蒼穹のファフナー劇場版

2010/12/26
この島に生かされた命
必ず帰ると・・・。

「空って綺麗だ。そう思うでしょう?」

soukyu.jpg

サルベージ画像ですみませんがやっぱりこれでしょう「蒼穹」フローライト。

当初からのファンは6年待った。私は食わず嫌いで最近観たばかりだった。
そしてこんなにすぐに「最終回」に出会えることに感謝。
公開2日なので余りネタバレ的なことは避けますが・・・。

ノンストップでエンディングまでとはこのこと。
Blu-ray上映だったため冒頭のCMもなく本当に作品のみを純粋に上映した。私には好ましいことだった。
アニメ映画は何本も観てきたけど、これほど観客の「男性率」が高いのも驚きだった。
知名度が低い割に(低いから?)いかにもソレな人が少ないのも意外だった;
基本ロボットアニメであるから男が多いのは当然と思うかもしれないがこの作品もまた「ある種」の傾向での売りがあるために女性の需要を読んでいるような戦略が見え隠れしていたからだ。
でもやっぱり観ている人は観てるし待っていた人は待っていたんだとそう思える客層に見えた。

話の半ばから私はもう心の中で号泣していたよ。
それは物語そのものよりも、冲方さんはじめスタッフのどんなにかの苦労、と無念。
これだけのボリュームを、もっとやりたかっただろうこと、入れたかっただろうシーン、エピソードをどんなに苦渋の思いで切り落としていったんだろうか。
あと30分あったら。
いや1クールでもいい。なぜTVシリーズの放映が出来なかったのか。むしろOVAでもよかったんじゃないか?
絶対ここはもっと長かったはず、絶対ここにはもっと違うシーンがあったはず、そんな連続を「感じさせないように」どんなにか気を配り凝縮していったんだろう。

「詰め込みすぎ」「よく話がわからない」と言うのは簡単。
だって本来26話分を80分に詰め込んだのだから。

操が受けたのは一騎と総士からの「祝福」だったのだろうか。いや竜宮島とここにいる「人間」からの祝福。
操も居るよね。ここに。
みんなが居るよね、ここに。

「対話」ってこういうことだよね。

「空って綺麗だよね。闘っていたらだめだよね、みんな苦しくなるだけだから」
フェストゥムが初めて持った「個」の意識。「自分の心」
一騎と総士と一緒に空を見あげたかったんだよね。笑いたかったんだよね。
操。
スポンサーサイト
comment (0) @ フローライト
ザギ1号(とミニオフの話) | 綺麗なもの

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する