ことの顛末と薔薇輝石

2010/03/21
taguchikouzan_rordnite (3)

田口鉱山のロードナイトです。
綺麗ですね。日本からもこんなに綺麗な石が出るのですね。
それはあるショップのオーナー様が自分で採取されたとのこと。
あることがあって「お詫びに」とプレゼントしてくださいました。とはいえ、お詫びされるようなことなどとは私は思ってもいなかったのですが(ちゃんと解決し、相当分以上の返礼を受けた上のプレゼント品として同梱されてきました。
こんなに綺麗な石を頂けるならその他のことなど何もいらなかったのに(T_T)

taguchikouzan_rordnite.jpg
taguchikouzan_rhodnite (2)

池袋で捕獲した500円コーナーの国産ロードナイトもお値段以上でしたが、この数センチの欠片はさらに透明度が高く、そんないきさつもあって、なおさら輝いて見えるのです。

ある石を探してショップサーフィン中、そのショップに行き着きました。パワストアクセが主のショップのようで大変女性が喜びそうな綺麗なショップでした。
原石のコーナーもあるので観ていると「え?」と思う珍しい産地の水晶クラスターが。まずそこでそういうタイプの水晶があるなどとは聞いたことも観たこともない。しかもある産地の典型的特徴を持った私好みのクラスターで、値段も決して高く無かったことから2個ほど注文しました。
届いた物は、間近で観れば観るほど「・・・あの産地の水晶に似てるわ~へぇ、この国でもでるんだ・・」とちょっと驚き。ショップには無事受け取った御礼(どうもオークションのクセが抜けない;)のメールを出し「○○産にとてもよく似ていますね~この国のは有名なXXタイプしか持っていないのでうれしいです」と書きました。
お返事が来て「実は○○産じゃないかと自分も思っていた。ただ長いつきあいでかなり手広く商売されているベテランディーラーから間違いないといわれて・・・」と。心配になってきたので調査しますということだった。
遠く離れてた土地でもよく似た形状特徴の石が出ることは珍しくない。でも私程度が観てもこれは「○○産」と言って疑う人はいないだろうと思う品。
そこで某トンガリ隊長に「どう思います?」とメール。100点満点のお返事に流石と思う。
ショップからはツーソンに出掛けたというディーラーとなかなか連絡が取れないと幾度かお詫びメール。ただそのディーラーのスタッフに「某国の品の仕入れ実績を聞いたところ扱った記録はない」との返事を得たことからまずやはり○○産に間違い無いと思うということだった。
私としては、石の産地の限定は難しいこと、ショップが故意に偽ったとは思えないことから「○○産によくにた、某国のクラスター」ということで構わない。ただし実は違うかもしれないことは承知でその品自体を気に入っているからと返事をした。
ようやく連絡がつき、間違いなく某国ではなく○○産でした。申し訳ない。他の購入者にも連絡を取り返品にも応じるという。安易に信用しそのまま紹介した自分に落ち度があったとかなり丁重なメールを戴いた。
もう私としては充分過ぎることで何も気にされることはないし、むしろ余計なことを書いたことから大変な気苦労をかけてしまったことも申し訳なかったと返事をした。
返品なしでよいのならお詫びに同額分好きな石を選んでくださいとの申し出。うれしいがとても「それじゃ」なんて図々しいことはいえません;;;
でもきっと断っても気持ちが収まらないだろうと(自分だったらそうなので)最初購入するときに悩んでやめた石をお願いした。半額程度だったがそれでも私としては本当心苦しかった(ただし、私には魅力的だったのに、同じ石は見事に売れ残っているあたり;;;在庫がはけるお手伝いにはなったかしらん;)
その石も届いた。期待以上に綺麗で私はうれしい。うれしいが申し訳ない気持ち。さらに添えられてきたのがこのロードナイトだったのです。

原石の扱いは多くはないようですが、また入荷されれば見繕って注文しよう。せめてまた購入しないとここまでしてもらって申し訳ない気がしている。
スポンサーサイト
comment (0) @ ロードナイト
プルートゥ | ロシアンコランダム

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する