マンナードインクル

2014/01/13
珍しいインクルージョンの水晶。
ショップのfacebookで紹介されていたのを見て「これは欲しいなぁ」と。
実際みたところ、案の定のお値段で諦めていましたが、水晶の質はかなり落ちるのだと思いますが、一応両錐のものを発見。もう少し綺麗なものとのお値段の差がかなりありました。けどワタシ的には「そんなに差があるんだろうか?」程度だったので、迷わずお安い方をゲット。
マンナード鉱インクルージョン2

実は飛び切り美しいものを「Mineral Trip」のKUMA様がすでにアップされています。
その差は石の質だけでなく写真的にも雲泥の差でお恥ずかしい;;;
KUMA様のはもっと「針」という感じで、何やら金属光沢もあるようですが、私のは「毛」だな。ふさっ。もさっ。という感じで生えてます。
マンナード鉱インクルージョン1

これをみて思いだしたのが、だいぶ前にアップしたことがあるんですが、同じブラジルの石。
白いんです。
もちろん同じ鉱物ではないでしょうし(生えている根もとの様子も違う)「商品名」は「白ルチル」でした。
ええ、もちろんルチルではないでしょうが、まぁそういう商品名だったとしか・・。
購入した時はそんな知識は全くなく、というかどうでもよく単に「あら面白い、綺麗」で購入したものです。今となってはなんだか気になる。これなんでしょうねぇ;
マンナード鉱もどきインクルージョン3

白黒毛玉のそろい踏み。偶然ですが、同じくらいの大きさの一応両錐も一緒。

マンナード鉱インクルージョン4



本日は成人式当日、寒かったものの、お天気も良くて助かりました。
本人は自治体の式にはいかないというので、午前中に明治神宮へ。そのあと明治記念館で食事と美しい庭園で休憩し、高校の一番の友人と写真を撮って帰ってきました。どちらも何組もの結婚式が行われていました。流行の感じでなく、クラシックで品の良い花嫁の姿が大変素敵でした。
新成人も流石にこのコースだと、悲しくなるような着物姿の子はほとんどみませんでした。
友達同士で来るコースではないようで、多くは家族と一緒でしたから、余計「親の目が光る最後の行事」なのかもしれません(ははは)
で、肝心のわが子の姿といえば、ヘアスタイルは新日本髪風にまとめていただいて「よしっ!」だったのですが、着付けの方は、まぁね、当日ですから次の予約で急いでいたんでしょうね;着くずれなどはなんとかせずに済みましたが、帰宅後脱いでさらに驚きの「省エネ着付け」。しかも「崩れるからあんまり座らないで」といわれたとか。ちょっとまて、それプロの台詞??
帯揚げは当然のごとく自分で直し、帯結びとおはしょりも必死で形を整え・・・。終始痛がっていた腰骨には見事に「お団子結び」をそれも二重にされた腰ひもが食い込んで痣に。腰ひもって通常、こうは結ばないよね;
もうほんと、着付けは自分でやろうと思いました。自分自身への着付けはどうしても後で「しまった~!」がまだまだありますが、着せるのだったら後ろからもわかるので点検もできる。
よそでの着付けだと、子供本人も、着付けの最中に痛いとかキツイなどと言えないんですよね(仕方ないか)
髪のアップも夜会巻きアレンジやハーフアップなら問題なさそう。次に着せるのは大学の卒業式になるでしょうけど、もう自分でやりますとも。

そして今回も参ったのがカメラ。なんなんだ、このピンボケは。もうダメですね;コンデジ買うわ。
どこのがいいかなー。まず予算から入る悲しさなのでした。
スポンサーサイト
comment (2) @ 南米
華水晶:ダルネゴルスク | ベラクルスの宝剣

comment

マンナード インクル! : くつ箱 @-
珍しいものとの事、私も会場で見てみたい!と思ったのですが、すっかりテンパってしまい忘れてました^^;思い出したのは家に帰ってからです・・・ort。確かに、もさっという感じかも。面白いですね^^ 
20年近く眠っていた亡き祖母の桐タンスから、柄の気に入った着物を連れ帰ったのがきっかけで、独学で出来ないかと着付けについて調べてみたことがありました。ネットも職場の人生の諸先輩方も、見る人が見ればわかる(みっともない)ものだからちゃんと習いなさいと言われて、なるほどと思いました。そういうところからすら、わからなかったものですから聞いてみるもんだ、奥が深いなあと。
お嬢さん、あざになっちゃったんですね、可愛そうに。もう着物は懲り懲り☆なんて思わないでね・・・。
そんな私は成人式はスーツで簡単思考でしたね。慣れない着物で不自由な友人に代わって、走り回ってました。
2014/01/14 Tue 08:59:20 URL
Re: マンナード インクル! : tomoko @-
くつ箱様

こんばんは。反応いただき嬉しいです(^^)

> 珍しいものとの事、私も会場で見てみたい!と思ったのですが、すっかりテンパってしまい忘れてました^^;

状態の良いものは少なかったようです。
やっぱりショップが紹介していたものがぴか一だったようですが、実物はすでに旅立ったあとでした。
私のはマンナードはわりとまとまっていてよいのですが、水晶は表面に欠けや汚れ?があったりで
すっきりと良い角度から綺麗には見えにくいです;
でも、トルマリンやルチルもそうですが、不思議ですよねぇ~
なんで石の結晶の中にこんな細くて「もさっふわっ」ってなるんでしょうねぇ(~_~;)


わーい。和服へのツッコミも嬉しいですv
着付け、今は雑誌も多いし、ネットで動画もありますし、独学でOKですよ!
あと、私はほとんどリサイクルショップで買うので、試着で着つけてもらうときにいろいろ学びました。
全くの見よう見まねなんです(^^ゞ
ただ、おっしゃるように解る人にはバレバレなので、緊張しますね~
技術だけでなく、性格的なものやセンスもすごく出ますし・・・。
年に数回程度しか着られないからなかなかスムーズにはいかないです;

> お嬢さん、あざになっちゃったんですね、可愛そうに。もう着物は懲り懲り☆なんて思わないでね・・・。

お気遣いありがとうございます。
娘には正月や七五三、夏の浴衣などなるべく着せてきたのでむしろある程度わかっているため、
余計ヘタだったり手抜きもわかってしまうようで。
浴衣や小紋などはよくても振袖は周囲に見られるし、気を遣うし、ヘアメイクするのが嫌みたいです。

> そんな私は成人式はスーツで簡単思考でしたね。

確かに式の時はスーツの方が天候も気にせずに済んで楽だと思いますね~
私自身は式にもいかず着物の写真もなしでしたし、周囲も行かない人多かったし。
でも、普段、着物はよほど好きでないと着る機会ないので、こういう時は写真だけでも
着ておいて損はないと悩んでいる人には言いたいです(でもサンバカーニバルみたいなのはやめてほしい#)
2014/01/14 Tue 20:11:29 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する