ブラジル石:今、黄色というと

2016/06/26
ブラジルのブラジル石です。
ブラジリアナイト。この「そのまんま」感

燐酸塩鉱物・・・なんですか。そうですか(*_*)←そういうの無知。
ちょっと綺麗なのが廉価であったのでいくつか物色。そのなかに大好物の「両頭」

ブラジル石_20160625 (1)

2センチに満たない小さな両頭ですが、透明度もなかなか。
ブラジル石_20160625 (2)

中央の「ザリザリ」は残念ではありますが、このお値段なら文句ないな。
ブラジル石_20160625 (3)

いつもながら写りはよくないですが、今月もあまりにアップできなかったのでとりあえず(こういうのが後で後悔になるのですが)

控えめな淡いイエローが綺麗。

Brazilianite ブラジル石(ぶらじるせき)
Linópolis, Telirio Minas Gerais, Brazil



最近、黄色で尖がったものを見るとそこはやっぱり
「わーたーしーがー来たぁっ!」と思わず叫んでみたりする。

流石にこれには嵌れないだろうと、全然読みもしてなかったんですが、アニメで結構楽しんでる「僕のヒーローアカデミア」
王道バトルで、しかもあまり好きでない異形とアメコミ調?なので、スルーだったんですが。
結構単純に面白がってます。
少年少女たちも良い子が多くて、先生キャラも今風ながら子供想い。
中でも稀有なのはやっぱりオールマイトのキャラでしょう。あの風貌で可愛すぎかと。
草食男子や繊細系イケメンがモテ流行る中、このマッチョと「ガイコツ」のふたつの風貌におちゃめな性格はなかなかのもの。
これこそ「個性」ですよねー。
ヒロインの「お茶子ちゃん」も可愛いです。ほんと可愛い。
男の子では飯田くん推し。お堅い委員長風ながら本当に良い子です。
主人公デクの「行動派オタク(オールマイト談)」もとても良いです。
こういう物語では劣等生だった主人公も結局「特別な力」の持ち主でその頭角を現していくものですが、
デクの場合はそれが後天的に与えられたものであり、しかもかなり限定的な力だったりしてそうそう活躍できない。
それを補う知識や判断、応用で切り抜けていくわけです。そういうのいいよね。
そして、主人公たちは皆かなりの秀才設定。夢のために受験をクリアして、将来の職業「ヒーロー」につなげるべく努力ってのもいいです。
あの「クソを下水で煮込んだような性格」とまで言われたかっちゃんでさえ、その夢に関しては純粋であり、あの性格からは想像できないけどしっかり成績優秀者というのも面白い。
また才色兼備のヤオモモちゃんが自信喪失(するほどでもないのにね)する謙虚さも好感度大。轟くんのフォローも良かった。
活躍する主人公はいつも「勉強はできないけど元気で才能がある」=「勉強ができる奴は嫌なヤツ」というお約束をひょいと超えているところも好きです。

お話はどんどんシリアスになってきているようですが、きっと明るく元気に終わってくれると信じる。


年寄りには水戸黄門が受けるように、こういう王道が心に優しく感じるあたり、本当に年取ったよ。
スポンサーサイト
comment (0) @ 黄橙赤の石