じっくりながめる

2012/04/30
いただきもののペルー産クラスター。
じぃ~・・・・。
ちょっと見は素通りしてしまいそうな石でもじっくり見るとその楽しさは100倍1000倍。

方鉛鉱やパイライトのレギュラー母岩に小さいポイントがわさわさと。
そこにドロマイトが付着しております。
ええ、たしかに「美しいか」と言われたら「美麗」とは言い難い。
でもね、本当に「じぃ~・・・・」っとみますとね、一本一本は実に「美麗」といっておかしくない見事な集合体だったりするのです。

ペルー水晶 (1)

ペルー水晶 (2)

一部のポイントに黒っぽくファントム?に見えるものが。
多くは半透明なんですが、中央部は透明だったりします。そこに母岩の方鉛鉱の黒が写りこんでいるんですね。
短いポイントが途中くっついたり、重なったりしているため、ファントムがあるような、なにか内包物があるようにも見えたりします。
見れば見るほど楽しいヤツvv


結局、半期初夏の大掃除キャンペーン開催中状態の重労働で終わった三連休・・・頭が重い、腰と肩と目が痛いー。
おまけに土曜の夕方には眼圧がまた上がってしまったらしく例の白いもやが。なんで休みの時にこういうことになるかな。

こんなクラスターをじぃ~っと見ては幸せ気分に浸っていたりするわけです。
スポンサーサイト
comment (0) @ 南米
眠れる森のターコイズ | 春は花咲く

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する