はなちゃん

2013/04/11
ペンタゴンが好きみたいです。
母岩に乗った小さい「はな」

ペンタゴン_インド (2)


ペンタゴン_インド (1)
ペンタゴン_インド (3)
ペンタゴン_インド (4)

とっても幸せな猫がいました。はなちゃんと名前をもらって、誰よりも彼女を愛して大切に大切に育てた素敵な女性と、一緒にたくさんの楽しい思い出を作ってきました。
それはもう、きっと世界中の猫の中でも並ぶのもがないと思うくらいに、とっても幸せな日々を過ごしてきました。
その様子を見ていた神様はどうしてもはなちゃんに会いたくなってしまいました。
はなちゃんは、もちろん離れたくなかったけれど、16年の年月は、猫の姿でこのまま生活するにはちょっと辛くなっていました。
仕方なく桜の花びらと一緒に、神様のところへ訪ねていくことを決めたのです。
はなちゃんの唯一の心残りは
「ああ、一言でもいい、同じ言葉を話してみたかったな。ママの顔や声を聴けばだいたいわかるの。でも、ママと同じ言葉でお返事できたらよかったなぁ」

今、はなちゃんは空の上のうんときれいなところにいます。
真っ青な空が自分の足より下に見えます。
そして周りには、きらきらと綺麗な石がたくさん見えます。
「あ、ママが好きだったものだ。なんだここにこんなにたくさんあったんだ」
はなちゃんは「ママもここに来ればいいのに」とちょっと思ってしまったけど、その前に神様のところに遊びに行ってあげないといけないので、ママを呼ぶのはもっとずっと後になっちゃうなと思いました。
「うん、だって、ママには見えないけど、私はいつでも様子を見に行けるしね」

そしてはなちゃんは神様のお願いを聞いた代わりに、自分も一つお願いを聞いてもらおうと思いました。

「私がここに着ちゃっても、大好きなママがずっと楽しく暮らせますように」
スポンサーサイト
comment (2) @ ペンタゴン石
ソーダ水 | 落ち着け自分

comment

: ひいらぎ @-
tomokoさん、ありがとうございます。
訪問が遅くなってしまって、こんなに
優しいお話を今になって読ませていただきました。
また涙が止まらなくなってしまいました。
ずっとtomokoさんに愛してもらえて、はなはホントに幸せな子です。
はな、えびちゃんと会えたかなあ。
仲良く待っててくれるといいなあ。
2013/04/13 Sat 19:39:17 URL
Re: タイトルなし : tomoko @-
ひいらぎさん、こんばんは

はなちゃんに勝手な解釈をつけて勝手なことを書いてしまいました。
ごめんなさい。

でも、きっとはなちゃんはそう思っていると。

いえ。
私はそう信じたかったのかも。

はなちゃんも、えびもそう思っていると信じたかったのかも。
信じたいんです。
えびが、ほんの少しでもいい。
ほんの少しでも、私といたことが、幸せだったと、
いいえ、そこまでじゃなくてもいい。
悪くはなかったと、そう思っていてほしいと信じていたいんです。

はなちゃんは間違いなく幸せでしたよ(*^_^*)
2013/04/22 Mon 21:24:05 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する