揺れる

2011/03/16
中国産のフローライト。和みを求めて・・・。

fluorite_china_lightpurple.jpg

書き始めようとした時にまた揺れた。
余震の収まりを待つというより、次の地震への序曲のように感じる。

横浜のミネラルショーも中止が決定。
じゃその分ネットで・・・という気持ちには今はまだならない。


地理は好きじゃなかったけど、地学は好きだった。文化地理も好きだった。
三つのプレートの上に乗っかるような日本を初めて知った時は結構ショックだったな。
人生も半世紀間近になると、それなりに大きな地震もあったけど、さすがに今回は他人ごとではない。
阪神淡路の時は不安や危機感はあっても、どこかまだ遠いところの「ニュース映像」だった。当時、関西方面に親しい知り合いがいなかったこともあるけれど。

今回は震源が移動し、あとは千葉県沖が震源としてはぽっかり空白地帯になって首都圏を飛び越えてまた東海地方に飛び火したことは精神的にもダメージ。
東北の状態はもちろん、東海で大災害となったら、関東は孤立してしまう。
あの当日夜の混乱ぶりでもどうしたもんかとあきれるが(特にJRの対応はちょっと信じがたいものだ)
海外メディアの苦笑するしかない賛美にもまたフクザツ。

仕事ではあちこちのメーカーも代理店も打撃。
中には「物流関連が原発の避難区域なのでめどが立たない」というところも。
大手さんは早々にすべて閉めきって臨機応変さはまるでなし。

静岡が震源になったことでさすがにリュックの中を整頓する。
今回TVを見ていて一番思ったのは「医者からもらっている薬」
そして「誰もが必要」なものより「自分には必要」なもの。
毎日飲んでいるこの薬が全くなくなったらということは今まであまり考えてなかった気がする。
別に命に直接影響する薬ではないが持続して飲まなければならないものは確かに一週間分くらいは必要だろうと思った。
食料や水は東北のような特異な条件が重なった場合は本当に重大だけれど、「誰もが必要」ならば必ず何らかの救援は来る。
でもたとえば女性しか使わない、乳幼児しか使わないなど一部の人には重要でそれ以外にはなくてもいいようなものほど自分で備えておかないとと思った。
リュックのものを出すと、幼児用の紙おむつがたくさん出てきた。以前はそれが一番重要だったのだ。
でも最近知られるようになりましたが、オムツやセイリ用品は止血にも使えるんですよ。あと水をたくさん含ませておけるので患部を冷やすようなことにも使えます。
もちろん避難所の困っている幼子に分けてあげることもできる。
なので余っても捨てないで多少はストックしてくといいのですよ。幼児期ならまだストレスから夜尿になることもあります。トイレがないときは大人でも助かるかもしれません。

配給される可能性が少ないが自分には重要なもの
そして身の安全を守るもの。

靴下や軍手も危険物から守るには必要。綿素材の布オムツもいろいろ万能です。
難燃性の頭巾があればよいでしょうが専用に常備もちょっとと思うなら頭巾をわざわざ買わず、古いタオルケットを畳んで枕カバーなどにいれる。頭を覆うこともできるし、広げて使うこともできます。

でも一番困るのは・・・メガネなんだな;超ド近眼と老眼併発で三つを使い分けしてるんで;
とっさに持って出られるのか?
愛猫の遺品は・・・・。

そんなことを考える間もなくすべて波が攫って行ったあの日の午後。
なのに水の不足が深刻。水が欲しいと訴える被災者たち。
どこまで皮肉で悲惨なんだろう。

賞賛を浴びる「我慢」は被災者たちだけがしていればいいものではない。
スポンサーサイト
comment (0) @ フローライト
ミコトにおねがい | 「ちから」のカード

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する