方解石:「誰も知らない」

2017/02/10
ルーマニアのカルサイトです。
最初見たときはヘマタイトの「アイアンローズ」かと思って手に取りました。
その色はブーランジェ鉱のインクルとのこと。

カルサイト_ルーマニア3

砂漠の薔薇っぽいですよね。
カルサイト_ルーマニア2

つやのある漆黒の薔薇。コサージュみたい。
カルサイト_ルーマニア1

Calcite 方解石(ほうかいせき)
Herja Mine Baia Mare,Romania


前回の水晶には拍手コメントでうれしいお言葉をいただき感激。
人は人、自分は自分といいつつも、自分の好きなものに同意を戴けたときは素直に嬉しい。
特に私はあまり多数派とは言えないみたいなので「観ていてくださる方はいるんだなぁ」としみじみ・・・
ありがとうございました。


このカルサイト。
どうしても頭に浮かぶはシンゴジラ。
遅れて購入したサントラを何度もリフレイン。
私はエヴァを真面目には観ていないので、例の「でんっでんっでんっっでんっドンドン♪」もゴジラの曲として楽しめてます。
映画の終曲や「在来線無人爆弾」で使われた昔の楽曲も心躍ります。
意外にもエンドロールの最後の曲がとても好きだったりします(暗くて派手な曲が好きなんですよ!)
とはいえ、やはり、秀逸なのは「Who will know」であることは多くの人が認めるでしょう。

曲の解釈としては普通に考えればあの大惨事で命を落としたたくさんの一般人の、決して物語の表には出ない悲劇。
その死の瞬間を誰に知られることもなく、その苦しみが浄化されることはないかもしれない。
「誰が知るだろうか」
ならばむしろ私は「誰も知らない」とこのタイトルを訳したい。

けれどあるブログでゴジラ視点の解釈が語られていて「人ならざるもの」に感情移入するものとして涙するしかなかった。
海の底で誰にも知られず平和に生きていたかったよねゴジラ。
こんなところに追い立てられて攻撃されて苦しくて・・・そんな風になりたくなかったよね。
そんなゴジラの心情など「誰が知るだろう」

誰も知らない

誰も知ることなく物語は終わったのだ。


「君の名は。」や「この世界の片隅に」とはベクトルの違う、「誰も知らない」悲しい物語。
そっちに惹かれてしまう哀れな人間です。

comment (0) @ カルサイト

水晶:水瓶の新月

2017/01/28
大好きなイタリアの水晶です。

アルプス水晶というと、スイス、フランス、イタリアとなりますが、なぜか好きなのはイタリア産まれが多いです。
偶然なのか、なにか違いがあるのか・・・??

くっきりしたエッジ、どこまでも透明、カテドラル風味。
水晶:イタリア (1)

透明ゆえに素人には綺麗に写せないのが悲しい。
水晶:イタリア (2)

高さ3㎝程度でも神々しささえ感じるの。
水晶:イタリア (3)

撮影して気が付きましたが、あらゆる面にレコードキーパーびしびしでした。
水晶:イタリア (4)

その中に濃く美しい緑の矢。
水晶:イタリア (5)

同じようなポイントは他にも持っているのに、さらに強く惹かれる理由は自分でもよく解りません。不思議。

Quartz 水晶(すいしょう)
Miage Glacier Veny Valley Monte Bianco Massif,Italy


今日は新月。旧暦のお正月的な水瓶座の新月。
よくないことは思い切ってぶち壊せ。再構築しよう!
そんな流れのはずだけれど、一歩間違えると怖い。性善説なんて信じていいのかとちょっと虚ろ。

♪いちなんさってまたいちなん  (初代プリキュアはとても面白かったなぁ)
なんとなく正月過ぎて平和に行くかと思えば、そうそう甘いもんじゃなくて、こんな気分の数週間で疲れました。
いや、過去形じゃなくて事は継続中だからな・・・。
だからこその水晶。そういう時はどうしても水晶を求めてしまう。
別になんのパワーじゃなくて、揺るがない聡明さとか、無色透明の存在感とかそういうものにすがりたくなる。

でもたまには「パワー」にもすがりたい。
断ち切ってください。悪いモノから。未来を見通せる安心をください。
comment (0) @ スイス・フランス・イタリア

蛍石:藍の洞窟

2017/01/07
イリノイのフローライトです。
肉眼だともう少し全体的に藍色っぽい印象。

フローライト_ミネルヴァ1

なかなか整った三角錐でどの面も綺麗。表面はマットなので透明感にはややかけるも上品な雰囲気で我が家では高品質。
フローライト_ミネルヴァ1 (2)

パープルの中に青のゾーニング。深い深い藍の洞窟の中に浸る。
フローライト_ミネルヴァ1 (3)

Fluorite 蛍石(ほたるいし)
Minerva No.1 Mine,Ozark-Mahoning Group,Cave-in-Rock Sub-District,Illinois-Kentucky Fluorspar District,
Hardin Co., Illinous,USA


池袋では結構イリノイのフローライト見ましたが、大きさ(4㎝のプレートに乗っています)と質を考えたらかなりお買い得価格だったと思います。
フローライトにこだわって収集しているつもりはないのですが、周囲に影響されやすいのでつい。
でもこだわる人が多いのは頷けます。ここまで色、形、大きさのバリエーションが豊富な石って類を見ないのでは?
柘榴族は色が豊富ですが大きな結晶はないですし、カルサイトは形状に関しては自由奔放過ぎますしね。
いろんな意味で鑑賞するのにバランスがいい石なんだなと。
クラウドさんにあった、まるで水晶のポイントのような形のフローライトも面白かったですね(干渉によって形成されたものでしたか?)

