薄紫のshanbao

2014/03/30
二つ目のシャンバオ。
極薄の紫が入った、透明ツヤツヤの結晶。小さ目の正方形が連なってとても綺麗。・・・なんですが、写らない。
見た目のように写ってくれないです(T_T)

シャンバオ_薄紫フローライト (1)

すわりが悪いので、タックを使ってもいい角度が難しい。手に持って写したいけどライトがうまく当たらない。
こんなに綺麗なのに、ごめんよ;

シャンバオ_薄紫フローライト (2)

透明感ありすぎでなんだかわからない感じになってしまうので多少補正。
シャンバオ_薄紫フローライト (3)

手に持ってくるくると回しながら見ていると時折何かが反射する。
これ、パイライトですかね。結構端正な四角があちこちに入ってました。
シャンバオ_薄紫フローライト (5)

ホリさんにて。6~7,000円くらい出すと、もう少し「らしい」感じのシャンバオがありましたが、この色が気に入って・・・。その半分以下だったしv



朝から雨風強く、せっかく咲いた桜・・・頑張れ。

昨日まで夜はフィギュア観てました。
ホーム開催の有利さはあると思いますが、五輪のくやしさ返したって感じですね。ベストスコア出せた選手が内外とも多かったのはよい大会だったということでしょう。
やっぱり誰であっても大きなミスなく演技を終えるとホッとします。
鈴木明子さん!フリーが終わったときには思わず涙が出そうに。ほんと素敵でした。
海外では女子ロシアとアメリカのトップではなく、次の選手が頑張ってましたね。良い演技でした。ロシアはなんだっけ、ちょっと変わった名前の子、やっぱり15歳とはすごい。アメリカのワグナーでしたっけ。彼女もまだ終われない感で踏ん張った感じです。
リプちゃんはですね、うまいのでしょうけど、どうもあまりに子供子供してて動きが雑に見えますね、数年先が楽しみですが。
にしてもアメリカ、ゴールドの完璧な容姿はどうかと!まさにディズニープリンセスそのものって感じです。
いつの間にかベテランで引退となるらしいコストナーも優雅で好きでした。
男子、町田君頑張りましたね。くやしい銀でしょうけど、それ以上の価値はあったでしょう。
え?両方の金メダル?
いいじゃないですか、誰もが賞賛するんですし。
私は二番手が好きです。

日本女子選手の誕生日を見ると「火の星」生まれが多い。対して男子はうお座が多いのが面白いです。
スポーツとして女子が頑張るには「火」が必須。男子で芸術性を重んじるフィギュアにうお座というのは理にかなってる気もします。
とはいえ、浅田真央はたしか風の星座天秤、羽生は火の星座射手座。
万人受けの真央ちゃんが天秤というのはちょっとわかるかな。わりと飄々としてさわやか、色気はイマイチとかね。常に高みを目指したい射手座の羽生もそんな発言が良く出ますね。
町田君の強気発言はたぶんナルシー的な要素かと。逆に高橋大輔のメンタルの弱さも魚って気がします。
キムヨナの乙女座はすごくわかる気がしました。ゴールドのしし座はイメージぴったり、リプニツカヤの双子座も「兄貴発言」からなるほど(笑)
演技=自己表現ですから解りやすいし、持って生まれたものを素直に大事に出す人ほど成功しやすいのかもしれないです。
鈴木明子の牡羊座はちょっと意外ですが、三月終わりの生まれなので、金星か火星が魚なのかな?

人間を簡単に12等分できるとは思ってませんが、その傾向はたぶん見て取れるのが面白いです。
ええ、なにしろ私自身が「らしくない魚」なので、素直に信じたりしたくない反面、だから人生うまくいかないともいえるあたり・・・うぬぬ・・・(=_=)
スポンサーサイト
comment (0) @ フローライト
ゆらぎの青:超ミニアパタイト | グリーンファントム?

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する