雑記:事前にお知らせ

2017/02/16
こんばんは。

今週末はクリスタルワークスさんの即売会です。
が。今回は残念ながら所用で不参加となりまして。

こんな辺境なのに、レポを読みに来てくださる方がいらっしゃるので、先にお知らせをあげておきます。




いじめにしてもあの電通の事件でも、外野では好きなように言います。
「なんで辞めなかった?親は何してたの?」
じゃ、事前に危険を察知して親が働きかけたらなんていうんです?
「いい歳になってまだ親が・・・モンペ・・・」
「すぐ文句言って辞める弱い連中」

関係ない人は何とでも言えますよね。
当事者でなければ知らん顔ですよね。
頭のおかしい人間から逃げることがなぜ弱いことになるんです?
いえ、弱いんですよ。だから逃げるしかないでしょう?
理不尽な状況、おかしな人間を変えようとしない環境ならそこから逃げて自分を守って悪いですか?
もう少し我慢って、何かあるまでそのままでいろと?
あってからでは遅いのですよ?
そうならないための予防ですよ?

代わりなんていくらでもいるでしょう?
でも自分自身も、大切に想う人も代わりなんていませんよ。
少なくとも社会的に適応能力を持った最低限常識とルールは守れる人間が、
おかしな人間のもとで我慢を強いられるなんて冗談ではない。


世の中には「すべき我慢」と「無駄な我慢」があるはずです。

わがままはよくないことです。が、理不尽は人の心を殺します。

「苦労は買ってでもしろ」
こんな言葉があります。私自身ずっとそういわれ、否定の言葉の中で育ってきました。
だから言います。
「無駄な苦労」の代償は卑屈に壊れた心だけです。



少々文章を修正しました。
拍手押してくださった方、ありがとうございます。
comment (0) @ 日記・雑記

雑記:年末年始あれこれ

2017/01/06
今更感半端ないですが、皆様、謹賀新年でございます。
お天気の良いお正月でした。
あっという間の休みが終わり仕事も始まってますが、明日からの三連休でちょっと一息。

石の写真は明日アップするとして新年のご挨拶がてら雑記です。


今年の初詣は「せっかくだから聖地巡礼だよね!」ってことで多摩川浅間神社までGO!

20170101 (1)

はい!あのアングルですね(*´ω`)
もう少し引いて撮ったほうが良かったけど人が入ってしまうので。
激戦の聖地、多摩川!向こうに見えるのは武蔵小杉の高層マンション群。
シン・ゴジラ第四形態・通称「鎌倉さん」はあそこ通って、この鉄橋で、ここに陣取った自衛隊と!!
そして攻撃に向きを変えて・・・

20170101 (2)

こちら方向から世田谷、目黒~都心へと進むのでした。

都内から富士山を見たなんて何年ぶり??写真はこんなですがとてもきれいに見えました。

20170101 (3)

ほらほら、この川をわっしゃわっしゃと尻尾ふりふり歩いて行ったですよ「鎌倉さん」
この広場はさすがに自衛隊が陣を取るほどの広さはなく、セット撮影との合成なんですね。
そのあたりが「アートオブシンゴジラ」で紹介されていて楽しかった。3月の円盤発売が待ち遠しくてしたかないです。

浅間神社参拝のあと上野の東照宮へ。以前TVで観てよさ気だったので行ってみたのですが、これがまた外国人観光客だらけで驚いた。
半分以上はそうじゃないのか?と思う密度でした。とても落ち着いていて良い感じ。人が少なかったらそれこそ都心に思えない感じです。
そこから歩いていけるからと湯島天神へ行きましたがものすごい列で断念。受験控えてるし仕方ないね。受験生優先です。
ならばと恒例の増上寺へ。あ、なんかここへ来ると正月という感じがしてきた。しかし暖かい。ダウンコート手にもって歩くくらい。
数年前もやたら暖かい正月だった気がする。去年は雪がチラつかなかったっけ??

願うのは穏やかな日々、世の中の平穏。それなくしてそれ以上の何も得られない。

1月からの冬アニメはイマイチ。オルフェンズの続きと銀魂と・・・なにかなぁ。
原作が出ないのでいつ続編が出来るかわからないけど、ドリフターズ2期待ってますから!!!


