パキスタンのっぽ

2010/02/23
pakistan_ame2.jpg

昨日と対照的に、すらりとのっぽの双子パキスタンアメジストです。
やはり淡い色合いながらきらきらの虹。
写真がイマイチのあのショップですが、見たとたんに「あ、手にとって見てみたい」と思った石です。

逆から
pakistan_ame2 (2)

たぶんDTだったんじゃないかと思う痕跡があり。残念ながら欠けてしまってはっきりそうとはいえませんが。

きらきらの虹。うーんやっぱり上手く撮れないなぁ
pakistan_ame2 (3)

今までは「ああ、これ持ってないから」「これ、どこかで話題になってたから」「見た見た!あのブログで見た奴」
そんな感覚で買っていた石。
最近は「手に取りたい」そういう感覚に変わってきました。
もちろん珍しかったり、ガテンの血が騒いだりいろんな理由はありますが、基本は「この石を手に取りたい」
「うちに来てくれたら嬉しい、毎日会えたら楽しい」そんな感じ。
今日、家に来たのは、あるペンデュラムとペンダントヘッド。これも別に「石の収集」という趣味からはこれと言った価値的要素とは無縁。それでも、無性に手にしたかったから。

もう一つ、別の店からの届き物にプレゼントとしてオマケに来たポイント。4センチほどの透明でまっすぐのとても姿勢のよい石。たぶんこのショップで扱っているペンダント材料に用意されていた石の一つではないかと思う。金具ではなく、編み上げた糸でペンダントにされている商品があった。温かみがあって素敵。
剣先はわずかにピンク色がかっている。ここはネパールやインドの品を扱っているので、クル産だろうか。
しかも!なんとーっ
このポイント、なんか断面再結晶してるように見えますけど~それに小さい別の結晶がくっついて・・・・くっ・・・
はぁ~?????
かかか貫入~!!!1~2ミリのちっちゃいちっちゃいお頭が、確かに「にょっ」と中に見えます!
こーれーはー(゚□゚;)ひゃ~なんて可愛いvvvv
もう感激~!

こんなびっくりがあるからやめられない石道楽v(来月破産決定)
スポンサーサイト
comment (0) @ アメジスト
花の親子 | ロシアのラピス

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する