方解石:「誰も知らない」

2017/02/10
ルーマニアのカルサイトです。
最初見たときはヘマタイトの「アイアンローズ」かと思って手に取りました。
その色はブーランジェ鉱のインクルとのこと。

カルサイト_ルーマニア3

砂漠の薔薇っぽいですよね。
カルサイト_ルーマニア2

つやのある漆黒の薔薇。コサージュみたい。
カルサイト_ルーマニア1

Calcite 方解石(ほうかいせき)
Herja Mine Baia Mare,Romania


前回の水晶には拍手コメントでうれしいお言葉をいただき感激。
人は人、自分は自分といいつつも、自分の好きなものに同意を戴けたときは素直に嬉しい。
特に私はあまり多数派とは言えないみたいなので「観ていてくださる方はいるんだなぁ」としみじみ・・・
ありがとうございました。


このカルサイト。
どうしても頭に浮かぶはシンゴジラ。
遅れて購入したサントラを何度もリフレイン。
私はエヴァを真面目には観ていないので、例の「でんっでんっでんっっでんっドンドン♪」もゴジラの曲として楽しめてます。
映画の終曲や「在来線無人爆弾」で使われた昔の楽曲も心躍ります。
意外にもエンドロールの最後の曲がとても好きだったりします(暗くて派手な曲が好きなんですよ!)
とはいえ、やはり、秀逸なのは「Who will know」であることは多くの人が認めるでしょう。

曲の解釈としては普通に考えればあの大惨事で命を落としたたくさんの一般人の、決して物語の表には出ない悲劇。
その死の瞬間を誰に知られることもなく、その苦しみが浄化されることはないかもしれない。
「誰が知るだろうか」
ならばむしろ私は「誰も知らない」とこのタイトルを訳したい。

けれどあるブログでゴジラ視点の解釈が語られていて「人ならざるもの」に感情移入するものとして涙するしかなかった。
海の底で誰にも知られず平和に生きていたかったよねゴジラ。
こんなところに追い立てられて攻撃されて苦しくて・・・そんな風になりたくなかったよね。
そんなゴジラの心情など「誰が知るだろう」

誰も知らない

誰も知ることなく物語は終わったのだ。


「君の名は。」や「この世界の片隅に」とはベクトルの違う、「誰も知らない」悲しい物語。
そっちに惹かれてしまう哀れな人間です。

スポンサーサイト
comment (0) @ カルサイト

方解石:充実クリぼっち

2016/12/24
フローライトで有名なスペインの産地からカルサイトと水晶の共生。
池袋で購入したフローライトをアップしようと思ったのですが、せっかくクリスマスイブということでこんな形状のものにしました。

遠い遠い北国の雪と氷のツリー。
カルサイト・水晶_スペイン (1)

即売会で一目ぼれしつつ、その時はおいてきてしまい、その後のショーで連れ帰った記憶。
カルサイト・水晶_スペイン (2)

綺麗にまとまった美人さんです。
カルサイト・水晶_スペイン (3)

芯はテリテリの半透明カルサイト。
カルサイト・水晶_スペイン (4)

細かい水晶を纏っています。
カルサイト・水晶_スペイン (5)

Calcite & Quartz 方解石・水晶(ほうかいせき・すいしょう)
Jaimina Mine Asturias,Spain


最近よく聞く「クリぼっち」
そもそも、いつからクリスマスが誰かと一緒でないといけなくなったんだ?
もちろん、バブルの負の遺産ですけど。
今更「そもそもクリスマスとは」なんて言ってみても仕方ないことですからそれはいいとして、普通に三連休どう過ごすかと考えたら、それが誰かと一緒でないと呼び名をつけられてしまうというのもいかにも日本的。
少数派=変というレッテル貼りが好きな国民性もどうしたものかと。なのに飽きるのも早い。幼稚だよね;

連日お天気がいいし、曜日の並びで年末年始のお休みが短いので、当然プレ大掃除にはもってこいです。さて、また午前の続きをしないと。
娘は出掛けていないし(ただし同性とだけどね)とっても快適なクリぼっちの一日です(っていうと「強がり・ひがみ」ってレッテルになるらしい)

池袋前に軽いぎっくり腰になり、一度よくなったものの右足と腰がどうにもひどい。
結局椎間板ヘルニアとの診断で「重いモノ持たないようにね。中腰や前かがみもダメだよ」
そうだよね、でも重いモノ運ぶことは仕事上よくあるし、でも人に頼むの好きじゃないから困るなぁとぼんやり思いつつ、ふと思った。
「え。前かがみダメ・・・は?なにそれ、ミネショなんかダメってこと?再発したのあれが原因?」
ミネショいったら限りなく前かがみですよ?
膝を曲げてお尻突き出すようにして腰を丸くしないようにすることが大事だそうです。そういわれても(´・ω・`)
ショップのみなさん、テーブルもう少し高くしてくださると嬉しい・・・(´;ω;`)

家事でも前かがみはダメとか重いもの持つなといわれてもねぇ。ほとんどの動作がそれじゃないですか。
普段からきちんと鍛えていればよいのでしょうが、やれやれ。
とりあえず、これから昨日の続きでフローリングの目地やらレールの隅やら普段見逃しがちなところゴシゴシと汚れとりします。