今年もなにとぞよろしくお願い申し上げます(´・ω・`)
comment (0) @ 日記・雑記

雑記:自己ベストを超えること。

2016/08/11
リオオリンピック楽しんでます。
前半に好きな競技が集中しているので、もうほんっと、会社なんて行っている場合じゃないのよ!といいたい。
(といいながら地元民としては「東京開催」はあまり嬉しくないです。すみません)



オリンピックが近くなるにつれ、いろいろなスポーツ選手の逸話番組も増えていました。
少し前に、過去の大きな話題となったスポーツのライバル関係のあれこれの真相みたいな番組を見ていましたが、
結局、選手本人ではなく、協会のお偉方の都合だとか、マスコミの無茶ぶりだとか、一般人の無責任な期待だとか、
そういったものでどれだけの人生狂わされてきたんだろうかと涙が出た。

が。
それ以上というくらい驚いたのは、その一流と言われる選手たちのメンタルの強さ。
むしろ同情なんて必要ないんだ、一般人の同情なんてそれもまた責め立てるのと同じくらい無責任なんだなと思い知った気がしました。
最近もどこかの芸能人だか、評論家だかが「金じゃなくてもいいじゃないか」「いや、そう思う方が失礼だ」というあれこれがあったような記事を見た気がする。
どちらも間違ってはいない。
みんな頂点を目指す。自分はできると思い込ませないとそこまで行けないというのも事実。
でもそれが果たせないことを責めるのも違う。
「メダルかどうか」より、一番なのは記録と気持ち両方の面で「自己ベストを超えたか?」って部分じゃないのかな。
自らを超えることが出来たのなら、その結果を上回る選手がいてもそれは仕方ないのだ。世界中から一流選手が集っているのだから。
気持ちは大切だけれど、時として何かを超える力にもなることはあるけれど、私個人的にはあまり根性論は好きじゃないです。
何の漫画の台詞だったかな?「気持ちの差だ」といった相手に
「そうは思わない。負けた方には気持ちがなかったってことじゃないはずだ」というのがあって、そうだよねと思った。
気持ちがあっても越えられないものもあって、それは当人の努力だけではないはず。
様々な条件が上手くガチっとあったものが結果、勝者となるんだ。
自己ベストを超えられなかったのならそれは悔いも残るだろう。でも過去の自分を超えたのなら、結果何番目だってそれは誇ってもいいじゃない?
「あと一歩」とか「残念」じゃなくて「よくやった!」って言っていいじゃない?

運動神経には縁のない私は、あんなに身体が自在に動かせることがうらやましくて仕方ない。

目指すのはあなたのベスト。過去の、今現在の自分を超えること。
頑張れ、全選手。美しいプライドを持って戦ってください。
comment (0) @ 日記・雑記

雑記:タイトルも浮かばず

2016/04/20
こんばんは。

今週は2~3まとめてアップするつもりでいたのですが・・・。
どうにも「好きなこと」「楽しいこと」に我を忘れるという気持ちにはやはりなれませんでした。

東北の時もそうだったのですが、なんとも中途半端な眠気と気怠さが抜けません。
無意識に目の前のことから意識を逃そうとしているんだろうか。
流れてくるニュースでは到底伝わりきれない、理解しがたい様々な現実、問題を思うと、
同情とか祈りとか励ましとか、そういうことよりも、じゃあどうしたらいいんだという猛烈な絶望感が襲います。


それでも陽は落ち、また昇り、けれど状況が良くなっていくとは言えない中で、
一体どうしたらいいんだろう。

多分、そんなことさえ考えられないでひたすら目の前の必要最低限の「なにか」を目指すしかない。
まさに開き直るしか己を保っていくことは難しいのかもしれない。

遠い地で、安全に暮らしている自分でさえも、日々些細な不安や不満で生きることに苦しさを思うのに、
その場にいたら自分は、いったい何をどうしていくんだろう。いけるんだろう。

この国にいる以上、震災はつきものなのだけれど、子供が生まれてからこの20年あまりの間にも
信じられない震災が現実として起きているのだ。

もう本当に、あとは東海、関東だけじゃないか。自分が子供のころから常に「いつ起きてもおかしくない」といわれてきた。
それが一番後回しで一番の被害をもたらす現実となって、自分が人生を終えるまでに起きる可能性が大きくなっていく。

その時、何ができるのか、しなければならないのか。
どう考えても自然の驚異の前には無意味なんだろう。

来たるべき時。
一日たてば一日近づく「その時」。
comment (0) @ 日記・雑記

日記:あの日のこの地

2016/03/13
東北に行ってきました。

ずっと以前から行きたかった場所ながらチャンスがなく、なのにいきなり思い立つように決めて行きました。
この日を狙ったわけではないのですが・・・五年の節目、同じ金曜日。
あの日、職場で体験した揺れの大きさ、時間の長さは今も鮮明に覚えています。東京でもあれだけ揺れたのですよね。

9:30一ノ関着。中尊寺を回ってから昼過ぎに仙台へ。
市内をめぐる前にホテルにチェックインし、その「時」を迎え、黙とうしました。
鐘の音が響く仙台の駅。道行く人も立ち止っているのが見えました。

