかと思っていたんですが。
初老の方もちらほら。作品の良さはもちろんですが、鑑賞後周囲から聞こえてくる話し声を拾っていると、なるほど「映像」や「音響・音楽」への興味から来ている方も多いのですね。それは納得。
カヤの純朴かつ妖艶でもある雰囲気も良かったですし、劇場公開を前提としているからといって妙な演出過多もなく淡々と原作をよさをさらに追及した珠玉作でした。
これで原作すべてを映像化(それも忠実に)というのはすごいことですね。
出来れば今後も数年に一度とか、単発で新作を出してほしいです。
原作もまた一気読みしてみたり。うん、これでもうお仕舞はもったいないです。

アニメでだいぶ話題の「血界戦線」も原作読んでみました(それよかトライガンマキシマム途中までしか読んでない~!)
原作派には言いたいことも多いでしょうが(私も多くは原作派なので)でもまぁ、これは成功しているといってよいでしょう。EDは本当にくせになりますねヽ(^∀^)ノ♪

あれこれあわただしく過ごしていたら、もう五月も最後の週ですよ;
新宿は行けるか微妙。そういえば昨年はものすごい豪雨で大変でしたっけ。
7月の横浜どうしようかな・・・。
comment (0) @ ガテン系(趣味の命名・金属系)

新宿収穫品:パイライト

2014/06/16
モロッコから「ブラウンパイライト」だそうで。
たしかにチョコレートのようなブラウンのパイライト。でもこの名称って「通称」?
ブラウンパイライト_モロッコ1

「姿の良いパイライトとか欲しいな」なんて思っていたらいきなりの遭遇でワタクシ価格だったので小さ目をチョイス。
ブラウンパイライト_モロッコ2

ころろん。可愛いです。古い金属光沢のようでもあり、旧家の歴史を感じる木片のようでもあり。
ブラウンパイライト_モロッコ3


膝の痛みはちょっと小康状態。
ところが慢性化している腱鞘炎がなんとなく悪化。発作を起こしてるというか。
ここの所、ほんとに仕事忙しくて、始業から気が付くとお昼、気が付くと5時、さてそこから夜の部。という感じでした。ストレートネックからさらに悪化して頸椎が逆に反り返っていることがわかって、この肩こりもやっぱり病的なものだった。腱鞘炎も肩こりと無縁じゃないらしい。
土曜の夜から両手を並べると明らかにわかるほど右がむくんでいる。重く痛む。日曜安静にしてどうにか仕事はしてきたけど、今も少し打つと手を休め・・・という感じ。15年くらい前に一度どうにも腕が動かなくなって以来の強い痛みかも。やれやれ。あの時は親指の付け根でペンを何とかはさんでそれでキーをゆっくり打っていたっけ。
子供はようやく小学生で、とてもクビになるわけにいかないからひたすらごまかしごまかし乗り切った。
でもねぇ;それもまだあの年齢だからできたんだろうな;
日曜に石の写真を撮っていても、ひじから先にどんどん何とも言えない痛みと重さが増してカメラを持っていられない。そんなんでも掃除して洗濯して・・・なのにこのアホ娘!だらだらすんのもいい加減にしろってんだ!うるぁぁぁぁ~!!!!
comment (0) @ ガテン系(趣味の命名・金属系)

遠征の守り石

2012/12/10
スタウロライト(十字石)です。
背後のラベルでさりげなく購入店アピール。黒いおしゃれな箱のあのショップです。ええ、一番安かったんです;でもちょっと珍しくもあったので。
産地はお馴染みロシア・・ではなくフランスなんですね。初めて見ました。調べるとロシア以外にも何か国もあるようですが、私はロシアしか持ってない。60度の母岩付と90度でほとんど母岩のとれた小さいもの。
フランスも初めてですが、こういうタイプも初めて。画像検索してみても一見では見当たりませんでした。

スタウロライト_フランス (1)

母岩があったような跡は見られず。でも立派な六角形。太さ1センチくらいあります。
スタウロライト_フランス (2)

表面はいくらか金属光沢のような面を見せています。これを「ガテン系」にいれるか未分類に入れておくか迷いましたが、風格といい、さびれたながらも力強さといったらガテン魂ってもんです。
スタウロライト_フランス (6)