で、早々にお風呂入って、フィギュア見ようっと。
男子三強は揺るぎそうにないけど、ハーフイケメンの日野くんも昨年の全日本からずいぶんうまくなったねと親目線(。>ω<。) ただ、この子、どうしても上半身が棒なんですよねー。スピードやジャンプはよくなったのだから次は表現力が課題なんでしょう。というかちょっとまだ自信持てないのかな。
今年はKGくんが頑張ってます。もっとイマドキ系の子ですぐ辞めちゃうかと思いましたが真面目なんだとか?体格もしっかりしてきたのでジャンプ決まると綺麗です。タイプとしては無良と似てしまうかな。そういえば山本草太くんは怪我でしたか?出てませんね。
ジュニアでは島田くんがちょっと気になりました。綺麗に滑る子だなぁと。スタイルも海外勢に見劣りしない。羽生っぽいといえばそうかも。
そしてしょーまくんは・・もうね、めろめろ(*´ω`) いいよいいよ、ドヤってもころんでも可愛いから許すよ。柴犬の子犬が野原で遊んでるイメージ(褒めてます)
さて、女子。さとこちゃんのほかはジュニア勢が結構来るんじゃないかという気も。
村上さんが今期はだいぶ苦しくて可哀想でした。うまく決まったように見えてほとんどが回転不足って萎えますよね。彼女はもっと元気で躍動する振付の方が似合う気がするのですが、、彼女に限りませんけど、どうしてシリアス系にこだわろうとするのか。
そのほうがどうしても審査員の受けがいいのですかね??
真央ちゃんの昨年の蝶々夫人も私はあまりいいと思わなかった。復活には一番彼女らしい曲と振りを選んでほしかった。笑顔のないプログラムで彼女の良さが半減して技術はあっても調子悪く見えてしまう。コスチュームもひどかったですしね;
私、若手では永井優香さん好き。今期はちょっと調子悪いみたいですが、まだ若いし、頑張れ。

あ、また石よりそのほかが長くてすみません;
comment (2) @ カルサイト

黒い森の白い樹氷

2014/07/30
偶然これも「黒い森」のカルサイトです。ドイツというだけでなんとなく手が出てしまう。
同じタイプで趣の違うものが3つありました。どれもみな魅力的で、迷いましたが樹氷が連なるような風景に惹かれてこれに決めました。

黒い森_カルサイト (1)

くるっと反対側から。
黒い森_カルサイト (2)

凍てつく冬の木々のような、羽のような。
黒い森_カルサイト (3)

一体どうしてこんな風に結晶したのか・・・。
黒い森_カルサイト (4)

「綺麗・・・」それ以外浮かびません。
黒い森_カルサイト (7)



夏アニメのイマイチ感がハンパない。
まぁね、たしかにいい歳してみるようなものじゃないんだからと言われればそうだし、深夜帯といっても対象年齢はミドルティーンから20代前半だろうから、これでも満足だったりするんだろう。
それは成長過程に訴えるものがあるから仕方ない。いくらワンパターンでまだこの展開なのか!と思っても、初めてそれに触れる世代には新鮮なのだし必要なものなわけで。いつの時代も一歳~二歳はアンパンマン、そのあとはトーマスでトトロで戦隊ものに行くのだ。
と、回りくどい言い方をしてみたけど、「アルノドア・ゼロ」の高評価が解せない。物語はこれからだろうが、この時点で騒ぐほどの出来なのか??「ポンコツ量産機での頭を使った作戦がいい」らしい。たしかに昨今の「特殊能力保持主人公無双アニメ」の乱立からすれば新鮮なんだろうね。もうしわけないがおばさんには物足りなさで一杯。でも今のアニメ界では虚淵を悪く言ってはいけないのである。大昔、海外SFを読むなら「ディックのファン」といわなければならなかったのと似ている(=_=)
comment (2) @ カルサイト

にゃんこinカルサイト

2013/12/10
オケナイト入りカルサイトです。
クラウドミネラルさんのfacebookでみて「欲しい~」と思ってました。
こっちと向こうにぽわんと入っているのですが、ピントが合わないよ;
いくつかあった中でこれを選んだ決め手は・・・。

オケナイトinカルサイト1

にゃんv
オケナイトinカルサイト3

にゃんこ♪
オケナイトinカルサイト2

それも、にゅっと伸ばしたにゃんこの手(肉球付)に見えてしまったんですよー(≧▽≦)
オケナイトinカルサイト4

原石派ですが、これはできるものなら磨きたい・・・!

にゃんこの手の高さ(長さ?)は約1センチ程度です。
もちろん、ウサギのようにもネズミのようにも見えますが、独断と偏見により「にゃんこの手」に決定です。
幅4センチ程度のカルサイトに合計3か所、オケナイトが見られます。
他の石は面にへばりつくように比較的広めに入っていて、どちらかというと白くもやってしまっている感じでした。一つ長くしっかりと貫入しているものもありましたが、さすがに高価で、しかも磨かないとなかなかその見事さを感じることが難しそうでした。
丸っこく入っていたらそれは最高ですが、でもねvにゃんこvvv満足です(´ω`)

カテゴリはカルサイトか、オケナイトか、はたまた・・・。
まぁ、占める割合でカルサイとってことでいいでしょう。

ほわほわに見えるこんなものがどうして固い石の中に・・・。
今更ではありますが、ほんと、不思議です。
comment (0) @ カルサイト

ぼんぼりつぼみおてだまふーせん

2013/02/04
ダルネゴルスクのカルサイトです。

ぼわ~ぁぁぁぁん
ダルネ_カルサイト (3)

ぼぼぼ~ぉぉぉん
ダルネ_カルサイト (2)

どどん
ダルネ_カルサイト (1)

面白いですねぇ
椿やボタン、シャクヤク系の花のつぼみのようにも見えます。
高さは2センチ程度。少し前にアップした「エリンギカルサイト」と並んで、今回のお笑い素朴系とでもいいましょうか。
可愛いですv
comment (6) @ カルサイト