青天の壁・礫

2014/09/03
セレスタイトなんだそうです。スペイン産。
・・・。なんだこれ?それが第一印象。
両端は接触痕のようです。ラフカットという感じでもないけど欠片というか「礫」といっていいのかな。
立てると壁のよう。いや、滝のよう?

セレスタイト_スペイン1

淡いブルーから白濁っぽいグラデーション。表面はツルツルで光沢もあります。
最長4センチ弱。厚みは1センチ強。
セレスタイト_スペイン2

何とも個性的。セレスタイトも実は個性豊かな石でありますが、こういうタイプは初めて見ました。
セレスタイト_スペイン3

背後からライティング。おお~!
セレスタイト_スペイン4

綺麗です(^ω^)
セレスタイト_スペイン5
スポンサーサイト
comment (0) @ セレスタイト

聖なる石もところかわれば

2010/06/26
トルクメニスタン産セレスタイトです。

Turkmenistan_celestine (3)

欲しかったんですよね。以前オークションで取れなくて。
リーズナブルなお値段でH店でお買い上げ。
でも翌日もっといいのがあったー(T_T)
とはいえ、このちょっと洞晶っぽいのが気に入っているのでいいかな。
セレスタイトといえばますあの薄蒼のマダガスカル産が思い出されます。
でも結構いろんな産地があるんですね。
モロッコとスペインとイタリアがそろったでしょうか。

Turkmenistan_celestine.jpg

灼熱の砂漠を思うような赤い母岩(何となく中央アジアの「これはイメージです」的発想)
そこに澄み切った聖水のような結晶。
Turkmenistan_celestine (2)

マダガスカルのような華やかさは無いけれど、砂漠に聖水はまさに天国。セレスティアルな空間でございます。

さて、本日はチケットをいただいたので東京ドームのナイターに出かけます。
20年以上ぶりですな。そのときも頂き物チケットでライオンズVSオリオンズだったかな。
球団も銀行同様やたら変わったのでなんだかもうよく覚えてません。
そのときはパリーグではあっても、先発が西崎と誰か結構スター選手だった気がします(若い人はもう知らないか;)
それよりさらに前に行ったときはまだ中学生くらいの時で「ドーム」では無かったですよ#
外野の自由席求めて炎天下早くから並びました。別に自分が見たかったわけではなかったが。

「ホームラン飛んでくるかなぁvvv」
娘よ、内野席に飛んできたらホームランとは言わないのだよ(-_-;)

comment (0) @ セレスタイト

天上の聖水

2010/01/17
celestite_cluster1.jpg

マダガスカルのセレスタイトは有名ですね。
一番ポピュラーなタイプ。これは左右が5センチ程度で大きな他のクラスターに隠れるようにありました。
でもその結晶の美しいこと。
剣状に伸びたタイプがずっと欲しかったので、多少豪華さには欠けますが手に取ってみる。
一番大きなポイントの先は残念ながらわずかな欠け。そして全体に色はとても薄いためにあまりグレードは高くないかもしれません。でも手にとってびっくり。見事なまでに欠損が見あたらず母岩の下も小さな結晶がきらきらです。

celectite_cluster2.jpg


脆いのが本当に残念なセレスタイト。天は二物を与えず?
comment (4) @ セレスタイト

セレスティアルストーン

2009/09/21
celestite_01.jpg

マダガスカルのセレスタイトです。
人気のある石の割に登場が遅くなりました。しかも全景もない;
セレスティアルが語源の石ですね。聖なる天空、天上。天国・・・はちょっと違いますね;



昨日は友人宅へお呼ばれで美味しいごちそう頂き帰宅してそのまま「ぐー(-_-)zzz」
本日は購入したBDレコーダーの接続設定といろいろ初期不良が無いかとか、BDとセルDVDとアナログレコーダーからの録画を見比べたりヲタクな休日。


そんな話はいいとして、石。
セレスタイトはどうしてももろい石ですからなかなか綺麗で痛んでいない結晶を持ったクラスターは稀でしかもお高いです。
写真の物は5X3程度の大きさで、色も結晶の状態もまずます。でも千円ちょっとでした。
セレスタイトは魅力ある石ですからこの薄蒼のタイプを4~5個、白い結晶のを一つ、
あと細長い針状のような結晶が密集しているちょっと珍しいものが一つ。



BGMは石川智晶「prototype」 まこと染みいる歌でした。
comment (2) @ セレスタイト