可能性の朝

2013/07/28
ツメブの白鉛鉱です。
これも小さいです。でも柔らかなやや乳白色~透明の結晶がとても綺麗。よく見ると先端までしっかり残っています。
流石ツメブとつい思ってしまうのはちょっとミーハー。

白鉛鉱_ツメブ1
白鉛鉱_ツメブ2
白鉛鉱_ツメブ3

当然ミブラデン出身だって負けてない結晶はいくらでもあります。
一応代表的は石を集め終わると、つい「有名産地」が気になってしまうのが第二段階かと(^^ゞ
そして次がレア産地とかね。


さて。
今はまだ「可能性」の時間。
高校野球西東京大会ではいよいよ決勝戦。都立高が決勝まで勝ち上がりました。
頑張った高校球児たち、学校の名前だとかそういうことより、その一人ひとりを応援したいのが親心なれど、どうしたって気持ちは都立応援に傾きます。
もちろん、何度も甲子園に行っている私立だって、毎年生徒は違うのだし、たった3年間なのだから、多くの生徒にとって最初で最後になりうる。だからこその頑張りだし、うれしさだし、悔しさだし。
でも、自分は都立、子供は私学なので、両方の様々な違いを見てきたものとして、決して「恵まれている」とは言い難い中でここまで来たのは褒めたいよね。
この先よりもこれまでの彼らの頑張りに偉かった、よくやったといいたいです。
試合は始まりました。今はまだ「可能性」を祈っていられる。もう少しでその結果が出ていまう。
でもね、「決勝まで勝ち残った」これは本当に価値があると思うんですよ。

その先の甲子園へどちらが出ても(と今はまだ言わせて~(T_T)
「あの夏、よくやったよな、自分たち」って誇っていいと思います。

良い試合になりますように。
スポンサーサイト
comment (0) @ 白鉛鉱
清涼 | 「かわいくない」?

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する