秘境の趣

2014/11/09
フィンランドのモリオンクラスターです。
今までもポイントはいくつか持っていますがクラスターは初めて。
小ぶりですがなかなかまとまっていてお気に入りです。大好きな「秘境系」の石ですv

フィンランドモリオンクラスター1

群生の一部が欠けたものですが、個々のポイントは比較的状態が良いです。
フィンランドモリオンクラスター2

裏側はさらにワイルド。
フィンランドモリオンクラスター3

先端はわずかに透明感。太いポイントのざっくりと割れてしまった後にも母岩などが付着しているあたり、時間の経過を思います。もっともっと先だったら、再結晶を始めていたのかな。
フィンランドモリオンクラスター4


先日のクリスタルワークスさんの即売会は行けませんでした。金欠で(T_T)
むしろ先にそこで良いものを入手して池袋ではほかに専念が正しい気もしたのですが、お金のほかにも少々気持ちの上で疲れていたこともあります。
もう少し区切りつかないと「気分転換しよう」と思う余裕も持てなくて。
相変わらず、少しなにか進んだかなと思うと新たな問題。そこまでして休ませてくれないのかなとちょっとふてくされ気味です。

昨晩から今朝の話題といえばフィギュアの羽生くん。
見事なドラマを作ったわけですが、個人的には「スポーツ選手」としては棄権するのが本来だったと思います。
日本人は精神論根性論が好きなのでああいうヒーローを大絶賛ですが、この試合で引退だったわけでも今シーズ最後の試合だったわけでもないのです。
これで無事だったら万事OKでしょうか?
今後「羽生は頑張ったじゃないか」という無責任なプレッシャーが全く関係ないところにまで及ぶのもあまり良いこととは思えません。
「彼だからできた」のであり「特別だった」ことをしっかり理解しないと、むしろ良い影響にはならない。
ネットの一般コメントは無責任なことが多いからなぁ・・と危惧しましたが、意外に同じように思う人が多そうでちょっと安心しました。
もちろん彼の思いや有言実行を批判するものではありません。
けれど単に捻挫や肉離れなど「わかる症状」で、自覚しながらコントロールできる範囲ならまだしも、頭を打った可能性が大きいのに、ジャンプや回転など絶対してはいけないと思います。
六分間練習の混雑にいつも多くの人がひやひやし、実際衝突は何度もありました。
今後は良くわからないルール改正ばかりでなく「選手が最高のコンディションで臨める環境」をもっと考えてほしいものです。
スポンサーサイト
comment (0) @ ヨーロッパ東・北
青空のナミダ | リトルローズリトル

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する