アニメ:機動戦士ガンダムTHE ORIGIN運命の前夜感想

2016/11/20
ガンダムオリジン四作目「運命の前夜」観てきました。

一年戦争に至る前の起承転結でいえば「承」に終始するため、ちょっと地味な構成でした。
前半、シャアとララァの出会い、後半、月面でのミノフスキー博士をめぐるモビルスーツ戦が見どころですが、個人的にはヲトナの画策あれこれで話が進んでいくあたりもなかなか楽しめたところです。
でも原作読まずにアニメだけだと盛り上がりに欠ける一作に見えなくもないですね。

あ、そうだった。前半の一番の盛り上がりはドズルさんのプロポーズがあったっけ(^^)

ララァの過去に関しては、昔、富野さんの話ではいわゆる「客を取る」仕事をさせられていたように書かれていたのを覚えています。
安彦ガンダムではそのあたりちょっと改変されています。ニュータイプとしての素質を買われて拾われたことにつなげるにはこの方が解りやすいですね。
ガンダムでは悲劇的な生い立ちとしてしばしば「金で買われていた少年少女」が出てくるのですが、これはねぇ、おばさん視点かもしれませんけど何もあえてそんな過去を作らなくても・・・あまりいい気分ではないです。
特に、ユニコーンでのマリーダやアンジェロはもうやめてあげてとしか言いようがない。現実世界でもそういうことがいまだ起きているのは確かですが、救われない最期ならせめて過去を凄惨にしすぎるのは勘弁してほしいです。

さて、ヲトナの事情でどんどんきな臭くなる世界。
世の中の「研究開発」の行き着く先はすべて「軍事利用」といわれますが、まぁ本当に人間というのはどうしてこう時間とお金と才能をかけて同じ「人」を殺戮することしか考えられないのだろう。
フィクションとしてモビルスーツ戦も艦隊戦も楽しんではいますけど、爆発が起きるたび、破壊が起きるたびに思うのは
「あああ、ゴミが!それ全部ゴミなのに!誰がどうやって始末するの」とやるせない。
膨大な予算と時間が作り出すのはそれ以上のゴミと人の死。

ねぇ?どうしてそんなに戦争したいんですか?
戦争をしない生活ってなぜ成り立たないんですか?

次回は一年あいて2017年秋に「ルウム会戦」そして2018年に「誕生 赤い彗星」でついに無印TVシリーズの始まりに追いつくことになります。
40年の時を経てつながります。感無量ですね。

細かいこと少々。
フラウ・ボウの声があまりに可愛くて違和感。なので余計ヒステリックに見えてしまう。
個人的にはララァこそ親子2代で藩さんにやってほしかった。
そしてララァ役の早見沙織さんはセイラで良かったんでは?と思ったり。
シャアが年齢的に苦しそうなのは誰もが感じつつ仕方ないかなと思う反面、アムロとカイがあまりにも当時と違和感ないのがすごいですねー。
工事現場で働くシャアが赤いノースリーブシャツを着ていて思わず「クワトロ」を思い出す(笑)

当時もそうでしたが、今見てもやっぱりモビルスーツのデザインセンスはジオン圧勝。
月面でのランバラル率いるガイア、オルテガ、マッシュの部隊、まだ初期型のザクですけどカッコイイ。ラルはこのころから青の機体だったんだな。次回はいよいよ「黒い三連星」誕生もありますね。
連邦側のモビルスーツ、ガンキャノン初期型量産機は後からデザインされたせいかまぁまぁ悪くないです。
なのに・・・連邦の肝いり「RX-78」のなんとも微妙なことよ・・・;元祖のデザインを大幅改変するわけにはいかないから仕方ないけど。

次回、あのコロニー落しが描かれるのか。
原作漫画にあるユウキのエピソードは入るんだろうか。
「人類が自らの行いに恐怖した」コロニー落し。なのにさらに一年戦争が始まり、その終結後も戦争は繰り返される。
それは現実も同じ。
愚か。あまりにも愚かなり人類。

やっぱりそろそろ滅んでいいんじゃないかな(なげやり)
スポンサーサイト
comment (0) @ アニメ・漫画・サブカルとか
レポ:ミネラルコレクティング Autumn '16 | レポ:クリスタルワークス即売会2016,11

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する