アルラウネ

2010/03/28
realger_peru.jpg

ペルーのリアルガーと水晶のクラスターです。
これは横浜ではなく某ネットショップにて。
リアルガーは一応危険な部類の鉱物に入るから・・というか、デリケートだという話を聞いていたのであえて写真で眺めるだけにしようと思っていた石でした。それに美麗な結晶は途方もなく高価だったりしますし。
でもこれは一目惚れ。
どうです?この普通にみても深紅と白のコントラスト、水晶の広がり具合の美しさ。パイライトも乗っています。

realger_peru (2)

と同時にどこか禍々しいような、見てはいけない魔物のような。
タイトルには「曼珠沙華」と「アルラウネ」とちょっと迷いましたが、とっさに浮かんが方に決定。
少女漫画好きなら(といっても古いですが)当然思い出すのは「オルフェウスの窓」のクラウスの婚約者として現れたナゾの美女アルラウネ。
彼女の登場したときのシーンを浮かべました。
そのときにユリウスが「アルラウネ」を墓場に咲く血の色の花というようなことを言った気がします。
今はネットで検索すれば詳しい伝説もすぐわかりますが。
まさしくも、血の塊を思わせるような赤とまるで骨か?とでも思うような水晶の様子が伝説を息づかせてくれたりもします。

「オルフェウスの窓」が最初連載されていたときは私はチューガクセー(遠すぎる目)
連載が他誌に移ってからは単行本読者でしたが「大河ドラマ」「歴史」好きとしては、その後の話しのほうが好きだったりします。
イザークの栄光と挫折やロシア革命のほうが、ドイツの金持ち旧家を巡るサスペンスよりはずっと興味深い物でした。
勉強せず漫画ばかりよんでいた子供でしたが、漫画で読んで興味持ったことはとことん調べまくるというクセもあり(まぁミーハーってことね;)クラシックも歴史も様々な文化地理や世界の風俗史(そっちのフーゾクじゃないですよ;)などずいぶん本を漁って読んだりしましたね~(もう半分以上忘れたけど)
スポンサーサイト
comment (2) @ 黄橙赤の石
もららん♪ | 300円v

comment

No title : ひいらぎ @-
うちにあるのとよく似てるんです(*^_^*)
なのにtomokoさんのは毒牙の美しい「アルラウネ」で
うちのコは友達に「カネゴン」と言われてしまってます。
こんな仕打ちって・・・(T_T)

私も今市子さん、大好きです。
ちょうどこの前久しぶりに読み返してたとこなんです♪
2010/03/28 Sun 20:21:25 URL
Re: No title : tomoko @-
こんばんは(^^)
今ひいらぎさんのブログ堪能してきました~素敵写真沢山で夢心地ですv

> うちのコは友達に「カネゴン」と言われてしまってます。

カカカカネゴン?なぜにーっ?

> 私も今市子さん、大好きです。
> ちょうどこの前久しぶりに読み返してたとこなんです♪

ええっうれしい。
百鬼では途中だいぶお疲れモードで心配しましたが回復されたようで良かった。
ストーリーもそうですけど、あの人の描く服というか布の質感がものすごく好きv

そういえば同じく大好き作家さんの西炯子さんがなんぞやの漫画賞にノミネートされていてびっくりしましたっけ。クセがあるので好き嫌いありますけどね(作品によっても)
というわけで、そっちもごそごそ出してきて読みふけっているのでしたー。
2010/03/28 Sun 22:19:01 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する