USKさんは実はごく最近知りました。出展リストのリンクを回っていて「なんかオシャレだなー、美標本揃いだなー」でもショップの情報があまりないし、イベント以外ではどうしてるんだろうとポチポチやってましたら、ああ、なんとなくショーでこんなブースを見たことあるなと。どう考えても高級そうで外国のショップかと思い、見事に素通りしていました(^^ゞ
さらにポチポチしてましたら・・・おやん?これ見たことありますよ?ほほう・・・というものに遭遇。なるほど、やっぱり目利きの方御用達だったのですね~
そんなわけで俄然ミーハーな私は、ぜひなにか購入したいと今回覗きに行ってみたのでした。
いやぁ~目の眩むような美男美女標本がまるで黒いタキシードやイブニングドレスに身を包んでダンス会場に続々と現れたって感じです。なにしろほとんどが「あれ?ゼロが多いよ?(~_~;)涙で前が見えないよ?」
そんな中でなんとか買えそうな少数派に目星。そして綺麗なスモーキーと悩んだ結果、こちらに軍配。
標本は高級でも店主様は大変気さくなお兄様で安心しました(^_^;)
こうして、またショーで必ずまわりたいショップが増えていく。ううううう・・。


個人的には透明樹脂ケースで陳列、そのまま購入できるタケダさんや母岩さんのような形が一番好きです。ネームもケースにシールで張られていて、購入後にあれこれしなくて済んでしまう。そのまま引出にポン。ありがたい。
保管方法には本当に悩んでしまいます。
さらに新年の大事業(大げさ;)としましてデータベースに着手を考え、とりあえずエクセルにどんどんためて行こうかと思い・・・
・・・・・・・・・・。・・・・・。・・・(゜_゜;
えっと。しばし呆然。打ち込む項目だけでもいったいどうしたらいいやら;;;
最初は簡単なものでいいと考えていたが、経験からしても後で後悔することが多い。だいたい石を集めだした頃なんて、ネームカードすら捨ててしまっていたのだ(考えらえない暴挙)
ここで手を抜いて後で全部に項目を増やそうなんてことになったらどうにもならないじゃないか!
かといってあれもこれも入れていたらどんなん状態になるやら。
当然画像も付けて、できればある程度のところでサイトにしたい(もう4~5年ドメイン料払っているよね;)
だけど検索自由自在にできるようにしたいし、作る以上はある程度自分以外が見ても(初心者の)役に立つようなものは作りたい。
じゃ、データベースソフトをどこかで見つけて・・・いったいどんな?
昨日は半日格闘したけど先に進まず。そんなことやってるならふつうに写真を印刷して裏に書き込んでアルバムにしておくことを急いだほうがいいだろうか。
鉱物収集データベースソフトなんてのも見つけたけれど、詳しい内容が見られないのにあんまりダウンロードしたくないなぁ。
ブログをもう一つレンタルして写真とデータだけを入れていくか。でもそれだと検索可能な形でバックアップが取れないし。
皆様はどのように整頓、データベース化しているのでしょう?
なにか良いやり方のヒント、ないでしょうか??
comment (4) @ ガテン系(趣味の命名・金属系)

青の閃光

2012/05/28
アメリカの方鉛鉱です。
ちょっとイリデッセンス背負っておしゃれなのでガレナと書いたほうが似合います。

方鉛鉱_アメリカ (4)

実は標本のすわりがとても悪くて、一番綺麗にイリデッセンスの出る角度にじっとしてくれません。
固定用粘土はあまり好きでないので撮影でも本当は使いたくないのですが仕方ない。
上の写真は手前のイリデッセンスがわりとよく映った。
向こうの三角は・・・
方鉛鉱_アメリカ (1)
こんな感じ。
裏側だって
方鉛鉱_アメリカ (2) 美しきかな青い閃光。

そして煌めくパイライト。
方鉛鉱_アメリカ (3)

でも私が一番好きなのは
方鉛鉱_アメリカ (5)

こういうガテンな趣あってこそ。
誰が見ても綺麗なら私でなくてもいい。
これが私の好きなもの。
comment (2) @ ガテン系(趣味の命名・金属系)