スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

レポ:東京ミネラルショー2016 2日目

2016/12/03
東京ミネラルショー2日目、短時間ですが行ってきました。

本日購入の2点と昨日写真に入れてなかったKUMAさんのフォトブック。
目の覚めるような美麗フローライトたち。ほかに水晶編やお気に入りミックス編もあるようでした。

20161203_池袋

以前から欲しかったターコイズの結晶とちょっと面白いルーマニアのカルサイトです。どちらもTHE 1さんにて。
結局水晶は買わず仕舞いでした。


第二会場の「鉱物クリスマスツリー」とやらの見学に。
それ自体はちょっと微妙なものでしたが、根もとにおかれた巨大なフローライト(スペイン産)

1480750548735.jpg

スマホで雑に撮った写真なので、実物の方が綺麗です。
幅50センチくらいあるんじゃないでしょうか。
背後に移っているスーツの男性と比べてみると大きいのわかります。

1480750547856.jpg

そういえば、クラウドミネラルさんにあった人工水晶の大きなクラスターが見事。綺麗で見事というより、自然のものにしか見えない。
どうやって作られたのか(成長させていくのか)聞いてみればよかった。
これを見てしまうと、今後、どんな鉱物でも見分けがつかないものが出回るんじゃないかと心配になってしまいます。
海外ショーの後、目玉となるような石の話題があまり聞かれなくなり、閉山も相次いできたりすると、そういうことも出てくるかも。
宝飾品なら見た目重視で「人工」でも構わないという風潮が広まるかもしれません。
でも鉱物ファンはそういうことではちょっと悲しいと思うのです。きちんと表示され、人工物であることを承知の上で扱われるなら話題の一つですが、良心的でない業者や素人にわたってしまったら??



空想世界ではなくなってきた「AI」の話をふと思い出してみたりする。
人の「個性」さえも学習し理解して新しいものを生み出していけるというAI.。
不完全ささえも完全に再現できるようになったとしたら・・・
その時「AI」人格はうつ病さえも発症して見せるんだろうか。微妙な割合で「障害」すらも取り入れたりするんだろうか。
完全さを求めて作られたはずのAIはその精度を増せばますほど人に近くなり、その果ては人並みの不完全なものになるんでしょうか。
だとしたらその時「人」との差は?
ますます樹なつみの名作「OZ」の世界ですね。自分が生きているうちにそんな世界が本当に近くなってしまうとは。
スポンサーサイト
comment (0) @ ショーレポ
方解石:充実クリぼっち | レポ:東京ミネラルショー池袋2016レポ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。