各地に津波が押し寄せたであろう同じ時間頃の駅の風景。
綺麗な駅とその周辺では見た目すっかり日常が戻っています。
20160311仙台駅
この周辺は津波こそないもののその揺れは甚大だったでしょう。役所そばの公園では追悼の催しが行われていました。

2日目、早めに出発して松島へ。
瑞巌寺では参道が海水に浸かり、いまだ土壌の入れ替えなども行われていました。
海岸そばの飲食店の壁に記された海水の到達位置。
そして、有名なこの「仁王島」はてっぺんまで、流された漁の網やブイなどが絡まってしまった写真がありました。
大変な水位だったことがわかります。景勝地の小島もだいぶ被害を受けたとのことでした。
20160312松島 (1)

観光船内には当時の状況について書かれた掲示が。
船でも地震の大きな揺れがすぐにわかったこと、津波警報で観光客の誘導が大変だったこと。
地元住民だけでなく、観光客もまた多数巻き込まれていたんですよね。

瑞巌寺では本堂が改装中で拝観できず、その間、代わりに政宗の正妻「愛姫」のお墓を見ることが出来ました。
本堂は改装がもうすぐ終了すればいつでも見られますが、こちらは普段は見られないということでかえって良かったかもしれません。


午後、仙台市内の有名どころを回ります。
伊達政宗の菩提寺「瑞鳳殿」の梅の花。ポツリポツリと咲き始めのようです。
20160312瑞鳳殿の梅

ここでも被害写真が展示されていました。なんとも言葉にならない、揺れの破壊力。

仙台城跡地、政宗像を背に、その眼が見渡している風景です。
遥かには水平線。激しい揺れと押し寄せる波をずっと見つめていた像。
20160312仙台城から


あの大河ドラマ「独眼竜政宗」世代であり、「戦国BASARA」ファンであり、さらにハイキュー!もついている(笑)仙台という街。
もちろんそんな「聖地めぐり」的意味合い無しにしても何故か昔から訪れたかった地でした。
バスに乗っていると自然と浮かんでくるフレーズが「青葉城恋歌」ってあたりはもう昭和の極みですが。
東京でいえば丸の内・銀座・渋谷・新宿・池袋をキュッとまとめて整頓したような、なのにどこかゆったりとして清潔で優しさを感じる街。そんな印象でした。
もちろん、どんなところにも住んでみないとわからないあれこれはあるのでしょうが、東京以外だったらここに住みたい。
思っていた以上に好きになった街です。
仙台市体育館と、日向が谷地ちゃん引っ張って走った歩道見たかった!(おい)


「牛タン」ですが。
一応有名店「R」に行きましたけど、駅ビルの店舗だったからかもしれませんが料理も店自体も「こんなものなのかな」
普通の駅ナカの定食チェーン店のイメージ。調理人はあまりに国際色豊か(それが悪いわけではないですが、人件費のためとしか思えないような状況)私に来たものと娘のではタンの固さがだいぶ違う;有名なので当然行列。4~5人家族はバラバラの席に通されていました。狭い店内でせわしなく食べて退散。別の店舗だともっと落ちつけたんでしょうか。
2日目は旅行代理店でクーポンをもらったお店に。
こっちの方が、私たちとしては店の雰囲気、接客、味、値段、すべて良かったです。タンのお寿司、追加しておけばよかった!
牛タン屋というより、牛タン推しの居酒屋。食器も安っぽくなくてメニューもいろいろでした。クーポンなしでも高くはなかったです。むしろクーポンでこんなに安くてごめんなさい。
「べこ政宗」さん。非力ながら宣伝しておきます。

そして今回も思ったこと。
うん、東京の人の多さってやっぱり異常なんですね。
中尊寺では「・・・ここ、世界遺産だよね?人がいないんだけど・・・」
松島では「・・・日本三景だよね?今日土曜日だよね?近所の商店街より人がいないんだけど・・・」
市内のバスも終始スムーズで渋滞など全くなし。
一ノ関から仙台へ移動する新幹線は自由席券を買って乗りましたが半分も埋まってない(ミク色の新型車両に乗れました。自由席なのに快適なシートでした)仙台からの帰りの新幹線も空いてました。東海道から比べると乗車率はかなり低め?
でも逆に言えば行きやすいということで。ちょっと思い立って日帰りでもいけるんだな。
一人旅らしい(出張の人もいるのでしょうが)女性の姿もありました。

また仙台に行きたい。
というより、ああ、仙台に住んでみたい。
そんな風に思う週末でした。
comment (0) @ 日記・雑記