最近、娘がtwitterで石の写真をみながら「これ綺麗~」なんて言ってくるんですが、改めて人の好みとは面白いものだなと感じました。
娘の性格や好みからしてなぜそれ?と思うようなものに反応したりスルーしたり。
十人十色の審美眼で世界に一つとして同じものが無い石を選ぶ。
「出会い」とか「運命」とか、ほんと、まさにそんな感覚なんだなと思ったりしました。
comment (0) @ フローライト

雑記:年末年始あれこれ

2017/01/06
今更感半端ないですが、皆様、謹賀新年でございます。
お天気の良いお正月でした。
あっという間の休みが終わり仕事も始まってますが、明日からの三連休でちょっと一息。

石の写真は明日アップするとして新年のご挨拶がてら雑記です。

掃除を終えて大晦日は買い物に。年末の新宿は外国人観光客がたくさんです。
この時期に家族で来て、デパートで靴を見ているあたりハイソさんなんだろうなぁ。そんな感じの光景があちこち。
中国韓国系よりもむしろ欧米系が目立っていたかも。日本は本当に観光する国になったんですねぇ。
今年は築地に行かなかったので、お蕎麦やサラダなど買って帰宅。
早めにお風呂に入って結局やっぱり紅白を観たりする。
ええ、今年の紅白ね、えっと、うーん、微妙ではありましたがあんなにシンゴジが大きな扱いになるとは;
映画を観てない人には「なんなのいったい」って感じだっただろうな。でもあの配役を連れ出して新規映像とは贅沢。
しかしながら、ピコ太郎の「第九PPAP」と武田アナウンサーがすべて持って行って終わりました。
カウントダウンのジルベスターコンサートを観て、近所の氏神様に行くつもりがそのまま寝てしまった。

今年の初詣は「せっかくだから聖地巡礼だよね!」ってことで多摩川浅間神社までGO!

20170101 (1)

はい!あのアングルですね(*´ω`)
もう少し引いて撮ったほうが良かったけど人が入ってしまうので。
激戦の聖地、多摩川!向こうに見えるのは武蔵小杉の高層マンション群。
シン・ゴジラ第四形態・通称「鎌倉さん」はあそこ通って、この鉄橋で、ここに陣取った自衛隊と!!
そして攻撃に向きを変えて・・・

20170101 (2)

こちら方向から世田谷、目黒~都心へと進むのでした。

都内から富士山を見たなんて何年ぶり??写真はこんなですがとてもきれいに見えました。

20170101 (3)

ほらほら、この川をわっしゃわっしゃと尻尾ふりふり歩いて行ったですよ「鎌倉さん」
この広場はさすがに自衛隊が陣を取るほどの広さはなく、セット撮影との合成なんですね。
そのあたりが「アートオブシンゴジラ」で紹介されていて楽しかった。3月の円盤発売が待ち遠しくてしたかないです。

浅間神社参拝のあと上野の東照宮へ。以前TVで観てよさ気だったので行ってみたのですが、これがまた外国人観光客だらけで驚いた。
半分以上はそうじゃないのか?と思う密度でした。とても落ち着いていて良い感じ。人が少なかったらそれこそ都心に思えない感じです。
そこから歩いていけるからと湯島天神へ行きましたがものすごい列で断念。受験控えてるし仕方ないね。受験生優先です。
ならばと恒例の増上寺へ。あ、なんかここへ来ると正月という感じがしてきた。しかし暖かい。ダウンコート手にもって歩くくらい。
数年前もやたら暖かい正月だった気がする。去年は雪がチラつかなかったっけ??

願うのは穏やかな日々、世の中の平穏。それなくしてそれ以上の何も得られない。



2日3日は駅伝みてだらだら。そして休みは終わっていく。
今年は人員増やしてもらえないだろうか。この1年の仕事量、また続くどころか増えそうなイキオイで、出社拒否したいワタシ。
仕事自体が嫌なわけじゃない。けど。なんかもっとやり方あるよね?みんなが思うのに、トップが思わなければ何も変わらない零細企業の悲しさです。
あ、暗くなっちゃった;

1月からの冬アニメはイマイチ。オルフェンズの続きと銀魂と・・・なにかなぁ。
原作が出ないのでいつ続編が出来るかわからないけど、ドリフターズ2期待ってますから!!!


