ブルガリア:冬の水晶

2014/02/20
ブルガリアの水晶クラスターです。
冬の景色。
かなり前の購入で、もちろん気に入っていましたが、最近になって見直した一品。

ブルガリア_クラスタ1

真上から写してみる。
ブルガリア_クラスタ2

あちこちに雪が降り積もったようなのと、この肌色の丸いの・・・なんだろう。
カルサイトとドロマイト?
ブルガリア_クラスタ5
ブルガリア_クラスタ4 ブルガリア_クラスタ6 ブルガリア_クラスタ3

ペルーとかロシアにも似た感じの水晶ってありませんでしたっけ??
カンカンに凍った感じの、冬の風情です。

日本の大雪をもたらした寒気と、対照的に高温が続いているらしいソチ。
それが、かの「熱い漢・松岡修造」のせいだ!というツイッター発信源のジョークが可笑しい。オーバーアクションやおしゃべりの暑苦しいタイプの人は好きではないですが、この人はなんとなく笑っちゃう;;;天然なんでしょうかねぇ;
おとといだったか、帰国のデマが流れて「たとえデマでも’修造帰国’で首都圏の大雪回避!」というのがまたさらに可笑しい!!!
こんな騒動になっているって本人は知っているんでしょうか。ソチが終わり「修造の帰国」とともに、春がやってくるんでしょうか。楽しみです(笑)

そのソチ。親子ほどの歳の差メダルに感無量。一時は二十歳前後しか無理のように思われていたスポーツの祭典も、いまや「お子様から中年まで」です。あきらめちゃいけないよね!
日本が比較的スノボで良い成績を残しているのはなぜなんでしょう?
体型や体力のハンデがあまり影響しないのでしょうか。

さて、いろいろいろいろ大変になってしまった女子フィギュア。
私は鈴木明子さんを一番に応援しています。少数派ですけどねっ。
彼女のスケートを見ると幸せな気持ちになれます。がんばれヽ(^o^)丿
スポンサーサイト
comment (0) @ ヨーロッパ東・北
蒼き蜻蛉の羽 | ネパカトゴルマナ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する