「つり球」に泣く。

2012/06/30
アメジストはどうしても元の色より青が強く映ってしまいます。
これはとっても透明度の高い優しいラベンダーのビーズなのですが・・・。

そう、可愛いハルの瞳の色。

ラベンダーアメジスト

アニメ「つり球」が終わってしまった。
あっという間の12話。
だれることなく冒頭からあれよあれよの展開で、たくさんの人を不覚にも泣かせて、笑顔にして終わった。

本来ならアキラや夏樹あたりが好みのキャラなんだけど、ハルがね、かわいくてね。
機嫌のいい子猫のようだね。魚だけどね(^_^;)

あれこれの感想は置いておくとしても、いやぁ、最後の最後であの贅沢な新キャラってどうよ。
あのヴィジュアルと桜井の声ってどうよ。ウララくん。
どうしたって続きを期待してしまうけど、監督の気持ちとしてはなさそうだ。
そうだね「その後はみなさんの胸の中で」
今日、二回目の全話一気視聴してしまったよ。


6月も終わりますね。
少しでも過ごしやすい夏だといいけど。

いろんなことがうまく回りません。体調やその他いろいろ。
そういうときもあるよねって、自分には言い聞かせてみるけど、じゃ、そうじゃなかったときってあるんだろうかと考えると、幸せとか不幸とか何をもってして判断するんだろうかとそれだけで暗くなってしまう。

昨晩だったかNHKの老後の現実を特集していた番組は、まさにそこに自分の姿が見えた。
太く短く生きよう。




ケイトがいったように。

みんないつかは死ぬからこそ・・・

笑って!胸張って!
スポンサーサイト
comment (0) @ ビーズ・ブレス・ルース
青の1号 | きもきれ?

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する