今年もなにとぞよろしくお願い申し上げます(´・ω・`)
comment (0) @ 日記・雑記

方解石:充実クリぼっち

2016/12/24
フローライトで有名なスペインの産地からカルサイトと水晶の共生。
池袋で購入したフローライトをアップしようと思ったのですが、せっかくクリスマスイブということでこんな形状のものにしました。

遠い遠い北国の雪と氷のツリー。
カルサイト・水晶_スペイン (1)

即売会で一目ぼれしつつ、その時はおいてきてしまい、その後のショーで連れ帰った記憶。
カルサイト・水晶_スペイン (2)

綺麗にまとまった美人さんです。
カルサイト・水晶_スペイン (3)

芯はテリテリの半透明カルサイト。
カルサイト・水晶_スペイン (4)

細かい水晶を纏っています。
カルサイト・水晶_スペイン (5)

Calcite & Quartz 方解石・水晶(ほうかいせき・すいしょう)
Jaimina Mine Asturias,Spain


最近よく聞く「クリぼっち」
そもそも、いつからクリスマスが誰かと一緒でないといけなくなったんだ?
もちろん、バブルの負の遺産ですけど。
今更「そもそもクリスマスとは」なんて言ってみても仕方ないことですからそれはいいとして、普通に三連休どう過ごすかと考えたら、それが誰かと一緒でないと呼び名をつけられてしまうというのもいかにも日本的。
少数派=変というレッテル貼りが好きな国民性もどうしたものかと。なのに飽きるのも早い。幼稚だよね;

連日お天気がいいし、曜日の並びで年末年始のお休みが短いので、当然プレ大掃除にはもってこいです。さて、また午前の続きをしないと。
娘は出掛けていないし(ただし同性とだけどね)とっても快適なクリぼっちの一日です(っていうと「強がり・ひがみ」ってレッテルになるらしい)

池袋前に軽いぎっくり腰になり、一度よくなったものの右足と腰がどうにもひどい。
結局椎間板ヘルニアとの診断で「重いモノ持たないようにね。中腰や前かがみもダメだよ」
そうだよね、でも重いモノ運ぶことは仕事上よくあるし、でも人に頼むの好きじゃないから困るなぁとぼんやり思いつつ、ふと思った。
「え。前かがみダメ・・・は?なにそれ、ミネショなんかダメってこと?再発したのあれが原因?」
ミネショいったら限りなく前かがみですよ?
膝を曲げてお尻突き出すようにして腰を丸くしないようにすることが大事だそうです。そういわれても(´・ω・`)
ショップのみなさん、テーブルもう少し高くしてくださると嬉しい・・・(´;ω;`)

家事でも前かがみはダメとか重いもの持つなといわれてもねぇ。ほとんどの動作がそれじゃないですか。
普段からきちんと鍛えていればよいのでしょうが、やれやれ。
とりあえず、これから昨日の続きでフローリングの目地やらレールの隅やら普段見逃しがちなところゴシゴシと汚れとりします。

で、早々にお風呂入って、フィギュア見ようっと。
男子三強は揺るぎそうにないけど、ハーフイケメンの日野くんも昨年の全日本からずいぶんうまくなったねと親目線(。>ω<。) ただ、この子、どうしても上半身が棒なんですよねー。スピードやジャンプはよくなったのだから次は表現力が課題なんでしょう。というかちょっとまだ自信持てないのかな。
今年はKGくんが頑張ってます。もっとイマドキ系の子ですぐ辞めちゃうかと思いましたが真面目なんだとか?体格もしっかりしてきたのでジャンプ決まると綺麗です。タイプとしては無良と似てしまうかな。そういえば山本草太くんは怪我でしたか?出てませんね。
ジュニアでは島田くんがちょっと気になりました。綺麗に滑る子だなぁと。スタイルも海外勢に見劣りしない。羽生っぽいといえばそうかも。
そしてしょーまくんは・・もうね、めろめろ(*´ω`) いいよいいよ、ドヤってもころんでも可愛いから許すよ。柴犬の子犬が野原で遊んでるイメージ(褒めてます)
さて、女子。さとこちゃんのほかはジュニア勢が結構来るんじゃないかという気も。
村上さんが今期はだいぶ苦しくて可哀想でした。うまく決まったように見えてほとんどが回転不足って萎えますよね。彼女はもっと元気で躍動する振付の方が似合う気がするのですが、、彼女に限りませんけど、どうしてシリアス系にこだわろうとするのか。
そのほうがどうしても審査員の受けがいいのですかね??
真央ちゃんの昨年の蝶々夫人も私はあまりいいと思わなかった。復活には一番彼女らしい曲と振りを選んでほしかった。笑顔のないプログラムで彼女の良さが半減して技術はあっても調子悪く見えてしまう。コスチュームもひどかったですしね;
私、若手では永井優香さん好き。今期はちょっと調子悪いみたいですが、まだ若いし、頑張れ。

あ、また石よりそのほかが長くてすみません;
comment (2) @ カルサイト