雑記:フィギュアスケートとか(YOIもね)

2016/12/11
いい天気なので石の写真を撮ろうと思いつつ、ネットでフィギュアのグランプリファイナルの結果見たので・・・。

しょーまくん、さとこちゃん、良かった良かった(。>ω<。)ノ
ポゴリラヤ(今大会ではパゴリラヤ表記ですか?)も表彰台ね。良かった良かった!
(彼女の昨シーズンだったかのぼろぼろになってしまった演技がとても印象的で、以来つい親目線になってしまう)

以下、選手の敬称略ですみません。

特に詳しいとか「スケヲタ」とは言えないですが、子供心にジャネット・リンの尻もちが強烈に焼き付いているフィギュアファン。
TV中継があればほとんど見てきました。
昔はペアやアイスダンスもちゃんと放送していたのに、最近のシングル偏重は残念です。
スポーツ中継ではなくコンサート中継みたいなノリですね。
せめてNHKくらいはもう少し競技として放送してもらいたい「フィギュアファン」は少なくないと思うのですが。
需要と供給はわかりますが、他の選手の映像を切ってまでスター選手のリピートをすることはないでしょう。
好きな人はみんな録画してるでしょうし、放送直前に演技の終わった選手(しかも日本)の録画すら流してくれないでひたすら同じ選手の、しかも昨シーズンの演技リピートはないでしょう?
インタビューにしても6分間練習にしても「お茶の間人気」だけに時間を割くのはさすがにひどいよねと「競技ファン」として嘆きたくなる昨今です。
そしてその「お茶の間人気」と「あおり」に当の本人がつぶされてしまうことだってあるのにね。
「連盟の推し」に左右されるという噂もありますが・・・たしかにジュニアでもちょっとその感じはありますけど。

物事には「好み」というものがあるので、これは善悪でも優劣でもないのでそこに角を立てていただきたくないのですが、
スター選手には当然それなりの理由があって人気なのでそこに文句は言いません。
けれど「スポーツ中継」なのだから全選手に最低限の敬意は払っていただきたい。そして競技のファン、今後の選手育成のためにもいろんな選手を広く知ってもらうことは大切ですよ。
「この選手のファンじゃないのはおかしい」「この選手の演技が絶対」のような持って行き方には違和感がぬぐえないです。
あ、その筆頭についてはあえて避けておくとして・・・。

メドベージェワやリプニツカヤは日本でも人気で技術も才能のあるのはわかるのですが、私個人的には「好き」な演技をする選手ではないんですよねぇ。実は浅田もそうです(いやもうこの名前度書くことすら怖いですよ、ほんと)
ポゴリラヤ、トゥクタミシェワの方がずっと「魅力的」に感じるのです。
アメリカのゴールドやワグナーもはまったときの演技は本当に「美と技」に感動します。
かつての欧米選手たちの「芸術点」アピールばかりが蔓延った時期はそれはそれで面白くない部分もありましたが、やっぱり調和あっての「魅力的演目」なんですよね。

・・・。自分で書いていてちょっと思う。私、細い選手が好きじゃないのかしら。宮原は細いけど好きですよ。
多分「エレガント」な方が好きなんだろうな。なのにスポーツとして見せてくれる「ギャップ萌え」的な。
プライベートではあれこれ言われていますが、逆境から開き直った後の安藤美姫は選手としては結構好きでしたよ。
でもやっぱり中野友加里とか鈴木明子とかが好みです。
男子選手もフェルナンデスとチャン、リッポン加えたエレガントマッチョトリオの威力はすごい。引退しちゃいましたが小塚、高橋も好きでした。意外に織田のスケーティングも好みだったっけ。もっと古くは・・・やめとこう。

と、こうして書いていてももっとたくさんいい選手はいるはずなのにあまりに露出が少なくて常連しか出てこない傾向がどうなのかと。
以前は大会は少なくてもたくさんの選手の中継があったと思いますよ。そもそも日本選手がほとんどいなかったしいても下位。
それでもちゃんと「規定」から中継してたこともありました。ネットなんてないころそれでももっとたくさんの選手をみていたような気がします。

そういえば、ネットの話題になっていた「リッポンの作画監督」ネタがあまりに言い得ていて笑いました。
昔の金髪クルクル姿→萩尾望都
最近の刈り上げにシースルー→荒木飛呂彦
素晴しいよ!これ。

同じツイッターの話題で、今はコーチをしているランビエールと「ヴィクトル」の一致写真とか、いやもうみなさんすごいですね;
で、YOIも観ているわけですけど、まぁネタだから苦笑しつつお笑いとしてスルーしている「そっち要素」はともかくも、もう少しこちらもスポーツしてほしかったなあ。ただ大会を追って濃いキャラ取り揃えだけで終わってしまうには惜しいと思いました。
OPと第一話は震えたよ。いつか来ると思ってたけど、やっと来たフィギュアアニメ!!!って、で、あのクオリティだから感涙でしたよ。以降はどうしてもちょっと苦しさがありますが仕方ないですね、作画大変ですからね。
そうですか、作者、町田ファンですか。でもユーリのメンタルはどっちかっていうと高橋だよねーとか思ってたら、バンケット踊りまくりも高橋がリアルでやってるとか!
いろいろごちそうさまのアニメです。

なんだかつらつらと長くなって済みません。そのうち整頓して削っておきます。
スポンサーサイト
comment (0) @ アニメ・漫画・サブカルとか
方解石:充実クリぼっち | レポ:東京ミネラルショー2016 2日目

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する